二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

どこへ入ると踏切を...通らずにすむか...わかり合えなかった「踏切時間」という漫画を読みました

開かずの踏切ってのは本当に困ってしまいますよね。つい先日まで住んでいた千歳烏山駅も結構な頻度で電車が通ってるし、駅で停車中も締まったままなのでなかなか開かずにイライラしてしまいます。千歳烏山駅については今後複々線化にともなって高架化するようなので開かずの踏切問題も解消されるようです。

 


sa ku × ② 西東京市のうた.flv

西東京市にある西武線の田無駅近辺も開かずの踏切があるようですね。行ったことないですけれども、西東京市のうたは大好物です。

 

で、今回読んだ「踏切時間」はそんな踏切待ちの時間におりなす人間模様を描いた作品となっています。色々な人たちの色々な踏切での人間模様がちょっと楽しい雰囲気ですね。

ただまぁ、劇的に面白い作品ではないので、別にオススメはしません。

 

踏切時間 : 1 (アクションコミックス)

踏切時間 : 1 (アクションコミックス)

 
踏切時間 : 2 (アクションコミックス)

踏切時間 : 2 (アクションコミックス)

 
jupiter

jupiter

 

 

関連記事