二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

ライン巻取りも学べる「つれづれダイアリー」と言う漫画を読みました

最近やたらと女の子が釣りをする漫画が増えているみたいですけれども、流行っているんですかね?一時の山ガール的な流れでリアルでも釣りをする女の子が多くなっているのでしょうか?我が奥さんも釣りに行きたいと申しておりまして、大変喜ばしいことだと思います。

 

さて、先日は「放課後ていぼう日誌」と言う漫画を読んだのですが、今回は「つれづれダイアリー」と言う漫画を読みましたのでご紹介します。

 

漫画やアニメによくあるキャラクターで根暗でコミュ障っぽい感じで学校では常につまらなさそうにしているのに趣味ではすごく生き生きしているって人いますよね。そして、主人公の子はそんな不思議な根暗の子に随分と興味津々でものすごい絡んでくるって言う感じ。つれづれダイアリーはまさにそんな感じの漫画なのであります。

 

放課後ていぼう日誌は部活なのですが、つれづれダイアリーはただの同級生二人組で部活的な感じではありません。普通に趣味として釣りをして、その子に興味があるからこっそりついて行ったら巻き込まれてた的なお話でございます。

 

ガチ趣味にしている子とガチ素人の子なので当然ですが、レクチャー要素があるために私のような釣り素人には大変助かる漫画です。道具の説明やら結び方やらラインの巻取り方も説明してくれる内容となっておりまして、今のところ放課後ていぼう日誌よりより詳しい内容となっているので、こちらの方がより勉強になると思います。

 

似たような漫画が同じ時期に出ているのが、メッシとクリスチャーノ・ロナウドが同時期に居るのが残念なのと一緒なわけですよ。どうせならもっと毛色の違う漫画であれば比較されないのに、出てこなければ殺されなかったものを!みたいな感じなのですよ。

 

そんなわけで、次は「浜咲さんなら引いている」ってのを読んでみたいと思い、先程ポチったところでございます。アデュー。 

 

放課後ていぼう日誌 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

放課後ていぼう日誌 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

 
浜咲さんなら引いている(1) (ビッグコミックス)

浜咲さんなら引いている(1) (ビッグコミックス)

 

 

関連記事