二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

何名様ですか?「おひ釣りさま」という漫画を読みました

日々、Amazonさんがオススメするがままに、仰せのままにポチっている私だよ。ただ、漫画がオススメされたからと言って、何十巻も発売されているものをポチるのには金額が大きくなりすぎて勇気が要ります。そんなわけで、一桁巻しか出ていないものを気軽にポチポチするわけですが、最近は釣り関係の漫画が多い気がしますね。

 

それはさておき、最近では何かの趣味を行う女性の事をなんちゃらガールとか言いますよね。例えば登山趣味の女性を山ガールなんて言っちゃったりなんかします。なんちゃらガールと呼ばれて喜ぶ人もいれば、気に食わない人も居るわけでありまして、私のはファッションじゃない、ガチなんだ!ってな感じでしょうか。その代表格となるのが山ガールではなく、単独登山女子だ!と言い張る「山と食欲と私」の日々野鮎美さんなわけであります。

 

魚釣りの世界ではどうなのか?と言うと当然のように釣りガールという言葉が流通しているようですね。何というか、2文字+ガールは響きが良いのでしょう。自転車ガールなんて語呂が良くないですからね。

 

また、日々野鮎美さんが単独登山女子と言うように、1人でなんでも行う人と言うのも価値観の多様化を背景に増えているのでしょうか。いや、昔からあったものがインターネットによって可視化されただけでしょうか。「おひとりさま」と言う言葉も一般的になってきているようですね。

 

この、軟弱者!というセリフで有名なガンダムのセイラさんに似ているかはわかりませんが、上条星羅(かみじょうせいら)さん24歳は派遣でお仕事をしながら1人で釣りを楽しむ女性なわけです。それで自らを「おひ釣りさま」と心のなかで思っているのが日々野鮎美さんと似た感じではありますね。ま、セイラさんは頑なに1人が良いみたいですけれども。

 

釣った魚を食べる飯要素はほぼありませんが、「山と食欲と私」の雰囲気を好きな人は結構気に入る内容だと思います。また、「放課後ていぼう日誌」や「つれづれダイアリー」のようなレクチャー要素はありませんが、釣り方に関する説明はあるので、これを読んでこんな釣りがしてみたいなぁと妄想するのも良いかもしれません。

 

おひ釣りさま (少年チャンピオンコミックス・タップ!)

おひ釣りさま (少年チャンピオンコミックス・タップ!)

 
浜咲さんなら引いている 1 (ビッグコミックス)

浜咲さんなら引いている 1 (ビッグコミックス)

 
放課後ていぼう日誌 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

放課後ていぼう日誌 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

 

 

関連記事