読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

フラレてヤケになって高尾山に登る「高尾の天狗と脱・ハイヒール」と言う漫画を読みました

エンタメ エンタメ-漫画 アウトドア アウトドア-山登り

高尾山は世界一登山者数が多いらしいですね。まぁ、人口世界一の都市である東京の近郊にあって、気軽なレジャー気分で登れる山なので当然といえば当然なのかもしれません。1回だけ紅葉の季節に登った事があるのですが、そりゃもう、人人人でした。手に書いて飲みたいくらい。

 

先日読んだ、山と食欲と私がわりとガチ方面の山登りと食事の漫画だったわけですが、一方のこの高尾の天狗と脱・ハイヒールはユル方面の山登りと食事の漫画ですね。4コマと言うこともあって脱力感強めだと思います。日常系と言いますかね。

 

わがまま過ぎて彼氏にフラれた30過ぎのOLが、ヤケになって仕事帰りにハイヒールで高尾山に登ってみたら、天狗の子供に出会ってハマる。毎週のように登るようになって、ハイヒールからも卒業すると言った感じの漫画です。現在、2巻まで出ているのですが、登った山と言えば、高尾山と奥高尾の景信山だけなんですよね。毎週の様に高尾に行って、ストーリーの中でも2年位経過しているにも関わらず。まぁ、それほどまでにグルメなどが充実しているって事なんですね。夏はビアガーデンもあるし、とろろ蕎麦は旨いし、温泉も出来たし。

 

自転車に乗って高尾山口駅まで行って、登ってみようかなと言う気になって来ます。ダイヤモンド富士や、陣場山までの縦走ルートは魅力的ですね。真夏は標高がそんなに高くないので暑くて大変そうですが。

 

るるぶ高尾山 (国内シリーズ)

るるぶ高尾山 (国内シリーズ)

 
しんぷる登山地図 高尾山 (PHP電子)

しんぷる登山地図 高尾山 (PHP電子)

 

 

関連記事