二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

学園ドラマもある冒険活劇「勇者ヨシヒコと導かれし七人」第9話を見ました

仏の12話まであるというメタ情報つき。 

 

www.tv-tokyo.co.jp

 


【ドラマ24】勇者ヨシヒコと導かれし七人【第9話】

 

学園恋愛ドラマとかにはあんまり興味を持たないで育ったわけですが、そもそも学園じゃなくても恋愛ドラマには興味が無かったですね。そして、あんまりアイドルにも興味が無いです。

 

さて、前回は毎シーズン恒例のダーマ神社で転職騒ぎの後に鬼退治をして玉(オーブ)をゲットしたと思ったけど、全12話のうち8話で全部揃えたらお話終わっちゃうじゃない。仏の総集編とかしないといけないじゃない。と言うわけで、偽物のオーブだった勇者ヨシヒコと仲間たち。今回はキャパスの村と言う、一見学校のキャンパスのような村にやってきます。と言うか学校です。学園です。

 

まずは、かつては仏であったけれどキャパスの村の村長(校長)に天下りしてきた蛭子能収に事情を聞きますところ、なかなかの奥手の女子高生がオーブを持っているのだが、身体の中にオーブを持っていて、取り出すには恋に落とさなくてはならないと言う難題にヨシヒコ一行は難儀します。トゥキだからー。

 

転校してきたヨシヒコに惚れさすていでがんばるのですが、なかなか反応がよろしくない。そこに恋のライバルのアルフレッドが出現し、ますます追い込まれるヨシヒコ。話の流れで廃校になりそうな学校を救うためにアイドルになる!を目指す女子高生。どんどんどん、ドン・キホーテ。

 

ヨシヒコは応援団という名のヲタ芸を披露するだけの人になって、口説き落とそうとするも失敗。ないない、100%無い状態。一方ライバルのアルフレッドとはちょっといい仲になり気味で先行を許していまいます。ヤバイヨヤバイヨー。

 

村長であるところの蛭子さんに助けを求めると、キャラ変レバーと言うものを使って、キャラを変えてギャップ萌えさえてからの、壁ドンでケリをつける作戦、すなわち、アメとムチと壁ドン作戦を提案される。レバーをS側に引くとオラオラキャラになったヨシヒコはアイドル候補生達に楽曲提供をダシに、3回まわってワンをさせたり、焼きそばパンを買いに行かせたり、壁ドンさせたりして女子高生のハートを鷲掴み。

 

最終的にはライバルにフルボッコにされた事にして、心配させてからの告白でオーブをゲットすることになるのでした。チャンチャン。チャン・ドンゴン。

 

あー、何というか、今回は非常にイマイチだったかなと思います。蛭子さんは良かった。他はちょっと、あんま面白くなかった。あまりにも面白くなかったので、大好きな脱線ブログにならずにストーリーをなぞるだけになってしまったよ。

 

大川陽介さんでも出しておけばよかったと思います。

 

 

 

関連記事