読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

昔々あるところの冒険活劇「勇者ヨシヒコと導かれし七人」第8話を見ました

美人すぎる○○はあんまり美人じゃないことが多いですね。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 


【ドラマ24】勇者ヨシヒコと導かれし七人【第8話】

 

なまはげが何で怒っているかと言うと、たぶんネーミングが不満なんだと思う。なまはげて。生のハゲて。 鬼とはどう違うの?鬼じゃダメなの?退治されたの?誰に?秋田の鬼は誰が退治したのか、この謎はおよそ14分後に解けます。

 

さて、前回はミュージカル条例発令中のミュジコの村で6つ目の玉をゲットした勇者ヨシヒコ御一行。勇者ヨシヒコシリーズは過去、第8話で必ずダーマ神社に来ているわけで、本シリーズでもダーマ神社に来ました。勇者は転職できないんじゃなかったっけって言うツッコミが今回は入らず、上位職なのかはわからないけれどパラディンと書こうとして邪魔が入って、犬になってしまいます。

 

犬となったヨシヒコ(以降、犬と表記)は、ヨシヒコそっくりな桃太郎(山田孝之が演じている)に出会います。きびだんごを与えられた犬は桃太郎と一緒に猿とキジを仲間にしつつ鬼退治へと出かけますが、ちょっと心もとないので、他にも仲間を加えようとします。

 

一方、ヨシヒコとはぐれてしまった他のメンバーはバトルマスターとなったダンジョー、賢者となったメレブ、魔法使い(以前のシリーズでも魔法使いになったんだけど・・・)になったムラサキ達はバボルの村に到着し宿屋でヨシヒコを待つことに。遊び人レベル99からスーパースターに転職てウザさに磨きがかかったPJことポンジ(第1シリーズでのダーマ神社回でも出演)が登場します。

 

バボルの村では何やら催し物が行われており、商品はなんと、紫色の玉。これをゲットしたいPJ達は催し物に参加することになります。催し物を主催している村長(山下真司)は泣き虫先生でおなじみスクールウォーズの、「今からお前達を殴る!」を実践します。イソップ。殴られたはずみでメレブは新しい呪文を覚えるのだが、これが「ヒャダイン」ですが、氷の力はなく、アイドルとかに楽曲を提供出来る京大卒の人のことです。最終的に、玉が欲しければ鬼を倒してこいと言うことになります。

 

そこで、桃太郎with犬御一行とポンジ御一行が合流。桃太郎御一行は犬、猿、雉だけでなく、金太郎と浦島太郎のauチームと、犬をお父さんと呼ぶ黒人男性のソフトバンクチームまで仲間にしていて収集がつかなくなります。

 

収集がつかなくなると、勇者ヨシヒコシリーズでは軽くすっ飛ばして(なんやかんやあって大作戦)しまいます。すっ飛ばして鬼を退治したことになって、7つ目の玉をゲットするのですが、どうもこの玉は偽物らしいことが判明して8話を終えます。ダーマ神社まで来ると終盤の始まりって感じがしますね。

 

秋田の鬼を退治したのは勇者ヨシヒコです。

 

 

 

関連記事