読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

明治安田生命J2リーグ2016 第23節 町田ゼルビア VS ジェフ千葉を見てきました

サッカー

J2 第23節 町田ゼルビア VS ジェフ千葉 円陣ダッシュの写真

町田の夜に町田相手に町田が大活躍。待望のアランダが復活のベンチ入り。試合前の報道では3バックと言うことだったが、去年の福岡のように残念な仕上がりにならないのかが不安で仕方がない。

 

 

前半

J2 第23節 町田ゼルビア VS ジェフ千葉 町田選手の先制ゴールの写真

試合開始5分に町田が先制、自陣でのFKを長澤が素早くリスタートで北爪を走らせたところで、アーリー気味のクロスを入れると町田が難しい角度でシュートを打って、これがゴール。崩しきったと言って良いのかは微妙だが、ワイドに開く北爪を使う狙い通りではあったかと思いますし、町田も難しいのを決めれたと思います。

 

J2 第23節 町田ゼルビア VS ジェフ千葉 失点シーンの写真

ところが直後に若狭が与えたフリーキックのトリックプレーから決められてしまいます。距離が近い分、トリックプレーされると反応が難しかったか、フリーでシュートをうたれたら失点しますよね。

その後は一方的な町田の展開、船山のワントップで裏抜けを狙うがそれだけでは厳しいし、奪った後にロングボールを狙っても、船山ではなかなか競り勝てないのでまた拾われて攻撃を受けるので、悪循環でどんどんラインが下がり、ボールを保持できなくなってきました。

富澤、山本真希と展開力があるところで、北爪と阿部がサイドチェンジのボールを受けるが、スリーバックのウイングバック的なポジションだと対面に2人居るところに1人で突っかけることになるのでなかなかうまく行かない。それでも北爪の方はスピードがあるので何度か攻撃にはなりそうでした。阿部はスピードが無い分、単騎では難しかったかと思いますが、フリーで尚且つ疲れて無ければ良い左足があるのだが。

そんなこんなで押し込まれて今日もダメかと思うような試合運びでした。

 

後半

J2 第23節 町田ゼルビア VS ジェフ千葉 アランダのシュートシーンの写真

後半開始から富澤に変わってアランダが入ります。アランダが入ると、他の選手とは違い、プレスをいなしてからパスを出せるので、数的優位やその後の展開が楽になるのが素晴らしい所で素晴らしい選手、たぶん来年はジェフに居ません。

 

J2 第23節 町田ゼルビア VS ジェフ千葉 逆転されたシュートシーンの写真

町田は疲れが出てきたのか運動量の面で落ちていき、ジェフが後半開始から再びエンジンをかけようとしたところですが、カウンターからサイドに開いていた重松に渡ると、これをダイレクトで目の覚めるシュートを打たれて逆転されてしまいます。あ、これあかんやつだ!

 

J2 第23節 町田ゼルビア VS ジェフ千葉 丹羽選手のゴールシーンの写真

逆転されたことで町田は守備に重点を置いて消耗して低下した運動量をカバーしようと試合運びをしますが、お尻に火がついたジェフが反撃。町田がシュートを打つも弾かれて戻ってきたボールを粘って粘って丹羽にラストパスを出すと、受けた丹羽がワントラップから強烈なシュートを叩き込んで同点に追いつきます。丹羽は加入後初ゴール。すばらしい。

 

J2 第23節 町田ゼルビア VS ジェフ千葉 オナイウ選手のゴールシーンの写真

同点に追いつかれた町田は、あまり無理しないモード、と言うか無理できないモードなのか、同点のままでもいいかなと言った感じですが、逆に千葉は3連敗後なので勝ちに来てるようでした。そして運命のロスタイム終盤、井出のクロスをファーの大外に逃げてから勢いをつけて入ってきたオナイウが頭で決めて逆転ゴール。そしてタイムアップ。

感想

結局スリーバックとは言えない感じでしたね。前半攻撃時には阿部か北爪がウイングバックぽい入り方をしていましたが、後半の北爪はほぼサイドハーフでしたし。足りない運動量を北爪のアップダウンで賄うイメージだったのでしょうか。個人的にサイドチェンジが結構好きなのですが、前半途中からは対策されてなかなか厳しいものがありました、相変わらず攻め手がなくて。

そんなわけで、何とか勝点3は取りましたが、すぐに水曜日に次の試合が行われます。次どうするのかはわかりませんが、アランダも戻ってきたことですし、チームとして向上して欲しいと思います。特定選手頼みではちょっと、ね。

 

 

 

関連記事