二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

漫画関連の記事一覧

太平洋から日本海まで「ろんぐらいだぁす!」9巻を読みました

7月27日に待ちに待った「ろんぐらいだぁす!」9巻が発売になりました。さっそくKindleさんでポチって読んでみましたよ。 9巻はすべてCoast to Coastのお話であります。Coast to Coastとは海岸から海岸へと言う感じで太平洋の海から日本の背骨をバリバリっと…

Zwillingの「ツインスペシャルズ スモーカーセット」を買いました

多摩川の府中郷土の森バーベキュー場でバーベキューと燻製祭りをしたわけですが、普段から家で美味しい燻製を作って飲み食いしたいな願望がビックバンのように膨れ上がったわけですよ。 とりあえずお腹は膨れないけど、「いぶり暮らし」のレシピブックを買っ…

わざとすれ違っているとしか思えない「おとなのほうかご」2巻を読みました

いつも一緒にいる人が居ないと何かが違う感じがしてしまう。そんなことってありませんか?ありませんね?ありませんよ。 「おとなのほうかご」は不思議ちゃんやらストーカーさんやら居酒屋の店長やバイトさんが登場する日常系のギャグ漫画なのだとは思います…

今度は海で魚突きだ「山賊ダイアリーSS」という漫画を読みました

いつかはちゃんとやってみたい事の一つが魚を獲って食べると言うことです。奥多摩にキャンプに行ったときには氷川国際ます釣り場などに行って釣った魚を焼いて食べるとかはするのですが、そうではなくて海釣りやらモリを使った魚突きで獲って食べると言うこ…

虐げられたり持ち上げられたり「アルテ」7巻を読みました

結局は与えられたカードで戦うしかないのが人生である。とは常々思うわけでありますが、それは相対的にそれなりに強いカードが配られた人生だから言える理屈なのかもしれません。他人のカードを知らなければ自分のカードにがっかりすることもないし、他人が…

嫁は強し「乙嫁語り」という漫画を読みました

「乙嫁語り」は中央アジア、キルギスとかウズベキスタンとかそのあたりのお話であるそうです。中央アジアの歴史だなんてのはほとんど知らないのですが、なかなか面白く興味深く読むことができました。 メインの主人公であるカルルクさんの奥さんであるアミル…

恋愛と料理が苦手な「忘却のサチコ」10巻を読みました

運動会のお弁当と言えばおにぎり、卵焼き、タコさんウインナーに唐揚げと相場が決まっていると思うのですが、みなさんのおにぎりの包はアルミホイル派ですか?ラップ派ですか?私はアルミホイル派なのですが、奥さんはラップ派だと言うのですよ、チェケラッ…

実質3コマ漫画「自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで、今日の出来事を4コマにする。」という漫画を読みました

ニコニコ動画で黒歴史RPGの実況動画を見て以来ルーツさんはおもれー人だと思っていましてですね、スルメイカなどの漫画を読んだりもしました。つい先日は「ルーツビア」を読んで居酒屋いきてー!などと思ったりもしているわけでございます。 今回はそのルー…

大勢でのキャンプもいいよね「ゆるキャン△」4巻を読みました

2018年冬にアニメ化が決まっているらしい「ゆるキャン△」の4巻が発売されましたので読んでみました。今回もキレイな絵柄とゆったりとした流れで進んでいて、ああ、自然っていいよね、富士山ていいよね、と思わざるを得ません。 ゆるキャンと言えば、ゆったり…

そのダジャレはウザい「山と食欲と私」5巻を読みました

山ガールと呼ばれる事を嫌って「単独登山女子」と名乗っている日々野鮎美さん、27歳OLが山登りやらで大活躍する「山と食欲と私」の5巻を読みました。世間一般と言いますか、テレビ雑誌などのマスメディアでは色々と流行らすためになんとかガールやら、かんと…

香りが残らないのか気になる「いぶり暮らし」6巻を読みました

燻製を作って作って食べまくる漫画である「いぶり暮らし」の6巻が発売されていたのでKindleで購入してみました。いやしかし、もう6巻目となるのに燻製ネタだけでよくここまで続けられるな、と、関心してしまうのです。そのくらい燻製と言うのは奥が深いもの…

無性に居酒屋に行きたくなる「ルーツビア」という漫画を読みました

飲み会に参加したら高確率で二日酔いになってしまうほど飲んでしまう私です。良くないとは思いつつもついついその場のノリで飲んでしまって歯止めが効かなくなってしまうのですよね。いかんいかん。そうやって折角の天気の良い週末を無駄にしてしまうんです…

楽しいことは全部楽しい「サバゲっぱなし」という漫画を読みました

人生には何が起こるかわかりません。ひょんなきっかけで濡れ場でござんす。もともとインドア派だったと言いますか、ただの出不精だったと言いますか、そんな私なのですが自転車に出会ってからと言うもの特に用事がなくて天気が良ければ毎週のように自転車に…

どこへ入ると踏切を...通らずにすむか...わかり合えなかった「踏切時間」という漫画を読みました

開かずの踏切ってのは本当に困ってしまいますよね。つい先日まで住んでいた千歳烏山駅も結構な頻度で電車が通ってるし、駅で停車中も締まったままなのでなかなか開かずにイライラしてしまいます。千歳烏山駅については今後複々線化にともなって高架化するよ…

策士策に溺れる「弱虫ペダル」51巻を読みました

今年からサイクルロードレースの大会にハンマーシリーズと言うのが開催されることになったようで、俺らワールドでおなじみのクリリンこと栗村修さんとサッシャがハンマーシリーズについての解説をしていますね。で、このハンマーシリーズは弱虫ペダルに近い…

色んな見方で解釈するの「であいもん」2巻を読みました

人間歳を重ねれば重ねるほど考え方が凝り固まってしまいますよね。そんな凝り固まった考え方をリラックスリラックスさせていきたいものです。凝り固まった考え方は、その他の色々な楽しみ、喜びに対して気づかなくなるようになってしまい、批判をすることで…

読んで旅したくなったら重症「びわっこ自転車旅行記」滋賀→北海道編を読みました

自転車旅をしたいんですけれどもね。自転車旅をするには色々な状況が許さないとならないと思うのですよ。若さ、無謀さ、時間、お金、自由などですね。 若さとはつまり体力の事で、年老いてから自転車旅ってなかなか難しいんじゃないかなと思うわけです。無謀…

からだのしくみ「はたらく細胞」という漫画を読みました

最近、アイドルのブログだかTwitterだか知らないけれどもSNSにアップされた写真に生理用品が写り込んでたのを無知ながら茶化しちゃった人の発言を発端にはてな界隈、ネット界隈では話題になっていますね。 そういうのって習う機会が無いよねって増田の記事で…

目指すはクライマー「のぼる小寺さん」4巻を読みました

自転車の世界にもクライマーと言うのがありましてですね、まぁ、他にはスプリンターとかオールラウンダーとかなんですよね。弱虫ペダル的にはこの3つで間違いないようですが、実際のロードレースの世界では脚質によってもっと分類があるみたいですね。 小寺…

特別扱いはいたしません「ゼイチョー!~納税課第三収納係~」4巻を読みました

子供の頃にお世話になった人に憧れてその職業につくって言うことはよくあることなんじゃないかなと思います。よくあるのが医者や看護師なんかだと思いますね、看護師はともかく医者になるのは非常に難しいことだとは思いますが。 ゼイチョー!の主人公の百目…

「空挺ドラゴンズ」2巻を読みました

ゴールデンウィーク中は自転車旅行に行ったりキャンプ旅行に行ったりと盛りだくさんでブログを書く時間がなかったりしてたので、お久しぶりです。おいおいブログに書いていこうかなと思ってますので、今回は空挺ドラゴンズの2巻を読んだ感想でも書いてお茶を…

峠バトルに買ってパーツを集めよう「はやめブラストギア」2巻を読みました

ママチャリにしか乗ったことがない人にはあんまり伝わらないと思うけれども、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車でサドルと言うと純粋に座る所のみのことを意味しまして、高さを調節したりするところはシートポストと言います。ママチャリでは…

ピタゴラスイッチみたいな連続性「CITY」という漫画を読みました

スラマッパギー!どうも、私だ。アニメ「日常」は見てたんだけど漫画の方は読んでなかったね。で、日常を書いている「あらゐけいいち」さんが書いている「CITY」と言う漫画を読みました。 相変わらずのあらゐさんのテイストが満載で面白かったです。何ていう…

魔王にも都合というものがあってだな「魔王の秘書」と言う漫画を読みました

とっても大好きドラえもんの名言のひとつに「どっちも自分が正しいと思ってるよ。戦争なんてそんなもんだよ。」って言うのがあるわけですが、戦争に限らず人それぞれにおいてポジションと言うのがありますので、相容れない事はあると思います。 海外の事はよ…

かわいい動物の自転車物語「かわうその自転車屋さん」4巻を読みました

かわうその自転車屋さんの4巻がKindleに振ってきました。コミック版は1週間前に発売されていたので約1週間遅れになっているみたいですね。Kindleでもすぐに読みたいでやんすよ。 1巻から3巻までを読んだ時も思いましたが、やっぱズートピアみたいな世界観だ…

先生の放課後の日常・・・なのか?「おとなのほうかご」と言う漫画を読みました

放課後って言うとなにやら甘酸っぱかったり、汗の匂いで酸っぱかったり、色々な思い出が蘇ってきますよね。きますよね?きませんかね?私はきませんね。 それが大人の放課後ってなるわけですから、言わばアフターファイブ的な飲み会やら何やらで盛り上がるの…

これがRPGのリアルかも「竜と勇者と配達人」という漫画を読みました

ダンジョン内でのリアルなモンスター設定や行動を描いた漫画が「ダンジョン飯」なのかなとは思いますが、RPGの世界のリアル度で言うとこの「竜と勇者と配達人」なのかもしれませんね。 何がリアルなのかと言うと、実に関係者が多いこと。実際問題として4人パ…

魔法使いに憧れて「とんがり帽子のアトリエ」と言う漫画を読みました

魔法、呪文、特技、特殊能力、超能力、ハンドパワー、手力、SPECなどと言ったものは種類はあれど中身はどれも同じようなものですよね。ハンドパワーとか手力とかは手品だし、特技はRPG的なものなんですけれども。 潜在能力的な不思議な力や道具を使うことに…

ぜんぶ雪のせいだ「忘却のサチコ」9巻を読みました

たった一つの事を除いては完璧超人であられますところの佐々木サチコさんなわけでございますけれども、今回もさらに完璧超人ぶりに磨きがかかっていると言っていいでしょうね。そう、ただひとつのことを除いてね。 そんなサチコさんが今日はどんな難題に立向…

打ち切られちゃった「ガタガール」2巻を読みました

学園ドロドロ(物理)ハーレム漫画のガタガールなのですが、どうやら打ち切られてしまっていたようなんですよね。1巻を読んだ時はそれなりに面白いと思ったのでちょっと残念に思います。 打ち切り決定前日に干潟に取材に行っていた模様がYoutubeにも上がって…