読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

サイクリングにはユニクロのドライイージーショートパンツが良い

自転車 自転車-装備

ユニクロ ドライイージーショートパンツの写真

 スポーツタイプの自転車のウェアと言えばピチピチモッコリなレーパンなわけですが、ロードバイクならまだしもクロスバイクだと何か違う気がしてしまうのです。自転車に乗ってる時はあんまり気にならないのですが、食事に入った飲食店とかはやっぱり気が引けるんですよね。

下着などインナーのほぼ全てをユニクロで賄っているユニクロスキーの私が買ってみたのが、ドライイージーショートパンツです。なんとお値段1,990円。カジュアルな自転車用のパンツを物色していると、これ良いなと思うものがとてもお高いんですよね。

このドライイージーショートパンツをレーパンの上から履くことで、モッコリが目立たないようになって、恥ずかしくなくなると言うことで、レーパンを避けてお尻が痛くなっている人にはオススメ出来るかと思います。普段使いにも利用できるので無駄がないですしね。

サイズ的にはゆったり履こうとすると適正はMサイズなのですが、多少なりとも空気抵抗を上げないために、小さめのSサイズでわりとフィットするように履いています。自転車趣味にして痩せた効果もあるのでしょうか。

 

※ 2016/10/04 追記 現在はネット(オンラインストア)での取扱は終了しているようです。在庫があれば店舗にはあるかもしれません。来年の夏にはまたバージョンアップしたものが出ると思います(保証できませんが)。

 

 Willclsのレーパンは比較的安く3,000円台で手に入るので組み合わせ的にお安くて良いと思います。日焼け対策としてロングタイプを使っていますが、夏場にロングタイプは好みの別れるところかもしれません。

 

こちらはハーフ膝上丈のものですが、こちらはドライイージーショートパンツで完全に隠れると思うので、さらに本格的じゃないぞ感を出せると思います。お値段は2,000円台まで下がるのでさらにお買い得かもしれませんね。

 

もっと言うと、レーパンでなくても、パッドが入っていればお尻の痛みは軽減出来るので、自転車用のインナーパンツでも良いと思います。こちらなんと、2000円も下回るお値段ですので、手を出しやすいかと思いますよ。失敗しても痛くない価格設定なんじゃないですかね。

 

関連記事