読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

忘却と言うより取り戻す行為だ「忘却のサチコ」という漫画を読みました

食べ物系の漫画は数あるのですが、作って食べる料理系の漫画と食べる専門のグルメ系の漫画とに大別できるのではないかと思います。料理系の漫画は再現料理をしたりする2次的な楽しみがありますし、グルメ系の漫画では「孤独のグルメ」のように実店舗などがあれば聖地巡礼の様に実際に行ってみる楽しみがあるかと思います。「山と食欲と私」とかは聖地巡礼をしつつ再現料理をすると言うような具合で両方楽しめるものもありますね。

 

今回読んだ「忘却のサチコ」はグルメ系の食べ物漫画と言えるでしょう。自身の結婚式の途中に旦那さんに逃げられてしまった佐々木幸子さんは普段は何でも完璧にこなす素晴らしい女性なのですが、ちょっとドライなところがある人物です。きっとドライすぎたこともあって逃げられたのかと思われますし、本人も度々後悔をしています。仕事などは完璧な反面、人間関係に不器用な人って結構いますよね。同性ならば「あー・・・」と思うところですが、異性であればギャップ萌えになるのが面白いとことだと思います。ただし、付き合ったりしている当事者としてはどうかと思ったりもする。

 

ストーリーは、婚約破棄された男性の事なんか意に介してないわ!とは思っていたものの、結構心にダメージを負ってしまった佐々木幸子さんが、たまたま入った定食屋でサバの味噌煮を食べてとても美味しかったと。そんな今までの人生で仕事など効率を重視するあまり目に入っていなかった小さな感動である食事を通すことで、失恋の痛みを忘れる事に感銘を受けて、色々忘れるために食べに食べまくると言うようなお話ですね。

 

出版社の社員であることから取材などで各地に行くのでご当地ネタなどがあるし、美酒乱先生と言う作家先生に気に入られたことで色々と美味しいお店を教えてもらったりしながら、食の楽しみを満喫するといったところでしょう。

 

仕事は完璧だけどプライベートにどこか抜けているところがある女性と云うのはギャップ萌えの要素があってとても魅力的に映ります。ただでさえビジュアル的にもいい感じな佐々木幸子さんの漫画の表紙もまたインパクトを与えてくれていい感じですよね。個人的にものすごく大好物な感じの人物設定だし、物語だと思います。

 

アニメ化、ドラマなどの実写化などしても絶対に映える内容だと思います。個人的にここまで絶賛することもあまりないのですが、とてもとても好きな作品で皆さんも楽しんで貰えたらいいなぁと思います。幸子さんかわいい、抱きしめたい。

 

6巻の最後から7巻冒頭にかけてドキッとして切なくなりました。ちなみに22日に8巻が発売されました。俺氏大絶賛なわけです。失恋を忘れる忘却と言うよりは、今まで気にもしてなかった食べる喜びを取り戻すような作品なのだと思います。

 

高尾の天狗と脱・ハイヒール」とか、「肉女のススメ」 とか失恋したりで始まる物語は結構定番ですよね。人生の転機としては丁度よいイベントだからなのかなと思いますが、ワンパターンだなとも思わなくもない諸刃の剣であることは間違いないと思います。

 

忘却のサチコ 1 (ビッグコミックス)

忘却のサチコ 1 (ビッグコミックス)

 
三十路飯 (ビッグコミックス)

三十路飯 (ビッグコミックス)

 

 

関連記事