読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

色々何かに似ている「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」と言う映画を観てきました

と言う夢を見たのさ!

 


映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』本予告【HD】2017年3月18日公開

 

若くしてお母さんを事故で亡くした父子家庭の女子高生、森川ココネのお話です。時は2020年、東京オリンピックの直前が舞台で、小さな頃からお父さんのお話で聞いていた冒険ファンタジーの物語の夢を頻繁に見るようになります。この夢から始まる映画なので、一瞬何だこれは?と思うのですが、夢かーい!となって現実に戻ります。

 

お父さんとお母さんとの関係や事故の原因など、色々と判明しつつ、夢の主人公は実はココネではなくお母さんで、お父さんとお母さんの物語だったっていうところでしょうかね。

 

現実世界と夢の世界の両方があって、切り替わったり入り込んだりするのですが、夢の中の世界は色々な作品に影響を受けているのかとか、似ているのかとか思いますね。

 

自動運転されるサイドカー付きのバイクはベイマックスのソレにそっくりだったし、このバイクが格納されていた所はまるでラピュタのロボット兵のようでした。また、ロボット兵が格納されていた部屋から寝室に戻る時の様子もラピュタの冒頭の飛行船から落ちるシーンに似ていたり、ルパン三世の様な身のこなしだったりとまるでパロディーのような印象を受けました。敵の怪物は巨神兵とかデイダラボッチみたいだったし、この巨神兵みたいなのと戦うロボットの姿はエヴァに似ていたりもするんじゃないかなと思います。

 

この手の、何かに似ている現象はまぁよくあることだと思いますし、これでいてパクリだとか言うのも違うと思います。観ている方としては、それはそれで何に影響を受けていたとか考えるのも面白いんじゃないかなと思うわけですし、色々な作品を観ていて知識があるとより楽しめるところなんじゃないかなと思います。ググってみたところ、他にも私の観てない作品に似ているといった話は出てきましたので、そっちの作品にも興味持ったりと好循環になれば良いなと思います。

 

作品自体は普通に面白いものでした。大絶賛で大ヒット間違い無しと言うレベルのものではないかも知れませんが、楽しめる作品ではあると思います。

 

最近は色々なアニメ作品などが流行ると聖地巡礼が行われる傾向があると思います。この「ひるね姫」の舞台は岡山県倉敷市で瀬戸大橋が印象的なのですが、映画館に入場の時にロケ地の情報とかの巡礼マップを配布していたみたいですので、予め狙っているんだろうなという所が興味深いですね。地方の観光地とかからある程度のスポンサー料とか取って地元の景色などを使ってもらうとかって言うのが今後流行っていくのかも知れません。

地方創生とか色々言われているので、こう言った試みはあっても良いんじゃないかなと思います。

 

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」公式ガイドブック

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」公式ガイドブック

 
小説 ひるね姫 ?知らないワタシの物語? (角川文庫)

小説 ひるね姫 ?知らないワタシの物語? (角川文庫)

 
ひるね姫 オリジナルサウンドトラック

ひるね姫 オリジナルサウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ジョン・スチュワート,ZERRY,下村陽子
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/03/15
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

関連記事