読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

山コンで常陸牛「山と食欲と私」4巻を読みました

勝手に2016年に読んだグルメ漫画まとめを作ってランキング形式で紹介したのですが、その中で栄えある1位となった(したんだが)のがこの山と食欲と私でした。山登りというアウトドアな事や、料理と言ったこのブログの自転車以外の趣味が満喫出来る内容となっていてお話も面白いので大好きな漫画なのであります。3月9日の今日、その4巻が発売されましたので、Amazon Kindleさんでポチって読んでみましたよ。

 

山と食欲と私 4巻 (バンチコミックス)

山と食欲と私 4巻 (バンチコミックス)

 

 

好きな登山家はイモトアヤコさんと言う単独登山女子である日々野鮎美さんは27歳のOLさん。そんな鮎美さんが山に登って飯を食うのがこの山と食欲と私という漫画です。4巻では3巻から引き続き涸沢ヒュッテから始まります。体調不良や道中の怪我などは登山に限らずアウトドアな事をしていると割りと遭遇する事だと思います。ロードバイクでロングライドに出かけたけれどもハンガーノックになったり膝が痛くなったりと言うことはあるでしょう。こんな時はやはり無理しないって言うのが良いでしょうし、日程に余裕を持っておくのが大事ですね。鮎美さんも涸沢ヒュッテのベースキャンプでのんびりしながら1日をゆったり過ごしていました。

 

その他は、山ロスと言ういわば休み明けにやる気がちょっと下がってしまう現象のお話だったりとか、街コンみたいな山コンみたいなのに参加したりします。山コンの舞台は筑波山ですね。千葉県の柏市出身の私にはわりと馴染み深いですね。東に筑波 西に富士と言うのは小中学校の校歌とかでは無かったと思うのですが、運動会の応援歌かなんかで聞いたことがあります。オリジナルだったか知りませんけど。小学校の遠足でも登ったりするのが筑波山なのですよね。話が大幅に脱線しましたが、山コンの結果はイマイチでしたが、鮎美さんの人の良さが表現出来ていたしハイキング的な山登りの醍醐味的なところも出ててよかったんじゃないかなと思います。

 

いつか筑波山にはロードバイクで登りたいなと思ってますし、筑波りんりんロードなども走ってみたいなと思います。実家にロードバイクで帰る機会があればチャレンジしてみようと思いますよ。

 

 

あれを食べに、この山に行ってきました

あれを食べに、この山に行ってきました

 

 

関連記事