二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

ピタゴラスイッチみたいな連続性「CITY」という漫画を読みました

スラマッパギー!どうも、私だ。アニメ「日常」は見てたんだけど漫画の方は読んでなかったね。で、日常を書いている「あらゐけいいち」さんが書いている「CITY」と言う漫画を読みました。

 

相変わらずのあらゐさんのテイストが満載で面白かったです。何ていうか、意表を突かれた突拍子もない行動の連続性があって、出演者全員ボケみたいな展開がピタゴラスイッチの連続した面白さみたいな感じでとても良いです。

なんだろうね、そこボケが繋がってんのかよ!みたいな感じですかね。あと、まだボケが続くのかよ!みたいな感じですよね。

 

ほんわかしたところも好きですよね。ものすごい個性的な感じの登場人物なのに、アクがない感じがするのも好きです。

 

日常も10巻まで出ているのですね。アニメ後も続いてたみたいなんで機会があれば読んでみたいなと思いますですよ。CITYもアニメ化すればいいのにとは思いますが、どうなんでしょう。

 

日常の夏休み (角川つばさ文庫)

日常の夏休み (角川つばさ文庫)

 

 

関連記事