二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

漫画関連の記事一覧

待宮の声で脳内再生されます「弱虫ペダル」49巻を読みました

みんな大好き弱虫ペダルですが、今日2月8日に49巻が発売されたのでKindle本をポチって読みました。前回の48巻が発売されたのが先月の1月6日でして、ペース早くね?と思うわけですが、反比例するようにレースの展開は遅くなるのであります。 インターハイ2日…

「ろんぐらいだぁす! アンソロジーコミック」を読みました

「ろんぐらいだぁす! アンソロジーコミック」というのを読みました。ろんぐらいだぁす!本編とは関係なく、18人の漫画家さんがサイドストーリー的に書かれた短編集みたいなものです。別に言い方をすれば二次制作みたいなものだと思います。 ろんぐらいだぁ…

「喰う寝るふたり 住むふたり」という漫画を読みました

育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めない。別々の環境で育ってきた男女が結婚なり同棲なりで一緒に生活をするのですから良いことばかりではないですよね。男女でなくても、別人格の2人が共同生活をするのですから、相手が考えていることなんて完全に分か…

宇宙人と旅をする「つーつーうらうら☆ダイアリーズ」という漫画を読みました

自転車を趣味にしている人の中には自転車で日本一周の旅をしたことがあったり憧れたりという人も少なくないのではないかと思うのですが、私は日本一周全てを自転車を使って一周できるほど若くはないと思っているので、数回かに分けたりハイエースのような車…

これぞ坂バカ「シャカリキ!」という漫画を読みました

坂が多い街に住んでいると自然と自転車で坂を登ることが普通になるかと思いきや、自転車に乗ることを諦めて乗らなくなると言うことのほうが多いのですね。確かにそうなのかも知れません、「南鎌倉女子自転車部」の主人公ヒロミも坂の街である長崎に住んでい…

大切なものはそっと掴みます「弱虫ペダル」48巻を読みました

最も人気があるであろう自転車漫画「弱虫ペダル」の48巻が1月6日に発売されたのでKindleでポチって読んでみました。ネタバレあり。 長い、長いよインターハイ二日目のクライマックス。47巻の時点でかなりクライマックス感があったわけですが、48巻まるまる1…

2016年に読んだ自転車漫画のまとめ

自転車を趣味にしていると自転車を題材にした漫画やらアニメやらが気になりだして読んでしまうのですよね。2016年は結構多くの自転車漫画を読んでみました。まだ読んでない作品もあるのですが、個人的ランキングの形式でまとめて紹介しようと思います。 1位 …

2016年に読んだグルメ漫画のまとめ

2016年はKindle効果もあったし、ブログに書くネタを捻出するために色々と漫画を読んだ1年でした。そんなこんなでこの1年間で読んだグルメ・料理系漫画を個人的オススメ度ランキング形式で紹介してみたいと思います。 1位 山と食欲と私 2位 ダンジョン飯 3位 …

人間模様と街ぶら漫画「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」を読みました

昨年は勇者ヨシヒコのシーズン3がやっていて毎週テレビ東京を見ていたのですが、その勇者ヨシヒコの後にやっていたテレビドラマがこの「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」でした。はじめはあんまり集中して観ていなかったのですが、だんだんと引き込まれて最…

「山賊ダイアリー」という漫画を読みました

ニコニコ動画でサバイバルとか狩猟関係の動画をアップしているカメ五郎さんが好きな私です。カメ五郎さんは神奈川県の丹沢あたりの山に篭って罠猟をしたりしているのですが、捕獲した動物にトドメを刺さなければいけない状況というのは心に来るものがありま…

スズメの日常「きょうのスー」という漫画を読みました

スーさんと言えば釣りバカ日誌なわけですけれども、釣りはあんまり関係ありません。関係あるのは鳥ですね。鳥たちの日常の世界観を4コマ漫画にしたのがきょうのスーと言うわけです。 普通、マンガの主人公と言うのは変わらないと思うのですが、きょうのスー…

和菓子屋の息子「であいもん」という漫画を読みました

和菓子屋の娘二ノ宮 ショートカットで黒目がち ごめんまたあだち充ネタ 小学館ラフ参照。二宮のうたと言うのがsakusakuにありましてね、当時大好きでよく見ていたのですが、黒幕さんも居なくなってしまったし興味を失っていたのですが、来年3月いっぱいで番…

女子高生3人組が肉を食べまくる「にく充!」という漫画を読みました

いつの頃からかお肉に特段の魅力を感じなくなりました。とは言うものの、嫌いなわけじゃありません。脂の乗りに乗った霜降りのお肉があんまり得意ではありません。肉で一番好きなのは鶏肉ですし、鶏皮やホルモン系はあぶらみたっぷり過ぎて得意ではないです…

弱虫ペダルが大好きで自転車に乗るとこうなる「亀が無理してロードバイク乗ってみた」を読みました

日本の自転車業界と言うのは「弱虫ペダル」によって劇的に変化したのではないかなとは思うのですが、特に昔の自転車業界がどういう雰囲気だったのかは身をもって体験しているだけではないので正直良くわかりません。ただ、色々なネット上の記事を読んでいて…

つくってくらそ「つくろぐ。」という漫画を読みました

大人になってからと言いますか、インターネットの世界に足を踏み入れたからと言いますか、しばらくインドア派で引きこもっていた私です。それでも最近は家庭菜園だとかキャンプだとか自転車だとかを趣味にするようになって随分とアウトドア派になったものだ…

忘却と言うより取り戻す行為だ「忘却のサチコ」という漫画を読みました

食べ物系の漫画は数あるのですが、作って食べる料理系の漫画と食べる専門のグルメ系の漫画とに大別できるのではないかと思います。料理系の漫画は再現料理をしたりする2次的な楽しみがありますし、グルメ系の漫画では「孤独のグルメ」のように実店舗などがあ…

薫香芳しい漫画「いぶり暮らし」を読みました

暖かい時期にキャンプに行くと炭火でお肉や釣った魚を焼いたりしますが、予め準備していた食材を燻製器に入れて燻製を作るのも良いと思うんですよ。ちょっと時間はかかりますが、お酒を飲みながら自然を満喫するのに最適ですね。だいたいソーセージや6Pチー…

弱虫ペダル27.5公式ファンブックを読みました

来年1月からTVアニメ 弱虫ペダルの新シリーズである「弱虫ペダル NEW GENERATION」が始まりますね。 yowapeda.com TVアニメ版の弱虫ペダルは第1期、第2期でようやっとインターハイが終わったところでありまして、劇場版を含めて公開されたところだと当時3年…

戦前戦中期の日常系「この世界の片隅に」の原作漫画を読みました

先月観に行った「この世界の片隅に」と言う映画がとても面白かったのです。原作が漫画であると言うことで、原作漫画を読みたいな~と思いましてですね、実際読んでみたわけでございます。 失われつつある記憶の中で比べてみると、結構映画の方は原作漫画に忠…

この世界にはクズしかいない「ダンジョンのほとりの宿屋の親父」を読みました

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」とか「ダンジョン飯」がヒットしたからなのかわかりませんが、ダンジョンの中での物語の漫画もグルメ漫画のようにニョキニョキ増殖中のような気がしています。まぁ、電子書籍の普及で漫画の出版コス…

メイド修行の留学生の日常系4コマ漫画「まほろばきっさ」を読みました

メイド喫茶には行ったことないのですが、メイド喫茶的なサービスを受けたらこっちが恥ずかしくて直視できないと思うのです。萌え萌えキュン。 現在の日本においては格差社会などと言われいますが、かつては一億総中流と言われていた時代もありまして、実際の…

裏表があるのは当然だ「サッカーの憂鬱 ~裏方イレブン~」を読みました

サッカーに限ったことではないですが、プロスポーツ、いや、スポーツ全般においては多くの関係者が居てこそ成り立つのですよね。サッカーにおいての主役はもちろん選手・プレイヤーなのですが、関係者・裏方も当然のように存在していて、日々それぞれに仕事…

落ち込んだりもしたけれど私は元気です「マヤさんの夜ふかし」を読みました

賛否は色々とあるかと思いますが、月曜から夜ふかしが大好きで観てます。千葉県出身としては埼玉県との東京神奈川の次の3番手争いでは負けたくないので、こう言った煽りを楽しんでいるのです。否の部分としてはディレクターが無礼過ぎたりとか、素人を弄りす…

ジワジワと旨味が染み出す「肉女のススメ」2巻を読みました

振られたことをキッカケに何かすると言うことは結構あると思います。私の場合は引き篭もりますけれどもね。食べ物漫画の世界ではまだ読んでなくていつか読みたいと思っている「忘却のサチコ」ですね。食べ物と山登り漫画では「高尾の天狗と脱・ハイヒール」…

メスティンでオイルサーディン丼を作ってみました

メスティンを買ったのはこのためだ!と言っても過言ではない、いや過言だ。前回は練習用に炊き込み御飯を作ってみましたが、漫画「山と食欲と私」を読んで以来、いつかは作りたいなと思っていたオイルサーディン丼ですが、実際に再現して作ってみました。 sr…

書く分以上に食べる「食べ物漫画の舞台裏」を読みました

いつの頃からかグルメ・料理に関する漫画やアニメなどが増えてきているように思います。たぶん、漫画が原作のテレビドラマ「孤独のグルメ」が大ヒットしたからなのかなと思わなくもないですが、昔から「美味しんぼ」を始めとして、「ミスター味っ子」「クッ…

お金にシビアなサッカー漫画「マネーフットボール」を読みました

この時期はサッカーファン、Jリーグファンはとてもヤキモキする時期なのではないでしょうかね。チャンピョンシップも、プレーオフも、入れ替え戦も全て終わり、残すところはリーグとは異なる天皇杯のみと言うことになります。オフシーズンは来シーズンに向け…

峠でバトルする「はやめブラストギア」1巻を読みました

峠でバトルする漫画といえば、か、頭文字Dなわけです。頭文字Dは読んだこと無いので具体的にどんなバトルなのかわからないですが、私も登ったことがある正丸峠も舞台になっているらしいですね。まぁ、頭文字Dは自動車なんですけど。 「はやめブラストギア」…

自転車で行ける最高地点を目指す「ろんぐらいだぁす!」8巻を読みました

サッカーJリーグもレギュラーシーズンは終了して、チャンピョンシップ、プレーオフ、入れ替え戦を残すのみとなりまして、来シーズンどこと戦うのかと言うのも決まりかけてきていますね。そんなサッカーと自転車が趣味な人にとっては、サッカー観戦ついでにロ…

フロント目線のサッカー漫画「オーレ!」を読みました

ジェフ千葉や今年の名古屋グランパスなどを見ていると、フロントがキチンとしているかしていないかは大事であると、心底思うわけです。これは何も日本に限ったことではなくて、ミランやインテルが監督交代を繰り返してグズグズになっていく姿を見ていると海…

長崎の坂で鍛えました「南鎌倉高校女子自転車部」を読みました

V・ファーレン長崎の監督の高木琢也氏はジェフ千葉との対戦時に必ずと言っていいほどの確率でコートチェンジをしてきます。きっと性格が悪いです。 南鎌倉高校女子自転車部は、長崎生まれ長崎育ちの舞春ひろみが神奈川県の鎌倉市に引っ越してきて南鎌倉高校…

繁殖に興味があります「酪農みるく!」を読みました

母親の実家が酪農家だったので搾りたての無調整牛乳とかを飲んだり、お産後の濃厚ミルクで作った豆腐を食べたりしてました。当時は臭いとしか思わなかったけれども、今となってはいい経験だったのだなと思います。 酪農みるく!という漫画は、5歳で牛の出産…

ベランダー「三畳ガーデニング」を読みました

生まれたときから実家には庭があって家庭菜園をやっていたわけで、今、家庭菜園を趣味としてやっているのは必然かもしれないが、同じところで生まれ育った兄弟は別にそうでもないことを考えると必然ではない何かがあるのだと思う。だた、育ってきた環境が違…

俺がガンダムだ!「ガンダムを創った男たち。」を読みました

Amazonプライム・ビデオにてガンダムシリーズが見放題となっていた事もあって、ファーストガンダムがの一連のシリーズおよびその劇場版などを見るにあたってWikipediaなどを参考にしてたりしたわけです。Wikipediaを見ているとどうしても時間を忘れて色々な…

葉っぱでおしりを拭く生活「とりあえず、畑で暮らしてみる。」を読みました

あんまりブログには書いていませんが、家庭菜園が趣味です。自分ではやらないけど農業にも興味あります。半農半Xと言って農業半分その他半分という暮らし方もあるそうですね。私の場合半農半趣味が理想です。つまり野菜を作るニートですかね。 お金のない自…

中村哲也作品集「バニー坂」を読みました

バニー坂を読みました。ロードバイクに乗ったバニーガールが表紙だったし、坂だからヒルクライムでもする話なのかなと思ってKindleでポチってみたんですよ。あんまり自転車関係なかったね。イェイ。 なので、バニーボーイの話でもしようと思うよ。バニーボー…

涸沢名物おでんを食べる「山と食欲と私 3巻」を読みました

マハリークマハーリタジャンバラヤンヤンヤン。 君が次に叩く1回で壁は打ち破れるかもしれないんだ!とはテニスプレーヤーでありながら日本の天気を意のままに操る男である松岡修造氏の言葉だそうです。確かにそうかもしれないし、そうでないかもしれません…

頼まれると速くなります「弱虫ペダル 47巻」を読みました

今、世間的に自転車漫画の中では最も人気があるであろう作品の弱虫ペダルの47巻が発売されていたので、Kindleでポチっとして読んでみました。ネタバレあり。 弱虫ペダル 47 (少年チャンピオン・コミックス) 作者: 渡辺航 出版社/メーカー: 秋田書店 発売日: …

当たって砕けるタイプ「キツい取材に逝ってきました」という漫画を読みました

私はフリーランスではありますが、ライターではありません。ただのプログラマーです。WEB関係のライターで言うと、よっぴーさんとかが有名で、いつも楽しく読んでいるんですが、いつも感心させられますね。全国の自治体とかに取材に行ってて羨ましいなと思い…

身体ひとつで壁を制する女子高生「のぼる小寺さん」という漫画を読みました

特別誰かと仲良かったりつるんだりするわけでは無いのだけれども、別に人間が苦手でコミュ障というわけではなく、誰とでも不快感なく接している美少女が居たらどうだろうか?なんとまぁ、コミュ障童貞が好きそうだと思わんかね?かくいう私も大好物でしてね…

三姉妹による自転車冒険活劇「びわっこ自転車旅行記」という漫画を読みました

私にとって三姉妹と言えば、恩田三姉妹、つまるところの「やっぱり猫が好き」なわけです。かやの、レイコ、きみえなわけです。 子供、ほしいねも好きです。ハマグリのぺぺちゃんの会が一番好きかな。全部記憶しているわけではないですけれども。あとは、お金…

ゲテモノ食いのくたびれ儲け「桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?」という漫画を読みました

桐谷さんと言えば誰を思い出すでしょうか?月曜から夜ふかし好きや投資家の方であれば、株主優待を使い切るために自転車で爆走するもと棋士の桐谷さんでしょうか?ジェフ千葉サポーターの方であればモデルの桐谷美玲さんでしょうか?ゲテモノ食いの間では桐…

買って4ヶ月でロングライド「いきなりロングライド」と言う漫画を読みました

著者のアザミユウコさんが、佐渡ヶ島1周のロングライドイベントである、佐渡ロングライドに参加した時のお話をエッセイ漫画にしたのがこの「いきなりロングライド」です。何が「いきなり」なのかと言うと、4ヶ月後のイベントに自転車を買う前にエントリして…

我慢、我慢や石垣光太郎「弱虫ペダル SPARE BIKE 3」を読みました

今、最も有名で人気のある自転車漫画と言えば弱虫ペダルだと思います。弱虫ペダルを見てロードバイクを買った人とも多いのでは無いでしょうか?魅力の一つはそれぞれのキャラクターの個性が光る点だと思います。ライバル関係や挫折、屈辱、人間形成に至った…

フラレてヤケになって高尾山に登る「高尾の天狗と脱・ハイヒール」と言う漫画を読みました

高尾山は世界一登山者数が多いらしいですね。まぁ、人口世界一の都市である東京の近郊にあって、気軽なレジャー気分で登れる山なので当然といえば当然なのかもしれません。1回だけ紅葉の季節に登った事があるのですが、そりゃもう、人人人でした。手に書いて…

単独登山女子が山で飯を食う「山と食欲と私」と言う漫画を読みました

山ガールと言う言葉があって、Wikipediaによると、 山ガール(やまガール)とは、かつての登山用品とは異なるファッショナブルなアウトドア用衣料を身に着けて山に登る若い女性のこと。 山ガール - Wikipedia と言うことらしいです。が、今となっては単に登…

自転車好きのエッセイ漫画「くるくる自転車ライフ」と言う漫画を読みました

台風ばかりで憂鬱の台風10号 手を繋いでケンケンパですね。低気圧で体調が悪くなることはないですが、自転車に乗れないのでフラストレーションは溜まっていきます。 先日紹介した、ズートピアみたいな世界観の自転車漫画の「かわうその自転車屋さん」の作者…

モンスターを倒して料理する「ダンジョン飯」と言う漫画を読みました

どちらかと言うと、ドラゴンクエストよりファイナルファンタジー派です。ファイファンよりエフエフ派です。 リアルなロールプレイングゲーム的な物語と言えば、勇者ヨシヒコがとてもシュールで面白いのですが、勇者であるかそうでないかを置いておいて、ロー…

ゆるくキャンプを楽しむ「ゆるキャン△」と言う漫画を読みました

女の子たちがアウトドアな事をする漫画と言えば、ヤマノススメが有名でアニメにもなっているのですが、タイトル通りどちらかと言うと登山に寄っていますね。ゆるキャンは同じく女の子たちがアウトドアな事をするのですが、主にキャンプを主題としています。 …

ズートピアみたいな自転車漫画、「かわうその自転車屋さん」を読みました

かわうその可愛いキャラが自転車屋さんをやっている漫画、「かわうその自転車屋さん」を読みました。7月に3巻が発売されたので、まとめ買いしてみました。可愛い顔して肉食なんだぜ? ピクサーのズートピアはウサギとキツネが活躍する映画ですが、この漫画は…