二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」と言う映画を観てきました

スターウォーズは旧三部作の3、つまりエピソード6が一番すきです。アイーヤー!と言いながらずんぐりむっくりした毛むくじゃらのキャラクターがターザンロープで体当たりかますシーンとか最高ですよね。あと、今見直すとだいぶチープなのが旧三部作のとても良いところでノスタルジーがあると思います。

 

ローグワンは本流とは異なるサイドストーリーであると言うことの前提知識だけを持って観たのですが、面白くて観てよかったなと思います。時代背景としては、エピソード4の手前の話ですね。帝国の新兵器のデス・スターを倒すのがエピソード4だったのですが、デス・スターには弱点があってそこを突いて勝利したのです。で、ローグワンはその弱点を突き止めるお話になっていて、本編物語との繋がりもあってワクワク出来る内容です。

 

オープニングあたりはちょっとイマイチかも?とは思ったのですよ。ストーリーの展開的には必要なのですけれども、隠れてろとか逃げろって言われているのに無闇に出てきてしまう人物って好きじゃないんですよね。何故ならば、ムカつくから。とは言え、そこからの展開は面白かったし、最後はコイツら全員死ぬんだろうなと思いながらもドキドキハラハラな展開が繰り広げられるのは大興奮間違い無しなんじゃないかなと思います。また、彼女らがミッションを成功しつつも倒れてしまうから本編との矛盾も少なくて済みそうかなとも思うわけですよね。ま、実は双子が居たとか言う設定にならなければですけれどもね。

 

正直、エピソード7が期待はずれだったので、今回もあんまり期待してなかったけれども、いい意味で期待を裏切ってくれて良かったなぁと思う次第であります。

 

どうでもいいけど、同じ弱点を持ったままエピソード5・6でデス・スターを作り直したりするのはちょっと頭おかしいと思います。ローグワンを観るまでは弱点がバレたことを気がつかないと言うことも考えられるかなと思いましたが、明らかにデータ取られて弱点狙われているのに同じもの作り直すってナンセンスの塊だと思うわけです。

 

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定)

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定)

 
スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定)

スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー DVD-BOX<3枚組> (初回生産限定)

 

 

関連記事