読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

明治安田生命J2リーグ2017 第2節 ジェフ千葉 VS モンテディオ山形を見てきました

J2 第2節 千葉 VS 山形 フラッグの写真

メガ☆チカ! 目が醒めるようないい試合を期待したいところですが、目に飛び込んできたのは目がチカチカするような今年のホームユニフォームでした。なかなか斬新だと思いますが、慣れるのかしら?さてホーム開幕戦はモンテディオ山形を迎え撃ちます。

 

J2 第2節 千葉 VS 山形 前半の円陣ダッシュの写真

先発メンバーは前節の町田ゼルビア戦から清武選手が外れまして、ラリベイ選手が入る以外は同じです。ベンチ入りメンバーは新人の溝渕選手、熊谷選手、菅嶋選手が入ってます。エスナイデル監督は結構若手選手が好きなのかもしれないですが、ハイラインにするために運動量の計算できる若い選手じゃないとダメなのかも知れませんね。

 

J2 第2節 千葉 VS 山形 ラリベイ選手と町田選手のカウンターシュートの写真

前半から割りとハイラインとハイプレスで押せ押せでしたが、チャンスはそれなりに作るものの決めきれずに終わってしまいます。高橋選手がエリア内で粘って上げたクロスにはラリベイ選手と町田選手が被ってしまい、漫画「シュート」のカウンターシュートみたいになってます。結局町田選手は空振りで、その後のこぼれ球をラリベイ選手がボレーを打つもキーパーの正面でセーブされていまいます。

 

J2 第2節 千葉 VS 山形 町田選手のシュートの写真

こちらも町田選手のシュートシーンですが、本田選手にブロックされてしまいました。ボールを保持できていたし、チャンスにもなっていたと思うのですが決めきれずに前半を終えてしまいます。このハイリスクなライン取りでコンパクトにしてプレスをするサッカーだと体力の消耗が激しいので前半で2点くらい取っておかないとおっかなくてしょうがないと思います。まぁ、ハラハラしててそれはそれで楽しいのですけれどもね。

 

J2 第2節 千葉 VS 山形 後半の円陣ダッシュの写真

後半なのですがサリナス選手、高橋選手のプレスを掻い潜られると西野選手が食いつき過ぎて身体を入れ替えられてサイドをえぐられてマイナスのグラウンダーのクロスを入れられ、ワンタッチでラストパスを出されると坂野選手に押し込まれて先制を許してしまいます。西野選手は高さは魅力的ですが後半になるとあからさまにパフォーマンスが落ちてくる感じでちょっと怖いかも知れません。今日はフル出場でしたが、足をつることもあるので、交代枠的なところでも怖さがありますね。あーわーうーと言っている間に失点してしまったので写真は撮り逃しました。

 

J2 第2節 千葉 VS 山形 ラリベイ選手のPK獲得シーンの写真

高橋選手に変えて熊谷選手を入れて圧力をかけようとします。身長の割にハイボールの競り合いは得意そうではないラリベイ選手ですが、意外に裏抜けやボールタッチがうまいですね。それでペナルティーエリアで本田選手が不用意に足を引っ掛けてPKゲットだぜ!

 

J2 第2節 千葉 VS 山形 船山選手のPKの写真

PKキッカーは船山選手。ニューイヤーカップでもPKを蹴って外してたし、決定力意外は何でも出来るマンの船山選手のPKに嫌な感じしかしなかったのですが、成田の漢は冷静にGKの動きを見極めて決めて同点に追いつきます。

 

J2 第2節 千葉 VS 山形 ボールを追うサリーナス選手の写真

縦への仕掛けが素晴らしいサリナス選手、今日も元気にスピードにノッてました。町田選手からのパスが多かったのですが、今日はちょっと息があってなかった感がありましたかね。何度かパスが繋がらないシーンが見受けられました。

 

J2 第2節 千葉 VS 山形 ラリベイ選手のドリブルの写真

本田選手はラリベイ選手に手を焼いたんじゃないかなと思います。このシーンのボールタッチは秀逸でしたね。あの長い足で器用にボールをクイックイッとする姿には惚れ惚れしました。

 

J2 第2節 千葉 VS 山形 ラリベイ選手のシュートの写真

その後のシュートはGKの正面でしたが、ラリベイ選手も決定力には難があったりするのでしょうか。それともジェフに入るとそうなってしまうのでしょうか。

 

J2 第2節 千葉 VS 山形 佐藤優也選手のビッグセーブの写真

疲れが顕著になった後半にはやはりカウンターが発動しますが、GK佐藤優也選手がビッグセーブ。この日は苦手のハイボールも安定してて良かったですし、他にいい飛び出しでピンチを事前に防いでくれいてた引き分けの立役者だったと思います。個人的には佐藤優也選手の走行距離ってどれくらいなんだろう?って思ってます。

 

J2 第2節 千葉 VS 山形 熊谷選手のシュートの写真

熊谷選手が今シーズン初出場でした。怪我で出遅れていたわけですが、フィジカル的な所が魅力的でしたね。後半の清武選手と熊谷選手のフィジカルゴリゴリなところも結構胸熱になりました。点を取らなければいけないところからの出場で難しかったと思います。サリナス選手と西野選手のところを狙われてたので、サイドの選手を入れてサリナス選手を前に出したりするのかなとか思いましたが。

 

山形はコーナーキックの時の守備で前に3枚残していたり、セットプレー時にわざと2枚をオフサイドポジションに人を置いて、2列目の選手の飛び出しからの折り返しを狙ったりと色々とジェフのハイライン対策みたいなのをしてきましたね。ただ、思った以上に崩されないなぁと言う印象です。やっぱりちばぎんカップで戦った柏レイソルなどのJ1とはレベルが違うからなのでしょうか。

 

 

 

関連記事