二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

ロードバイクでブエルタ・ア・グンマーニャ 大反省会

赤城山 大沼にてFUJI Roubaix 1.3の写

赤城山 大沼にてFUJI Roubaix 1.3の写真

ロードバイクで群馬県の山を制覇するために9月9日に榛名山9月10日に赤城山に行ってきました。今回は色々と反省点も多かったので、大反省会を行おうかなと思いますよ。

 

反省点

反省点1 出発遅すぎ

まずもって出発が遅すぎたのが大問題でしたね。出発が遅すぎたために休憩をあまり取れずにいたのでダメージが蓄積しすぎていたと思います。電車で輪行すればバビュンと時間短縮出来ると思っていたのですが、群馬県は結構遠かったと言うことになりますね。さらに準備もちんたらやっていたのがよくなかったので、前々日には準備万端にして前日は早く寝ると言う事を徹底しないといけないなと思います。

 

反省点2 乗ってなさすぎ

実は8月の夏休みに行った軽井沢から松本へのライド以来まともに距離を走っていなかったわけです。そんな感じで1ヶ月の空白を開けておきながらいきなり1000m以上の標高の山を2日連続で登ろうだなんて頭がおかしいとしか言いようがないですね。まだ私が若者だったら大丈夫だったかもしれませんが、だいぶオッサンですからね。日々乗ってないとダメですな。

 

反省点3 補給なめすぎ

今年の夏は雨ばっかりで涼しかったこともあって塩分やミネラルの摂取をあまりしなくても大丈夫だったのですが、この時は晴れていて非常に天気がよく、そして暑かったし、そして湿度があまり高くなかったように思います。汗がすぐに乾くので気にならなかったけれども、結構な量の塩分を汗とともに失っていたのですが、水分やカロリー以外にミネラル補給が足りてなかったかなと思いますね。

 

そんなこんなで、ロングライドの基本的なことが出来てなかったので、脚は攣るし日は暮れるしであんまり観光もできずに楽しみが半減してしまったかと思います。そして、サッカー観戦も結果良いとこなしで負けるってな結果になるわけですね。あー。

 

そんな中で導入したNEWアイテムを紹介しようと思いますよ。

NEWアイテム

サドルバッグ

軽井沢へのライドの時はDeutorのRace EXP Airを背負って行ったのですが、さすがに背中に背負うのは厳しいお年頃となっていたし、サッカー観戦の旅なので一眼レフのカメラと望遠レンズを持っていかなくてはならずに背中が重くなるのは厳しいなってことで大きいサドルバッグを買うことにしました。

シートポストの長さが足りるかが心配でしたが、何の問題もなく装着することが出来たので良かったです。夏の1泊ライドでは十分過ぎるほどの容量が入りますし、2泊以上だとしてもコインランドリー等を利用すれば問題ないと思います。冬場で厚着の必要があっても大丈夫なんじゃないかなと思います。

 

フロントポーチ

サドルバッグが大きいのは良いのですが、ここまで大きいと頻繁に開けたり閉じたりするのは面倒くさいわけです。そこでハンドルに取り付けて補給食やバッテリーなどを入れていたのがこのフロントポーチになります。まぁ、補給失敗の反省点はあったのですけれどもね。

ダンシングしてもほとんど邪魔にならなかったので、非常に使えることがわかりました。別にサドルバッグが大きくなくても使えるんじゃないかなと思います。

 

ツールケース

こちらはほとんど表に出てません。と言うか、無事に出番はありませんでした。大きいサドルバッグに小さいツールの類をそのまま入れていると迷子になったりしてしまうので、タイヤレバーとか替えのチューブなどをまとめて入れておくように買いました。ここまで出番がないと別にジップロックとかに入れておけばよかったんじゃね?とも思うわけですが、これはこれであっても良いでしょ!ってなことです。

冬場になればダブルボトル体制ではなくなると思うので、その時はボトルケージに入れて使おうかなと思います。

 

関連記事

 

ロードバイクでブエルタ・ア・グンマーニャ 第2ステージ 一人赤城山ヒルクライム

f:id:t-horikiri:20170910154528j:plain

コンタドールが引退前に山岳でステージ優勝したり、フルームがツール・ド・フランスとのダブルツールを取った今年のブエルタ・ア・エスパーニャも終わりましたが、ここにもう一人ブエルタを戦う男がいた。ジロ・デ・イタリアを東京でやるんじゃないかとか言う話もある昨今ですが、ブエルタ・ア・グンマーニャと名付けて一人で一泊二日の群馬サイクリング旅に出た私です。

 

初日の第1ステージはハルヒルのコースを走って榛名山から伊香保温泉まで行くルートでしたが、足に違和感を感じたまま頑張ってみたものの、攣ってしまってトボトボと歩きながらのゴールで散々な目にあったのでした。第2ステージは伊香保温泉をスタートしてから前橋まで行き、そこから赤城山ヒルクライムのコースを走ってくると言うルートです。

 

f:id:t-horikiri:20170910102936j:plain

スタートは初日のゴール地点の伊香保温泉、昨夜は暗くなってしまったので景色が全然見れませんでしたが、本日も快晴でものすごく良い景色となっております。ああ、昨日もっと早くスタートしていればなぁ、とえらく後悔するのでした。もっと観光もしたかったけれども、前日の疲れが非常に残ってるのでチェックアウトの時間ギリギリまで粘って10時のスタートです。

 

f:id:t-horikiri:20170915014958p:plain

伊香保温泉からはダウンヒルでまっすぐ利根川を目指します。利根川サイクリングロードを下って楽して前橋まで行っちゃおうって作戦です。なだらかな勾配のダウンヒルですが、信号も少なく車もさほど多くないのですごい気持ちが良かったです。何より漕がなくて良いのがたまらないですね。

 

f:id:t-horikiri:20170915015429p:plain

渋川から前橋までの利根川サイクリングロード区間はとても整備されていて走りやすかったのと、ロードバイクやクロスバイク・ママチャリの人と結構すれ違ったりしました。天気が良かったのもありますが、熊谷や深谷近辺と違ってこんなにも賑わっているとは思いませんでした。

 

f:id:t-horikiri:20170915015610p:plain

チーム練習をしている人たちも居まして、こういったライドも楽しそうだなと思うのでした。昨日の疲れが非常に残っているのと、これからヒルクライムが控えてるのでこの列車に無賃乗車することにしました。

 

f:id:t-horikiri:20170915015752p:plain

群馬県道109号 石倉前橋停車場線で利根川サイクリングロードを離脱して前橋駅前を通過し、群馬県道4号 前橋赤城線に入れば基本的に道なりに進むと赤城山ヒルクライムのコースを走ることが出来ます。

 

f:id:t-horikiri:20170915015941p:plain

赤城山ヒルクライムのスタート地点は前橋合同庁舎付近となっています。赤城山ヒルクライムは9月24日に開催されるので、合同庁舎付近の駐車場は練習や試走する人のために駐車場が開放されていました。てなわけで、ここらで休憩と補給をします。少しでも重量を減らすために隣の公園の多目的トイレに入ったのですが、紙がなかったし、コンドームの袋があったりするので色々と注意したほうが良いと思います。私は紙持ってたよ!

 

f:id:t-horikiri:20170915020109p:plain

赤城山ヒルクライムのコースは標高130mから1,421mまでの1,291mを約20kmで駆け上がるコースで平均勾配は6.4%、最大勾配も9.4%で勾配については榛名山よりはおとなしい感じではありますが、距離も獲得標高も高くなるコースです。激坂はないのでゆっくり騙し騙し登れば足を攣らずにすむのではないかなと思ってスタートしました。

 

f:id:t-horikiri:20170915020228p:plain

序盤は勾配は4%とかゆるい感じですが、車が結構多いです。それでも車を避けるスペースはあるのでそこまで危険性は少ないでしょう。ただ、市街地とまでは言わないですが街なかを走っているので信号もあります。この日は日差しが強くて暑かったので日陰が少ないので結構消耗するかもしれません。が、沿道の人に声援をもらったので元気がわきます。

 

f:id:t-horikiri:20170915020941p:plain

山の方に入ってくると道の両側に背の高い木が出てくるので日陰になって助かります。斜度はこのあたりではまだあまり変わらないですね。赤城山ヒルクライムの試走の人でしょうか?結構ダウンヒルしてくる人が居まして、ちょっとウラヤマけしからん感じです。

 

f:id:t-horikiri:20170915021453p:plain

榛名山もそうでしたが赤城山もヒルクライムコースのゴールまでの看板が出ているので助かる反面、先が長いと心を折られる感じがします。あと8kmも登り続けられる気がしなくなってきたし、アクションカムの充電が切れたので電池替えしつつ休憩をはさみます。昨日ごっそり削られた脚は辛いし、いつ攣るかわからない恐怖でケイデンスが上げられずにいるので心拍はまったく辛くない状態です。

 

f:id:t-horikiri:20170915021915p:plain

最終局面のつづら折り区間は結構勾配がきついです。コース的には10%までいかないらしいが、GARMINさんはたまに10%と表示するのですが、ま、測定誤差とかなんじゃないすかね。残り2km地点で攣りそうになったのですが、攣る前に休憩をして致命傷になるのを防いでおきましょう。

 

f:id:t-horikiri:20170915022339p:plain

そして、ゴール直前のストレートです。色々なものから解放される感じがしました。人間やれば出来るんですね、ペダルを回せば時間がかかっても少しは進むってのが自転車の良いところですよね。

 

f:id:t-horikiri:20170910151609j:plain

ヒルクライムコースのゴールのある観光案内所にはヒルクラとクリテリウムのポスターがありますね。この時になってクリテリウムの存在に気がついたのですが、クリテリウムのコースもルートに入れておけばよかったなと思います。

 

f:id:t-horikiri:20170910151946j:plain

観光案内所にあるソフトクリームで英気を養います。自転車で着た人はサイズアップサービスがあるらしいです。うれしいけど、自転車じゃない人との差がわからなかったです。それと、ソフトクリームを食べてたら10代くらいの人がママチャリを駐輪場に停めてたんですがそれは、えっと、どうやって登ってきたのかな・・・。

 

f:id:t-horikiri:20170910153453j:plain

展望台的なところもあってなかなか良い景色でした。榛名山に榛名湖があるように赤城山にも大沼と言う湖があるようです。なので一通り休憩したら、大沼にむかって少しばかりのダウンヒルをします。

 

f:id:t-horikiri:20170910154904j:plain

loco.yahoo.co.jp

大沼の湖畔にはトレッカーズカフェと言うお店がありました。 TREK Segafredoのタオルが飾ってあったりシャツを着たりしているので、自転車メーカーのTREKと関係あるんですか?と聞いたら、お店の名前がトレッカーズカフェで、Sefafredoのコーヒーを使っているから便乗しているだけらしいです。TREKの自転車に乗っている人はコーヒー一杯無料でいただけるらしいですよ。

 

f:id:t-horikiri:20170910155830j:plain

腹ペコでしたのでマルゲリータを注文しました。お店の外のベンチで湖を見ながらの食事で気分良くいただけました。窯焼きのピザも非常に美味しかったです。

 

f:id:t-horikiri:20170915022850p:plain

来た道をそのまま帰るだなんてつまらん!ってことで、群馬県道16号 大胡赤城線でダウンヒルを楽しもうと大沼から登っていきましたが、残念、県道16号は全面通行止めだったのでした。 仕方ないので来た道を折り返してダウンヒルです。つづら折り区間以外は道がほぼ真っすぐだったので、ものすごく気持ちよかったです。

 

f:id:t-horikiri:20170910173124j:plain

そして、今回も最終目的はサッカー観戦だったのです。ザスパクサツ群馬とジェフ千葉との対戦、正田醤油スタジアムに到着です。ま、ヒルクライムもグダグダでしたが、試合の方はもっとグダグダでした。

 

 

 

山と高原地図 赤城・皇海・筑波 榛名山 2017 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 赤城・皇海・筑波 榛名山 2017 (登山地図 | マップル)

 
Segafredo Zanetti (セガフレード・ザネッティ) アイスエスプレッソ 無糖 1000ml

Segafredo Zanetti (セガフレード・ザネッティ) アイスエスプレッソ 無糖 1000ml

 
SPORTFUL(スポーツフル) TREK-SEGAFREDO TEAM BLK/RED S

SPORTFUL(スポーツフル) TREK-SEGAFREDO TEAM BLK/RED S

 

 

関連記事

 

ロードバイクでブエルタ・ア・グンマーニャ 第1ステージ 一人ハルヒル

f:id:t-horikiri:20170909191106j:plain

ブエルタ・ア・エスパーニャも終盤戦に差し掛かった9月9日から10日の一泊二日で群馬県の山をめぐるサイクリング旅に出てきました。山岳コースが盛りだくさんなブエルタ・ア・エスパーニャにかけまして、ブエルタ・ア・グンマーニャとなっています。

さて、初日の第1ステージのコースは予定では輪行でJR高崎線の深谷駅をスタートして榛名山を登って伊香保まで降りて伊香保温泉で宿泊すると言う日程となっております。

 

f:id:t-horikiri:20170909143523j:plain

さて、バビューンと輪行しまして深谷駅に到着と言うわけなんですが、実は一つ手前の籠原駅で前4両の車両を切り離すので時間がかかるっぽかったので、籠原駅で降りて輪行を解いています。そこから一般道で深谷駅までたどり着きましたが、午前中にうだうだしすぎてしまったのですでに午後2時半でございます。では、いざ出発。

 

f:id:t-horikiri:20170909145401j:plain

深谷駅から埼玉県道14号 伊勢崎深谷線で利根川サイクリングロードに出てきました。利根川サイクリングロードを走るのは先月 の軽井沢以来の2回目となっています。今回は天気もよく気持ちよく走れているのが良いですね。風もほとんどないので多少スピードも出せて巡航出来ています。

 

f:id:t-horikiri:20170909160733j:plain

JR高崎駅付近で一般道に戻りましたが、またサイクリングロードに入ります。ここは烏川榛名白川サイクリングロードのようです。利根川上流は色々と支流があるのですが、支流にもこういったサイクリングロードがあるのがいいですね。

 

f:id:t-horikiri:20170909161215j:plain

そうこうしているうちに向かう先に群馬県の山々が見えてまいりました。あんまり地理には詳しくないのでわかりませんが、この山の中のどれか一つが榛名山と言うことになるのだと思います。今からここに登らなくてはならないってのが非常に恐ろしいですね。

 

f:id:t-horikiri:20170913130655p:plain

サイクリングロードを離れて一般道に入ると群馬県道29号 あら町下室田線にを走行します。はるなの文字が出てくるようになりましたね。時間が時間なのでここまで休憩なしで走ってきたのでいささか足に疲れが出てきています。ちょっとなんかヤバそうってことで途中のセブンイレブンで補給と休憩をします。

 

f:id:t-horikiri:20170909165629j:plain

群馬県道29号線と211号 安中榛名湖線のぶつかるあたりがかの有名な「榛名山ヒルクライムin高崎」通称ハルヒルのスタート地点となります。今回はこのハルヒルのコースを実際に走ってやろうってことになっています。

 

f:id:t-horikiri:20170909165641j:plain

ハルヒルは榛名神社までのコースと榛名湖までのコースがあり、このスタート地点から約15kmと言うことらしいです。ただ、問題はすでに時間が17時で日没が近いと言うことと、なんかすでに脚が攣りそうな気配がムンムンとしているのです。スタート地点の標高が200mでまだ全然登ってないってのにこの脚の気配はななりやばいことになっています。ハルヒルのゴール地点は標高1,125mで900m以上登り続けないといけないので今の状態だと死ぬんじゃないかなと思います。

 

f:id:t-horikiri:20170909172253j:plain

序盤は斜度がきつくないのですが、少しでも脚を残しておくためになるべく軽めのギアでゆっくり登り始めました。が、ハルヒルコースの序盤も序盤で脚攣ったった!まだ榛名ふれあい公園のあたりです。正直これはやばいですね、頂上までたどり着けないかもしれないってことが頭によぎります。とりあえず休憩してストレッチします。

 

f:id:t-horikiri:20170913134910p:plain

あ、なんか鳥居が見えてきた!これが榛名神社に違いない!と違うことはわかっていますがそう思い込みたい衝動にかられます。これもまだまだ序盤の榛名神社一之鳥居でございます、残念ながら榛名神社はまだまだ先となっていますね。

 

f:id:t-horikiri:20170913135418p:plain

有り難いか有り難くないかは賛否あるところだとは思いますが、このようにハルヒルコースの何キロメートル地点なのかがわかる看板が立っております。9km地点で半分は過ぎたころなのでしょうが、山深くなってくると斜度があがり、GARMINが指す値も10%を超えてきます。普段ならまだしも、すでに脚を攣っている自分にとっては二桁%は耐え難いものがあります、が、まだまだ中盤戦なのでございます。

 

f:id:t-horikiri:20170909182359j:plain

なんとか榛名神社まで到着しました。が、もう脚が無理って言ってます。写真ではまだ明るいように見えますが、あたりはすでに暗くてお店も閉まっていますので、観光どころではありませんね。一通り補給をしてストレッチをして先に進むことにしましょう。

 

f:id:t-horikiri:20170913142638p:plain

なんとか残り1.5kmのところまでたどり着きましたが、すでに色々と限界を迎えているようです。脚はずっと攣り気味で無理をすることはできません。脚がこんな状態でインナーローなので踏み込めずに心拍だけに余裕があります。が、無念の足つき、ここから頻繁に止まってはストレッチを繰り返しますが、状態は回復しませんね。

 

f:id:t-horikiri:20170913143208p:plain

GARMINの斜度が10%を超えたら無理なので10%以下ではペダルをまわして、10%以上になるとプライド的にあまりやりたくはない押して歩きをしながら進みます。ようやく残り1kmのところまでたどり着きました。

 

f:id:t-horikiri:20170913143653p:plain

さすが群馬と言うべきでしょうか。道をカニが歩いています。日本にいる淡水のカニはサワガニしか居ないらしいので、きっとサワガニでしょう。連れて帰ってアクアリウムの仲間にしてあげたいところではありますが、行きて連れて帰るのは難しいでしょうね。その他にも、よくヘビが車に轢かれて死んでいたりしました、なかなか普段はお目にかかれない光景ではありますね。

 

f:id:t-horikiri:20170913144507p:plain

19時をまわったごろようやくハルヒルのゴール地点に到着です。今までこんな辛いヒルクラがあったでしょうか?まぁ、1日のライドでは途中で引き返せば良いのですが、宿泊先を予約していると途中で諦めることも出来ないので厳しいですね。去年の夏の由布院までも辛かったけど、それ以上に歩いた気がします。

 

f:id:t-horikiri:20170913145455p:plain

すでにあたりは真っ暗すぎて榛名湖も榛名富士も見えなかったので伊香保の方へダウンヒルしていきます。9月とは言え夜のダウンヒルは寒いのでウインドブレーカーを着込んでVOLT800を最強にして下ります。途中で見える伊香保の街の明かりがとても綺麗でしたが、怖くてそれどころじゃない感じでしたね。

 

f:id:t-horikiri:20170913152554p:plain

そして最後に待ち受けていたのが伊香保温泉の激坂だったと言うオチでした。元気であれば挑戦したのでしょうが、今回はもちろん一瞬で撃沈したので歩いて登りましたよ。とっても頭のおかしい斜度でした。

 

www.jalan.net

宿泊したのは山陽ホテルと言うところです。ロードバイクは玄関入った室内に停めさせていただきました。もう一台ロードバイクが停まっていたので同じようにきた人が居るんじゃないかなと思います。とりあえずは休憩しつつプロテインを摂取したら大浴場の温泉に入って攣ってしまった脚をメンテナンスします。

 

loco.yahoo.co.jp

温泉の後は食事、山陽ホテルの裏側にある「御免」というお店に入ってみましたが、なかなか感じの良い夫婦がやっておられるお店で気に入りました。名前は忘れたけど、珍しい鯖のしめ鯖をオススメされたので頂きました。しめ鯖はパサパサ感があるのが多いですが、これはしっとりジューシーで非常に美味しかったです。和風の料理だけでなく、ステーキやらラーメン・餃子やらのガッツリしたメニューも多かったですね。非常に満足です。

 

 

週刊 ふるさと百名山 22号 赤城山・榛名山

週刊 ふるさと百名山 22号 赤城山・榛名山

 
旅行ガイド (ことりっぷ 伊香保・草津 群馬)

旅行ガイド (ことりっぷ 伊香保・草津 群馬)

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2017/03/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

 

 

関連記事