読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

今最もドラクエっぽい冒険活劇「勇者ヨシヒコと導かれし七人」第11話を見ました

エンタメ エンタメ-ドラマ

ハンズフリーのメガネに進化した。普通じゃん!

 

www.tv-tokyo.co.jp

 


【ドラマ24】勇者ヨシヒコと導かれし七人【第11話】

 

ドラゴンクエストにておいて賢者の石と言えば味方全員の体力を中程度回復するアイテムとして知られていて使っても壊れたりしないので回復し放題でいけるので大変重宝するアイテムだと思います。奇跡の剣と言う攻撃しながら回復できる武器もあって、洗濯バサミでコントローラーのボタンを押したまま無限マドハンドでレベル上げと言うことも出来るのですが、たまにゴーレム2匹になって無限マドハンドに失敗することがあります。

 

さて、前回の第10話では小堺一機アワーを堪能しつつ天空の城を飛ばして魔王の城の前まで来ました。前作、前々作では魔王が居そうにもなかったところに魔王が居たりもしましたが、今作の魔王の城はちゃんと魔王が居そうなロケーションとなっております。何でも、仏が申すには、魔王を倒すためには7つの玉以外に3つのアイテムが必要になるようで、今回はその3つのアイテムを集めるための冒険となっておりますよ。

 

別にドラクエに限ったことではありませんが、何故魔王達はラストダンジョンに自身を倒すための武器やらアイテムやらを置いておくのでしょうか。何と言うご都合主義なのでしょうか!!

 

1つ目のアイテムは賢者の石(ハリー・ポッター)。特に探すと言う作業をせずにあっという間に賢者の石は見つかり、ミミックとかと戦うこともなくゲット。賢者の石はムラサキに持たせることによって呪文を全て覚えられる効能を持つ(メレブが使える使えない呪文を除く)が、メレブが持つと壊れる。壊れても効能は消えない。

 

2つ目のアイテムは炎の刃。滑る床によって行く道が遮られているが、おバカなヨシヒコは考えなしに突っ込んでくるんくるんしながら目が回る。続いて5体の火を噴く石像が宝箱を守っており、おバカなヨシヒコはそのまま突っ込んで火を浴びて死ぬが、賢者の石でザオリクを覚えたムラサキに生き返らせてもらう。出来たての小籠包をまるごと一気食い出来るくらい熱さに強いダンジョーも突っ込んで死ぬが生き返る。で、都合の良いことに5個のトンはあるであろう岩がこれ見よがしに置いてあるので、石像の前に移動させて防いで取ろうとするが、岩を押し込み過ぎて死亡、ザオリク。でも結局ミミック。

 

ザオリクの唱えすぎでMP切れを起こしたムラサキを回復させようとしているところに都合よく宿屋がある。ここには湯婆婆似の徹子が居て、名前を短くされちゃうと心配するメレブをよそに、芸人には厳しい徹子の部屋で今までの苦労話をする羽目になる。

 

宿屋を出たヨシヒコ一行は宝箱を発見するも毒の沼地の強化バージョンでHPを15くらい削られるダメージを受ける床に守られている。ヨシヒコは2歩歩いただけで瀕死になり、次の一歩で死ぬと思われるので、ムラサキのリレミトで切り抜けようとするも不思議な力によってかき消されてしまう。それならばとルーラで脱出しようとすると天井に頭をぶつけて落ちてきてしまうが、その落ちたところってダメージの床だからヨシヒコ死ぬ。

 

結局死んだヨシヒコの棺桶の上を通って炎の刃をゲット、炎の刃を装備すると剣の威力が上がるのでダンジョーが装備。

 

3つ目のアイテムはトドメの剣。守り神のじばにゃんが取られないように守っていて、じばにゃん凄い強い。でもすごい飽きっぽいのでにゃーげーびーを見に職場放棄したので、トドメの剣をゲット。魔王にトドメを刺すための剣ではあるが、ちっちゃすぎねーかね?

 

そんなこんなで、次回が最終回です。楽しみですね。

 

パシフィコーー!!

 

 

伝説の書III「勇者ヨシヒコと導かれし七人」

伝説の書III「勇者ヨシヒコと導かれし七人」

 
妖怪ウォッチ DXぬいぐるみだニャン ジバニャン

妖怪ウォッチ DXぬいぐるみだニャン ジバニャン

 

 

関連記事