読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

明治安田生命J2リーグ2017 第5節 湘南ベルマーレ VS ジェフ千葉を見てきました

J2 第5節 湘南 VS 千葉 試合終了後の写真

前節、相手の良さを消すことに定評のある苦手反町監督率いる松本山雅に敗れたジェフ千葉ですが今節はたぶん最強の相手である湘南ベルマーレとアウェイで対戦しました。本当は朝早く起きてロードバイクで会場に向かおうと思っていたのですが、前日夜に色々とやることがあって起きれずに電車で行くことになりましたよ。

 

 

前半

J2 第5節 湘南 VS 千葉 前半のジェフの円陣ダッシュの写真

先発メンバーはCBが多々良選手に変わって今季初先発の若狭選手が入っています。また、熊谷選手が外れてインサイドにサリーナス選手が入り、左WBに今季初先発の比嘉さんが入っています。ツートップはラリベイ選手が外れて清武選手と船山選手の開幕戦コンビとなっています。

 

J2 第5節 湘南 VS 千葉 前半クロスに飛び込むサリーナス選手と比嘉選手の写真

前半キックオフ直後は完全に押し込まれます。今までになかった湘南のプレスにビックリしているのかなかなか押し返す事が出来ません。今季今まで戦ったジェフの相手もジェフのプレスにビックリしてキックオフ直後にビックリしていましたが、こんな感じなんだろうなと思います。それでも徐々に慣れていくと船山選手のクロスにサリーナス選手と比嘉さんが突っ込む感じ、WBがゴールを狙う姿は頼もしいところですよね。

 

J2 第5節 湘南 VS 千葉 清武選手のフリーキックの写真

フリーキックから清武砲をぶっ込むもGKにセーブされます。

 

J2 第5節 湘南 VS 千葉 守る比嘉選手の写真

今季初先発の比嘉さんもイカツイ顔で威嚇しながら激しく上下動をしていて頑張っていたと思います。キムボムヨン選手が加入しましたのでお尻に火がついたと言うことでしょうか、クロスの精度は上がってきた感じがしますね。

 

J2 第5節 湘南 VS 千葉 シュートを狙う山田選手の写真

うちの奥さんがロンドンオリンピック予選の頃から好きな山田選手は運動量が豊富で小さくて童顔だけど熱い選手ですよね。ただ熱い選手なだけに怪我が多いのですが、うちの町田選手も似たようなタイプかも知れません。町田選手の方が少しプレーがスマートかもしれませんが、あまり恵まれないフィジカルで頑張れると言うことで似てるんだと思います。

 

やはり湘南の選手は上手でありまして、ハイラインのジェフを簡単に押し込んで来るとゴールライン際で粘られて高速クロスを上げるとジネイ選手が触ってゴールとなりました。3人で囲んでいたので大丈夫だろうと思って油断した所があったと思います。私もちょっと油断していたので写真が撮れなかったです。ただ、あそこまで囲んだら奪うかクリアするかして欲しかったなと思います。

 

そのまま0-1で前半を折り返します。

 

後半

J2 第5節 湘南 VS 千葉 後半のベルマーレの円陣ダッシュの写真

湘南とは円陣ダッシュなフレンズなので今回は湘南の円陣ダッシュを紹介しておくよ。後半は高卒ルーキー高橋選手に変わって山本真希選手が入ります。町田選手がパスワークでも貢献していたのですが、怪我で欠場となった時にそのタスクを出来るのは山本真希選手くらいなのかなと思ってます。本来は羽生選手とかが町田選手のバックアップになると思っていたのですが、どうなのでしょうかね。

 

J2 第5節 湘南 VS 千葉 サリーナス選手のドリブルの写真

この日のジェフは本当に攻め手が無かった感が強いですね。サリーナス選手も清武選手も割りと単騎で突っ込んでいくタイプの選手なので取られて終わりと言う感じでした。もうちょっとコンビネーション使えないと辛いなという印象です。

 

J2 第5節 湘南 VS 千葉 北爪選手のクロスの写真

唯一と言って良い攻撃の起点となっていたのは北爪選手でした。スピードがあって縦に仕掛けられるだけでなく、周りとのコンビネーションも使えているので唯一可能性があったのでは無いでしょうか。特に後半に山本真希選手が入ってからは二人で攻撃を作っている印象でした。このまま町田選手が戻らなければこの二人をメインに考えてサリーナス選手か清武選手のどちらかは控えに回しておいた方が良いのかなと思います。

 

J2 第5節 湘南 VS 千葉 ゴールを守る佐藤優也選手の写真

リードされた後半は必要以上に前掛かりになるので当然ライン裏を狙われ続けますが、GK佐藤優也選手の裏のケアは非常に優秀だったと思います。近くに居た湘南サポーターからは「斬新!」の声がありましたが、戦術的にそうならざるを得ないところはあるでしょうね。言わば、戦術の犠牲者と言っても良いでしょうが、本人には割りと合っているプレーなのかもしれません。ま、ラストにおもしろプレーも魅せてもらいましたけど。

 

J2 第5節 湘南 VS 千葉 交代を待つ吉田眞紀人選手の写真

致し方ないとは言え、カウンターでラインを突破され、目の覚めるようなゴラッソでエグいシュートを決められ0-2と突き放されると、今季初出場の吉田眞紀人選手が入ります。が、試合を終わらせに入っている湘南相手には難しかったと思います。ゴラッソ過ぎて写真撮れてません。

 

感想

J2 第5節 湘南 VS 千葉 試合終了後の選手の写真

まあまあ、しょうが無いかなと思います。たぶんJ2の中で選手のレベルはもちろんのこと、チームとして完成している湘南相手に歯が立たなかったと言うことですね。湘南に決定力があったらもっとボロボロにヤラれていたと思います。

 

毎度思うことですが、町田選手が居ないとどうもダメなんですよね。鈴木監督のころから個人的には戦術町田と読んでますけれども。就職活動で潤滑油ですって人が居たら採用しないかもしれませんが、町田選手が潤滑油ですって言ったら即採用しちゃいますもの。それだけチームを回せる選手ですし、去年から得点面でも期待できる選手なので怪我で居ないのは非常に痛いところだとおもいます。とは言え、怪我の多い選手でもあるのですが。

 

さて、とっても厳しい相手とのアウェー2連戦も終わり次の京都・徳島とのホーム2連戦で割りと強敵との対戦はしばらくお休みになるかと思います。ここ2試合をきっちりと対応して欲しいなと思います。対戦相手を考えるに、今の勝ち点は悪くないレベルだと、個人的には思っていますので、攻撃を作れるようにしていって貰いたいなと思う次第であります。

 

 

たのしめてるか。 ~湘南ベルマーレ2016フロントの戦い~

たのしめてるか。 ~湘南ベルマーレ2016フロントの戦い~

 
低予算でもなぜ強い? 湘南ベルマーレと日本サッカーの現在地 (光文社新書)
 

 

関連記事