読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

明治安田生命J2リーグ2016 第35節 ジェフ千葉 VS 京都サンガF.C.を見てきました

J2 第35節 千葉 VS 京都 試合前のフクアリの写真

なんやかんやあって、サッカー観戦も久しぶりで、天皇杯2回戦以来でした。ここからジェフ千葉は調子をイマイチ落としていて、山口、東京Vと2戦連続で引き分け、その後天皇杯三回戦で川崎に延長の末敗れた後の前節、群馬戦も敗れています。川崎はともかく、勝ちきれない状況で迎えた京都は昇格ライバルで現在6位で勝てばプレーオフの可能性が復活しますが、負ければ終了と言うデスマッチ状態です。

 

 

前半

J2 第35節 千葉 VS 京都 前半の円陣ダッシュの写真

スタメンで大きなところは、長谷部監督になってセンターバックのレギュラーを確保していた若狭が外れてイ・ジュヨンが先発になり、コンディションが上がらず比嘉さんにポジションを奪われていた阿部が左サイドバックに入っています。また、怪我から復帰したアランダが先発で、冨澤とボランチを組んで、長澤が左サイドで他はいつものメンバーです。町田がベンチにも入っていないのは出場停止かな?と思ったのですが、怪我なのでしょうかね。

 

J2 第35節 千葉 VS 京都 堀米選手の先制ゴールの写真

試合の方は立ち上がり、長澤のオープニングシュートで気合が入っているかな?と思った直後の前半2分、まだ試合が落ち着かない段階でボールをカットされると縦に出されて簡単に中に入れられると京都の堀米選手にシュートを打たれて失点します。この瞬間ピリッとせず、簡単にやられたなぁという印象です。僕も油断していてカメラが間に合ってませんが、選手も油断していた感じでした。ここまで早い失点はゲームプラン的にも痛かったでしょうね。

 

J2 第35節 千葉 VS 京都 エウトン選手のオフサイドの写真

早いうちに追いついておきたいジェフは、コーナーキックからのこぼれ球を拾って、船山選手が上げたクロスにエウトンが頭で合わせてネットを揺らすも、オフサイドの判定。これはクロス上がった瞬間にカメラの奥でオフサイド位置に居たエウトン選手が写ってました。

 

その後、ジェフはボールを保持するシーンが多くなりますが、カウンター戦術がメインなので、なかなか攻撃を作れません。そうこうしているうちに、なんでもないシーンでのアランダ選手のヘッドのバックパスのミスからボールを奪われて、キーパーもかわされて追加点を奪われてしまいます。あー、何でもないようなことが幸せだったので、シャッターチャンスは見事に逃しております。アランダ選手はこういうミスをする選手なので、どのチームにおかれましても、強奪などしないで頂きたいと思います(普段は素晴らしいのですが、冗談ではなくわりとやらかしもします)。今回は試合感と言うか、コンディションの問題もあったのでしょうか。

 

J2 第35節 千葉 VS 京都 菅嶋選手のシュートの写真

この失点後はさらに京都に持たされるシーンが多くなってきます。一見すると攻め込んでいるようにも感じますし、コーナーキックも多かったので押し気味と錯覚しがちですが、明らかに持たされている、持たしても怖くないと思われている感じでした。そして、そのまま前半が終わります。

 

後半

J2 第35節 千葉 VS 京都 後半の円陣ダッシュの写真

後半開始から、冨澤選手に変えて井出選手を左サイドに入れて、長澤選手を左サイドからいつものボランチに戻しています。

 

J2 第35節 千葉 VS 京都 井出選手のドリブルの写真

試合展開としては、反撃の狼煙をあげるためにも点が欲しいジェフが前掛かりになるのに対して、リードしている京都はカウンターを狙う展開になります。ジェフとしては最もやりたい攻撃を逆にやられている状況ですね。

 

J2 第35節 千葉 VS 京都 エスクデロ・セルヒオ選手のシュートの写真

ボールを持たされている時の攻撃はやっぱり課題でしょう。さらに動いてスペースを作ったり狙ったりする町田選手が居ない事で、ただボールが来るのを待っているだけと言う状況が続きます。続くと必然的にカウンターを受けるので、エスクデロ・セルヒオ選手に2度ほどシュートを打たれます。

 

J2 第35節 千葉 VS 京都 ダニエル・ロビーニョ選手のPKの写真

後半19分にはペナルティエリア内でイ・ジュヨン選手が相手を引き倒してPKの判定。こりゃ完全に手が出てたので言い訳無用のPKでしてたね。これをダニエル・ロビーニョ選手が決めて万事休す。この試合以外に今シーズンが終了したと言ってもいいゴールでした。

 

J2 第35節 千葉 VS 京都 北爪選手のドリブルの写真

その後、北爪選手、吉田眞紀人選手を入れて攻撃に手を加えますが、得点を奪うことが出来ずにこもまま試合終了、プレーオフ出場の目はほぼ消えてしまいました。

 

感想

J2 第35節 千葉 VS 京都 佐藤健太郎選手のボールキープの写真

恩返し弾はなかったけど、途中出場のサトケンはやっぱ嫌だったなぁ。負けている状況だからなおさらだ。北爪選手とマッチアップの機会が多かったけど、ほぼ抑え込まれてたからね。

 

J2 第35節 千葉 VS 京都 古巣選手との挨拶の写真

昇格の目はほぼなくなったわけですが、降格の目もほぼないわけです。とは言え、終わったわけではありませんし、チームが消滅してしまうわけでもありません。来シーズンに向けてどうすれば良くなるのかを考えて残りのシーズンを消化していって欲しいところですね。

 

J2 第35節 千葉 VS 京都 試合後のフクアリの写真

悔しい気持ち、ムカつく気持ち、イラつく気持ちもあるでしょう。好きだからこそだと思います。が、それはサポーターよりも選手が一番感じている事でしょう。選手に当たり散らしたり、説教したところで強くなったりはしません。

選手たちは次に備えてコンディションを整えなくてはならないので、ほどほどにしておくのがよろしいかと思いますよ。消して物を投げ込んだりしないようにしましょう。出入り禁止になってもお互い不幸ですから。

 

おまけ

J2 第35節 千葉 VS 京都 公式写真を撮るカメラマンの写真

公式写真を撮るカメラマンが目の前に居たので激写しておきました。いつもファン・サポーターの皆さんにリアルを届けて頂いてありがとうございます。

 

 

京都サンガF.C.あるある

京都サンガF.C.あるある

  • 作者: 武田賢宗,雨堤俊祐,和田りつ子,なかむらみつのり
  • 出版社/メーカー: ティー・オーエンタテインメント
  • 発売日: 2014/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)

怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)

 

 

関連記事