読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

明治安田生命J2リーグ2017 第11節 カマタマーレ讃岐 VS ジェフ千葉を見てきました

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 試合前の記念撮影の写真

引っ越しとか色々あってサッカー観戦も出来なかったですけれども、ゴールデンウィークに自転車旅をしながらたどり着いた丸亀市はPikaraスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ 第11節 カマタマーレ讃岐 VS ジェフ千葉を見てきました。

この記事は帰ってしばらくしてから書いているのでだいぶ記憶から抜け落ちていますので、誤りもあるかと思いますが、ご了承くださいませ。

 

 

前半

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 前半の円陣ダッシュの写真

この日の先発メンバーで大きく変わった事はツートップがラリベイ選手と指宿選手と言う長身のいわゆるツインタワーとなっていたと言うことですね。

 

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 ハイラインの写真

相変わらずくっそ高いディフェンスラインを敷いています。そしてゴリゴリっと押し込んでいくスタイルで戦っています。

 

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 指宿選手のドリブルからのシュートの写真

ゴール前でヌルヌルっとドリブルしてシュートを打つ指宿選手ですが、日本の長身選手はわりかし身体で勝負と言うより足元で勝負するような選手が多い気がします。とは言うものの、平山選手くらいしかパッと思いつきませんが。

 

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 再び指宿選手のドリブルからのシュートの写真

同じく讃岐のDFとDFの間を縫っていってシュートを打つ指宿選手ですが、こちらもゴールキーパーの正面でゴールには至りません。

 

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 コンパクト過ぎるゴールキック時の布陣の写真

讃岐のゴールキックの一幕なんですけどね、なのこれ、せっま!って感じなんですよね。見慣れているとは言え、この日は結構高い位置で見てたのでいつも以上に狭く感じます。

 

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 山本真希選手のクロスの写真

この日は右アウトサイドに入った山本真希選手からのクロスの展開が多かったです。この日のメンバーで質の高いクロスを上げることが出来るのは山本真希選手くらいのものなので、どうしてもこうなってしまいますよね。

 

後半

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 後半の円陣ダッシュの写真

後半頭から比嘉選手に変わってサリーナス選手が入ります。完全に押し込んでいた前半だったので守備力は劣るけれども、突破とクロスを武器にしているサリーナス選手の方がチャンスを作れると思ったのだと思います。

 

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 先制ゴールに喜ぶ選手の写真

指宿選手のヌルヌルドリブルでのチャンスはありましたが、それ以外は引いて守る讃岐を崩すことが出来ずにいますし、裏を取るにも引いているので裏がない状態です。そこでセオリー的にはミドルで釣り出すってのがあるのですが、山本真希選手がお手本のようにミドルを沈めて先制に成功します(シャッターチャンスは逃しました)。

 

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 PKを決められる佐藤優也選手の写真

先制後にちょっとエアポケットに入った感じで集中力が途切れた時間帯になると、ハイラインの裏を取られセーフティー気味に滑り込んだ近藤選手の足がかかってPK判定。ちょっと厳しいと言いますが、うまく誘われたなって感じのシーンでした。このPKを決められて同点に追いつかれてしまいます。

 

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 クリアされる山本真希選手のループシュートの写真

その後も下位相手に勝ち点3が欲しいジェフが攻め立て、勝ち点1でももぎ取りたい讃岐が守りながらもカウンターを狙う展開が続きます。

 

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 ブロックされる町田選手のシュートの写真

山本真希選手に変えて船山選手を入れてさらに攻勢に出ますが、サイドまでは攻略出来ても中央を完全に固められて、船山選手の中央へのドリブルから町田選手のシュートもブロックされて試合終了となってしまいました。

 

感想

J2 第11節 讃岐 VS 千葉 試合終了後の挨拶の写真

押し込むものの崩せない展開が続きますね。ゴール前が大混雑するのでなかなかいい形でシュートが打てません。そこを崩すにはミドルが有効であることは山本真希選手が証明してくれていますが、あまりミドルは多くないです。

守備面ではCBが跳ね返した時にボランチとインサイドが開きすぎててるので、ここを一発で縦に出されるとピンチになる気がします。落下地点に誰か入れるようにならないとこの先厳しいんじゃないかなと思います。

帰りの飛行機が選手たちと一緒でした。そして、エスナイデル監督の真後ろの席だで興奮を隠せませんでした。飛行機が出るとMacBookを取り出して映像を確認しながらコーチと会話していましたが、通訳さんが先に寝ちゃってたのがちょっと気になりますね。あと、指宿選手は長身を活かして前の席の選手が持っている携帯端末の何かを見てました、長身羨ましいです。

 

 

『能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター』、略して 能サポ (講談社文庫)

『能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター』、略して 能サポ (講談社文庫)

 
必ず、愛は勝つ! 車イスサッカー監督 羽中田昌の挑戦

必ず、愛は勝つ! 車イスサッカー監督 羽中田昌の挑戦

 

 

関連記事