読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

峠バトルに買ってパーツを集めよう「はやめブラストギア」2巻を読みました

ママチャリにしか乗ったことがない人にはあんまり伝わらないと思うけれども、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車でサドルと言うと純粋に座る所のみのことを意味しまして、高さを調節したりするところはシートポストと言います。ママチャリでは…

ピタゴラスイッチみたいな連続性「CITY」という漫画を読みました

スラマッパギー!どうも、私だ。アニメ「日常」は見てたんだけど漫画の方は読んでなかったね。で、日常を書いている「あらゐけいいち」さんが書いている「CITY」と言う漫画を読みました。 相変わらずのあらゐさんのテイストが満載で面白かったです。何ていう…

魔王にも都合というものがあってだな「魔王の秘書」と言う漫画を読みました

とっても大好きドラえもんの名言のひとつに「どっちも自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ。」って言うのがあるわけですが、戦争に限らず人それぞれにおいてポジションと言うのがありますので、相容れない事はあると思います。 海外の事はよ…

かわいい動物の自転車物語「かわうその自転車屋さん」4巻を読みました

かわうその自転車屋さんの4巻がKindleに振ってきました。コミック版は1週間前に発売されていたので約1週間遅れになっているみたいですね。Kindleでもすぐに読みたいでやんすよ。 1巻から3巻までを読んだ時も思いましたが、やっぱズートピアみたいな世界観だ…

先生の放課後の日常・・・なのか?「おとなのほうかご」と言う漫画を読みました

放課後って言うとなにやら甘酸っぱかったり、汗の匂いで酸っぱかったり、色々な思い出が蘇ってきますよね。きますよね?きませんかね?私はきませんね。 それが大人の放課後ってなるわけですから、言わばアフターファイブ的な飲み会やら何やらで盛り上がるの…

これがRPGのリアルかも「竜と勇者と配達人」という漫画を読みました

ダンジョン内でのリアルなモンスター設定や行動を描いた漫画が「ダンジョン飯」なのかなとは思いますが、RPGの世界のリアル度で言うとこの「竜と勇者と配達人」なのかもしれませんね。 何がリアルなのかと言うと、実に関係者が多いこと。実際問題として4人パ…

魔法使いに憧れて「とんがり帽子のアトリエ」と言う漫画を読みました

魔法、呪文、特技、特殊能力、超能力、ハンドパワー、手力、SPECなどと言ったものは種類はあれど中身はどれも同じようなものですよね。ハンドパワーとか手力とかは手品だし、特技はRPG的なものなんですけれども。 潜在能力的な不思議な力や道具を使うことに…

ぜんぶ雪のせいだ「忘却のサチコ」9巻を読みました

たった一つの事を除いては完璧超人であられますところの佐々木サチコさんなわけでございますけれども、今回もさらに完璧超人ぶりに磨きがかかっていると言っていいでしょうね。そう、ただひとつのことを除いてね。 そんなサチコさんが今日はどんな難題に立向…

打ち切られちゃった「ガタガール」2巻を読みました

学園ドロドロ(物理)ハーレム漫画のガタガールなのですが、どうやら打ち切られてしまっていたようなんですよね。1巻を読んだ時はそれなりに面白いと思ったのでちょっと残念に思います。 打ち切り決定前日に干潟に取材に行っていた模様がYoutubeにも上がって…

でもでも言って失うものとは「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」4巻を読みました

個人的に相慣れないタイプの人間の最たるものとして、デモデモダッテな人が挙げられるのでございます。何を言ってもでもー、でもー、だってーと知らんがな!と思ってしまうのですよ。そのでもの後にくるのは前提条件なはずなので、後出ししないで最初から言…

シリアスとギャグの狭間のファンタジー「リュウグウノツカイ」2巻を読みました

4月7日は個人的にチェックしている漫画が4冊くらい出ていて大忙しです。その一つが昨日紹介した弱虫ペダルだったわけですが、他の2冊もそのうち紹介したいと思います。 このリュウグウノツカイの1巻を読んだ時は風の谷のナウシカの腐海の森っぽいところでの…

なんだかんだ熱い展開です「弱虫ペダル」50巻を読みました

そろそろダレて来たんじゃないですか?でおなじみの弱虫ペダルですが、アニメの方もあんまり集中して見れなくなっているのは、今までとは状況が変わって原作漫画を先に読んでいるからなのかも知れません。1期2期の時はAmazonプライムビデオで無料配信されて…

乗り鉄分たっぷり「ぱらのま」と言う漫画を読みました

鉄分多めな鉄道マニアの方というのは世の中に多いようですね。私はあんまりでしたが、子供の頃って言うのは鉄道が大好きな男の子は割りと多くて、プラレールやNゲージなどを大量保有しているご家庭も多いのではないかと思うわけです。 大人の鉄分多めな人達…

壁ドン出来ない体質「マヤさんの夜ふかし」2巻を読みました

1巻を読んだ時にそんなにオススメしませんと言っておきながらきちんと(?)2巻も買って読んでしまう私は惰性人生まっしぐらなわけあります。一度初めたことがなかなかやめられない性分なのです。 2巻を読んでみてもオススメです!みたいに気持ちは変わって…

シティーガールだと思った?「のーどうでいず」という漫画を読みました

残念!魚とり大好きガールでした。 「恋ヶ窪ワークス」のせきはんさんの作品で「のーどうでいず」という漫画を読みました。 私は東京のベッドタウン的な所で生まれ育ったし、両親もその周辺で生まれ育っているのでいわゆる、田舎というものを知りません。ラ…

聖地巡礼をしよう「ろんぐらいだぁす! ツーリングガイド」4巻を読みました

制作の遅れとか色々あったけれどもテレビアニメも放映されて認知度の高くなったろんぐらいだぁす!ですけれども、作中で登場している場所、コース、イベントなどは実在するものがモデルになっています。実際に登場キャラが走ったコースをより詳しく紹介して…

よく勘違いさせます「桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?」2巻を読みました

「桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?」のコミック2巻が発売されていたのですが、Kindle版が同時発売ではなかったらしくしばらく待ってたら登場したので読みました。はやめブラストギアもコミック2巻は出ているのですが、Kindle発売待ちなのでございます。 …

バイクにまつわるファンタジー「恋ヶ窪ワークス」という漫画を読みました

最近は自転車を趣味にするようになったので自転車関連の漫画とかをよく読むようになってる私です。現在テレビ放映中のアニメの「弱虫ペダル」をキッカケに自転車に乗るようになった人も多いのではないかと思うのですが、弱虫ペダルだと競技的になるのでもっ…

腐れ縁って良いよね「町田ほろ酔いめし浪漫 人生の味」という漫画を読みました

生粋のコミュ障であるところの私です。こんにちは。 生粋のコミュ障ではあるものの、お酒を飲むと楽しくなって人とお話出来るのが私の良いところであり、お酒を飲まないとお話にならないのが私の悪いところであります。なのでお酒が好き、ほろ酔い大好き。 …

ハッピーエンドだった「逃げるは恥だが役に立つ」9巻を読みました

いい最終回だった。の、かな?色々な登場自分物がそれぞれ幸せになる感じというものはLove Actuality的なストーリーみたいな感じでもありつつ、またそれとは別な感じでもあるようでもありますね。 ダイバーシティとかどこのお台場だよとか思うわけですが、多…

干潟でドロドロ学園ハーレム「ガタガール」という漫画を読みました

干潟の生物と言えば諫早湾のムツゴロウな気がするのですが、千葉県出身ですと東京湾で潮干狩りとかいいと思います。まぁ、海水浴に行って貝類を採取することはありましたが、潮干狩りメインで海に行った記憶はございません。 このガタガールはそんな干潟やそ…

山コンで常陸牛「山と食欲と私」4巻を読みました

勝手に2016年に読んだグルメ漫画まとめを作ってランキング形式で紹介したのですが、その中で栄えある1位となった(したんだが)のがこの山と食欲と私でした。山登りというアウトドアな事や、料理と言ったこのブログの自転車以外の趣味が満喫出来る内容となっ…

腐海の森っぽいところのファンタジー「リュウグウノツカイ」という漫画を読みました

昨日は空挺ドラゴンズを読みましたと書いた訳ですが、いつものようにAmazonさんを彷徨う旅をしていたところ、リュウグウノツカイという漫画を見つけたわけですね。ちょっと気になったので読んでみることにしました。 リュウグウノツカイってのはこんな魚なん…

ジブリ的世界観で龍を狩って食べる「空挺ドラゴンズ」という漫画を読みました

パッと見は風の谷のナウシカの様な衣装、一度飛行船が飛び立てば天空の城ラピュタの様な船内、風の谷のナウシカのユパ様の様に船に乗り移り殲滅し、そして何をやっているかを言えば白鯨のように、龍(ドラゴン)を倒し、最後にダンジョン飯の様に倒したドラ…

男女差別に負けない「アルテ」という漫画を読みました

男女雇用機会均等法が出来たのが1985年、男女共同参画社会基本法が出来たのが1999年ですからね。法律が出来たからと言ってすぐに全てが変わって万事うまくいくと言う訳にはならないのが世の常だと思います。徐々に時間をかけて変えていかなくてはならないも…

ドラマ化も好調だった「逃げるは恥だが役に立つ」という漫画を読みました

深夜ドラマとかは家でまったり出来る時間帯なので見たりもするのですが、ゴールデンタイムや22時位の時間帯だとまだ家に帰ってなかったり、食事やその他で忙しかったりするので観れたり観れなかったり、録画するのも面倒だったりするので最初から諦めて見な…

ドラマ化に期待「ゼイチョー!~納税課第三収納係~」と言う漫画を読みました

お金にまつわる色々と言いますか、むしろ、お金に困って人間的にも問題ある人達の行動パターンと言いますか、そう言ったものはだいたいナニワ金融道で学びました。とは言うものの、ナニワ金融道に出てくるお話なんかは、自分にとっては遠い世界の話なんだろ…

AACRはみんなの憧れ?「南鎌倉高校女子自転車部」9巻を読みました

日本の自転車趣味界隈にて有名なイベントの一つにAACRこと「アルプスあづみのセンチュリーライド」と言うものがあるのです。つい先日テレビアニメの最終回を迎えた「ろんぐらいだぁす!」でも亜美ちゃんたちがAACRが元ネタとなっているロングライドイベント…

飯要素は減りつつあるけど面白い「ダンジョン飯」4巻を読みました

金欠のパーティーがダンジョンに住むモンスターなどを倒して食べながらドラゴンに喰われてしまった妹を助けに行く物語で面白いと家族の中で話題のダンジョン飯の4巻が本日2月15日に発売されましたので、Kindleでポチって読みました。 ダンジョンの奥へと進む…

箱根縦走も魅力的「ヤマノススメ」13巻を読みました

日本は色々なプレートの上に位置しているため地震も多いですし火山列島とも言われております。また、熱帯ではないものの温帯気候で水害なども多くて大変なわけですね。そんな日本に住んでいれば一生のうちで何かしらの被害にも合わないのはある種の幸運でも…

「ゆるキャン△」3巻を読みました

本日2月10日に「ゆるキャン△」の3巻が発売されました。アウトドアな事が好きになってヤマノススメとかも読んでいたのですが、やっぱ山登りよりかはキャンプの方が好きかなと思います。山登りだとちょっとガチになっちゃうけど、キャンプならゆるくお酒飲みな…

待宮の声で脳内再生されます「弱虫ペダル」49巻を読みました

みんな大好き弱虫ペダルですが、今日2月8日に49巻が発売されたのでKindle本をポチって読みました。前回の48巻が発売されたのが先月の1月6日でして、ペース早くね?と思うわけですが、反比例するようにレースの展開は遅くなるのであります。 インターハイ2日…

「ろんぐらいだぁす! アンソロジーコミック」を読みました

「ろんぐらいだぁす! アンソロジーコミック」というのを読みました。ろんぐらいだぁす!本編とは関係なく、18人の漫画家さんがサイドストーリー的に書かれた短編集みたいなものです。別に言い方をすれば二次制作みたいなものだと思います。 ろんぐらいだぁ…

「喰う寝るふたり 住むふたり」という漫画を読みました

育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めない。別々の環境で育ってきた男女が結婚なり同棲なりで一緒に生活をするのですから良いことばかりではないですよね。男女でなくても、別人格の2人が共同生活をするのですから、相手が考えていることなんて完全に分か…

宇宙人と旅をする「つーつーうらうら☆ダイアリーズ」という漫画を読みました

自転車を趣味にしている人の中には自転車で日本一周の旅をしたことがあったり憧れたりという人も少なくないのではないかと思うのですが、私は日本一周全てを自転車を使って一周できるほど若くはないと思っているので、数回かに分けたりハイエースのような車…

これぞ坂バカ「シャカリキ!」という漫画を読みました

坂が多い街に住んでいると自然と自転車で坂を登ることが普通になるかと思いきや、自転車に乗ることを諦めて乗らなくなると言うことのほうが多いのですね。確かにそうなのかも知れません、「南鎌倉女子自転車部」の主人公ヒロミも坂の街である長崎に住んでい…

大切なものはそっと掴みます「弱虫ペダル」48巻を読みました

最も人気があるであろう自転車漫画「弱虫ペダル」の48巻が1月6日に発売されたのでKindleでポチって読んでみました。ネタバレあり。 長い、長いよインターハイ二日目のクライマックス。47巻の時点でかなりクライマックス感があったわけですが、48巻まるまる1…

2016年に読んだ自転車漫画のまとめ

自転車を趣味にしていると自転車を題材にした漫画やらアニメやらが気になりだして読んでしまうのですよね。2016年は結構多くの自転車漫画を読んでみました。まだ読んでない作品もあるのですが、個人的ランキングの形式でまとめて紹介しようと思います。 1位 …

2016年に読んだグルメ漫画のまとめ

2016年はKindle効果もあったし、ブログに書くネタを捻出するために色々と漫画を読んだ1年でした。そんなこんなでこの1年間で読んだグルメ・料理系漫画を個人的オススメ度ランキング形式で紹介してみたいと思います。 1位 山と食欲と私 2位 ダンジョン飯 3位 …

人間模様と街ぶら漫画「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」を読みました

昨年は勇者ヨシヒコのシーズン3がやっていて毎週テレビ東京を見ていたのですが、その勇者ヨシヒコの後にやっていたテレビドラマがこの「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」でした。はじめはあんまり集中して観ていなかったのですが、だんだんと引き込まれて最…

「山賊ダイアリー」という漫画を読みました

ニコニコ動画でサバイバルとか狩猟関係の動画をアップしているカメ五郎さんが好きな私です。カメ五郎さんは神奈川県の丹沢あたりの山に篭って罠猟をしたりしているのですが、捕獲した動物にトドメを刺さなければいけない状況というのは心に来るものがありま…

スズメの日常「きょうのスー」という漫画を読みました

スーさんと言えば釣りバカ日誌なわけですけれども、釣りはあんまり関係ありません。関係あるのは鳥ですね。鳥たちの日常の世界観を4コマ漫画にしたのがきょうのスーと言うわけです。 普通、マンガの主人公と言うのは変わらないと思うのですが、きょうのスー…

和菓子屋の息子「であいもん」という漫画を読みました

和菓子屋の娘二ノ宮 ショートカットで黒目がち ごめんまたあだち充ネタ 小学館ラフ参照。二宮のうたと言うのがsakusakuにありましてね、当時大好きでよく見ていたのですが、黒幕さんも居なくなってしまったし興味を失っていたのですが、来年3月いっぱいで番…

女子高生3人組が肉を食べまくる「にく充!」という漫画を読みました

いつの頃からかお肉に特段の魅力を感じなくなりました。とは言うものの、嫌いなわけじゃありません。脂の乗りに乗った霜降りのお肉があんまり得意ではありません。肉で一番好きなのは鶏肉ですし、鶏皮やホルモン系はあぶらみたっぷり過ぎて得意ではないです…

弱虫ペダルが大好きで自転車に乗るとこうなる「亀が無理してロードバイク乗ってみた」を読みました

日本の自転車業界と言うのは「弱虫ペダル」によって劇的に変化したのではないかなとは思うのですが、特に昔の自転車業界がどういう雰囲気だったのかは身をもって体験しているだけではないので正直良くわかりません。ただ、色々なネット上の記事を読んでいて…

つくってくらそ「つくろぐ。」という漫画を読みました

大人になってからと言いますか、インターネットの世界に足を踏み入れたからと言いますか、しばらくインドア派で引きこもっていた私です。それでも最近は家庭菜園だとかキャンプだとか自転車だとかを趣味にするようになって随分とアウトドア派になったものだ…

忘却と言うより取り戻す行為だ「忘却のサチコ」という漫画を読みました

食べ物系の漫画は数あるのですが、作って食べる料理系の漫画と食べる専門のグルメ系の漫画とに大別できるのではないかと思います。料理系の漫画は再現料理をしたりする2次的な楽しみがありますし、グルメ系の漫画では「孤独のグルメ」のように実店舗などがあ…

薫香芳しい漫画「いぶり暮らし」を読みました

暖かい時期にキャンプに行くと炭火でお肉や釣った魚を焼いたりしますが、予め準備していた食材を燻製器に入れて燻製を作るのも良いと思うんですよ。ちょっと時間はかかりますが、お酒を飲みながら自然を満喫するのに最適ですね。だいたいソーセージや6Pチー…

弱虫ペダル27.5公式ファンブックを読みました

来年1月からTVアニメ 弱虫ペダルの新シリーズである「弱虫ペダル NEW GENERATION」が始まりますね。 yowapeda.com TVアニメ版の弱虫ペダルは第1期、第2期でようやっとインターハイが終わったところでありまして、劇場版を含めて公開されたところだと当時3年…

戦前戦中期の日常系「この世界の片隅に」の原作漫画を読みました

先月観に行った「この世界の片隅に」と言う映画がとても面白かったのです。原作が漫画であると言うことで、原作漫画を読みたいな~と思いましてですね、実際読んでみたわけでございます。 失われつつある記憶の中で比べてみると、結構映画の方は原作漫画に忠…