読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

天皇杯2016 1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校を見てきました

天皇杯1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校 フラッグの写真

明治安田生命J2リーグの方は、ファジアーノ岡山相手に完璧とも言える試合をして、そのままの調子で継続したところでしたが、天皇杯1回戦、2回戦があるためリーグは中断になっています。そして、天皇杯1回戦の相手はユニフォームが北海道代表でKappaつながりでもある北海道教育大学岩見沢校になります。

 

天皇杯1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校 岡本選手のゴールキックの写真

いくらかのメンバーチェンジはあるのかなと思っていましたが、監督交代後間もなく連携を構築したいからなのか、日程的に余裕があるからなのか、小幅なメンバーチェンジとなっています。リーグで負傷交代したCB近藤はたぶん軽症だと思いますが、年齢のこともあってCB大久保に代わり、今年関塚体制ではベンチにも入れていなかったGK岡本は長谷部監督になってベンチ入りするようになり、今年初先発となっています。

他は変わらず、エウトン、船山のFW、町田、菅嶋の両サイドハーフ、アランダ、長澤のボランチ、比嘉さん、丹羽の両SB、大久保の相方には若狭がCBとして入っています。ベンチにリオ帰り(サポートメンバー)のオナイウ阿道が入っています。

 

 

前半

天皇杯1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校 前半の円陣ダッシュの写真

やはり大学生相手に、ほぼ本気のメンバーと言うこともあって前半から押し込んでいきます。エウトンと船山の裏抜け狙いとポストプレーに町田や菅嶋が絡んでいくのが基本なのでしょう。やはり運動量がある町田が高い位置で裏を狙ったり、中に絞ってパスを受けようとしたりするので、比嘉さんが高い位置を取ることが出来ています。そのフォローとしてアランダがカバーとビルドアップに参加したりすることが多いですね。

幾つかチャンスを作ってはいますが、最後に決めきれません。すると、ちょっとナメたプレーと言うか、慎重さに欠けるプレーでボールを奪われてしまうと言ったことがありました。

 

天皇杯1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校 エウトンの先制ゴールの写真

とは言うても、力の差は歴然としているので、25分に船山の裏抜けから中央のエウトンにグラウンダーのクロスを上げるとエウトンが流しこんで先制します。その後もチャンスがありましたが、北海道教育大学岩見沢校はGKを中心として、4−1−4−1のような、4-3-3のようなところから前からプレスをしつつも最後まで諦めずに守って前半を終了します。

 

後半

天皇杯1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校 後半の円陣ダッシュの写真

後半開始でメンバーチェンジはありません。このまま連携を深める作業にとりかかるのでしょう。

 

天皇杯1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校 エウトンの2点目の写真

55分、左サイドで長澤、町田、比嘉とパスワークでタメを作っていた所に比嘉が縦に走っていた船山にパスを出すと抜けだしてクロス、それを菅嶋が折り返すと難しい浮き球をエウトンがダイレクトで決めて追加点となります。エウトンはあのボールをあの体勢で決めれるってのがやっぱ凄いですね。

 

天皇杯1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校 丹羽選手のゴールの写真

余裕を持ったのか、足にテーピングを巻いている町田に変えて井出が入ります。直後の60分、同じく左サイドで長澤、井出、エウトンのパスワークで崩すと一度は弾かれますが拾ったアランダが逆サイドの丹羽にサイドチェンジのパスをすると、これを左足で巻いたシュートを狙いすまして打つと決まって3−0で試合が決まります。

 

天皇杯1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校 エウトンの3点目の写真

63分、今年フィールドプレイヤーで一番攻守に働いているであろう船山に変えてオナイウ阿道にが入ります。の直後、比嘉のスローインから井出がクロスを上げると、エウトンがワンタッチで相手を置き去りにしてシュートを打つとこれが決まって4−0となります。エウトンがハットトリック達成の瞬間ですね。

 

天皇杯1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校 エウトンの4点目の写真

さて、定番になるのでしょうか、今日は少し早めですが、72分に試合終盤に菅嶋が交代で、北爪が入ります。そして、76分に井出と長澤のパス交換から、井出が無茶振りなサイドチェンジのパスを北爪に出すと、ラインギリギリのところ破れかぶれ気味にダイレクトで中に折り返すと、競り合ったエウトンは身体を上手いこと使ってヘディングシュートを決めて5−0となります。

 

この後は少しなあなあな展開になります。町田、船山が居ないとチャンスメイクがおざなりと言うか、雑になる傾向があるのでしょうかね、北爪一辺倒になったり、オナイウの勢いに任せたりとなっている感じがします。アシストや起点になっていた井出も最後の方はちょっと不満の残る出来だったかもしれません。もう一皮向けて欲しいところではあります。

 

感想

天皇杯1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校 試合終了後の挨拶の写真

北海道教育大学岩見沢校はよく戦えていたと思います。勇気を持って前線からプレスをしていましたし、ダメであればリトリートしていました。ディフェンスラインがジェフよりも高く設定されていたのも驚きでした。

 

天皇杯1回戦 ジェフ千葉 VS 北海道教育大学岩見沢校 エウトンの俺たちジェフの写真

大爆発のエウトン、試合後は岡本に「俺達ジェフ」を仕込まれて実践。本当にエウトンの身体能力と言うか、どこから足や頭が伸びてくるのかわからない動きと言うのは凄いなと思いますね。予測不可能なシュートの打ち方をしてきます。

 

 

molten(モルテン) サッカーボール 天皇杯 試合球 F5E5000 ホワイト×ピンク 5号

molten(モルテン) サッカーボール 天皇杯 試合球 F5E5000 ホワイト×ピンク 5号

 
笑えるJリーグあるあるコレクション

笑えるJリーグあるあるコレクション

 

 

関連記事