二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

貴重なタンパク源です「桐谷さん ちょっそれ食うんすか!?」3巻を読みました

Man VS Wildでおなじみの熊さんこと、ベア・グリルスにいわせますと、貴重なタンパク源です。ってことになるわけですね。

 

中高生くらいの年代で運動部でバリバリ活動している人なんかだと、すぐにお腹が空いちゃって早弁して、お昼にはすでに食べ物がないなんて事にもあるわけですよね。そこで兄弟が多かったり、貧しかったりするときちんとしたものが食べられないので大変です。そりゃコウロギが居れば取って喰おうと思っても不思議ではない!

 

正直、長野とかでイナゴが食べられていた文化も貧しかったからであって、肉や魚などのタンパク質が十分に補給できる現代においては虫を食べる文化ってのも衰退してきているんだと思います。衰退してきているんだよね?

 

そんなこんなで、桐谷さんの3巻では野球部で子沢山一家の長男が同級生の新キャラとして登場しています。桐谷さんと昆虫食で意気投合したりしてますが、今後が気になるところであります。一方、先生の方にもお隣に同僚の女性の先生が引っ越してくるあたり、今後の展開が気になるところなのであります。

 

同僚の先生はわりと堅物っぽい感じなので、ここからどうやってゲテモノ食いに引き込むのか、はたまた実は最初からゲテモノ食いだったのか!?といったところでしょうか。

 

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? : 3 (アクションコミックス)

桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? : 3 (アクションコミックス)

 
ジビエ教本: 野生鳥獣の狩猟から精肉加工までの解説と調理技法

ジビエ教本: 野生鳥獣の狩猟から精肉加工までの解説と調理技法

 

 

関連記事