読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

ゲテモノ食いのくたびれ儲け「桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?」という漫画を読みました

エンタメ エンタメ-漫画 料理

桐谷さんと言えば誰を思い出すでしょうか?月曜から夜ふかし好きや投資家の方であれば、株主優待を使い切るために自転車で爆走するもと棋士の桐谷さんでしょうか?ジェフ千葉サポーターの方であればモデルの桐谷美玲さんでしょうか?ゲテモノ食いの間では桐谷翔子さんなのかもしれません。

 

このブログを料理カテゴリに入れるのはどうかと思うのですが、ダンジョン飯よりはまだ理解できうる範囲かなと思います。ニコニコ動画の自然カテゴリの動画をよく見ているのですが、その中で最も有名な人といえばご存知カメ五郎さんだと思います。自給自足生活や狩猟生活、自然を食べようなどの動画で、カエルや蛇、ムカデなどを食べてサバイバル的な動画をアップしている方です。

 

この漫画、最初の数話ではカメ五郎さんが食べてたものをトレースしている感じで、元ネタなのかな?と思ってしまうほどでした。実際は著者の父親が島根生まれ島根育ちの野生児で、父親から色々とネタを仕入れているだけのようでした。ちょっと残念。

 

漫画の内容としては、小さな頃から食に対しての興味・好奇心が間違った方向に旺盛だった桐谷さんが、兄の幼馴染の理科教師の男性が努めている高校に入学、女子高生になって理科室を舞台にゲテモノの類を料理して食べると言う感じのお話です。かなりぶっ飛んだ女子高生の桐谷さんがゲテモノに対する興味津々な様子が怖恐ろしく、表情が妖艶で、変態だっ!!

 

と、まぁ、実際にこの漫画を参考にゲテモノを食べてみよう!と言う奇特な方は多くはないとは思いますが、将来、天災などで食料に困ったときや、ウォーキング・デッドのようにゾンビに追われながらキャンプ生活をするようになったときのために読んでみてはどうでしょうか。正直、読む人を選ぶ作品かもしれませんが。

 

なかなか決意できませんが、いつかは自給自足的キャンプもしてみたいですね。ちょっとムカデは食べる気がしませんが。カエルや蛇くらいなら食べても良いかなと思ってます。まあ、蛇は捕獲が難点なんですけどね。

 

ちなみに、沖縄でヤギの睾丸の刺し身を食べたのですが、共食い感があって、股間がゾワゾワして、駄目な感じでした。

 

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? : 1 (アクションコミックス)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? : 1 (アクションコミックス)

 
Fielder vol.21 大特集:森の恵み (SAKURA・MOOK 88)

Fielder vol.21 大特集:森の恵み (SAKURA・MOOK 88)

 

 

関連記事