読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

薫香芳しい漫画「いぶり暮らし」を読みました

暖かい時期にキャンプに行くと炭火でお肉や釣った魚を焼いたりしますが、予め準備していた食材を燻製器に入れて燻製を作るのも良いと思うんですよ。ちょっと時間はかかりますが、お酒を飲みながら自然を満喫するのに最適ですね。だいたいソーセージや6Pチーズ、ゆで卵、セブンイレブンのサラダチキンなどをやるのが簡単です。

 

一方、自宅ででもこの燻製を楽しみたいと言う欲求もあるのですが、都内に住んでいると煙の行く先が気になってしまうので、実際にやったことはありません。キャンプ道具の燻製器ではなくて、家庭で使う用のものであれば問題ないのかもしれません。

 

さて、この「いぶり暮らし」は数ある料理・グルメ漫画の中でも燻製に特化した料理漫画となっています。舞台はカフェ店長の頼子とゲームセンターでバイトの巡の同棲中のカップルの一軒家と言うことになります。休みが合うのが週に1度と言うことで、その休みを有意義に過ごすために燻製をするってな話で、親兄弟や友達などを巻き込んでいったりします。

 

物語中で作られる燻製の数々はとても美味しそうです(小並感)。塩や胡椒などの調味料を燻して、家庭用の設備では燻製に出来ない素材に香り付けをしたり、コーヒー豆を燻してみたりと色々とアイデアがあって、なるほどなと関心しますね。バットや茶こしなどを使って工夫する面でも色々と勉強になりました。中でも牡蠣の燻製のオイル漬けが一番そそられましたね。

 

燻製の話もいいのですけれども、頼子と巡の人間関係と言いますか、同棲や結婚などでの共同生活でのあるある話とか、改善方法などもリアリティがあってとても良いなぁと思います。相手が何を考えているのかとか何を欲しているのかとか、自分が本当は何を望んでいるのかとかとか、どういった心持ちで接するのが良いのかなぁとか、人には個性あるよなぁとかの描写とかが素晴らしいなと思うわけですよね。そして、美味いもんを一緒に食べるって言うのが幸せの第一歩なんだなと思います。

 

家での燻製にもチャレンジしたい気持ちが高まったけれども、この人達毎週の様に燻製しているけど、部屋とか臭くならないのかなと気になるところではありますね。

 

[まとめ買い] いぶり暮らし
 
燻製の基本

燻製の基本

 
トーセラム鍋 お手軽燻製鍋 スモークチップ5袋入り TSP/PN-31D5

トーセラム鍋 お手軽燻製鍋 スモークチップ5袋入り TSP/PN-31D5

 

 

関連記事