二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

小さい頃はサンタさんがいて「ブラックナイトパレード」と言う漫画を読みました

小さい頃はサンタさんがいて不思議に夢をかなえてくれた。落ち込んだりするけれど私は元気です。もう11月も終盤になりまして、来月にはサンタクロースの活躍する季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私はサンタさんを信じていた記憶はないのですが、どこかの段階までは信じていた気がします。それがいつだったかわかりませんけれども。あと、誕生日がクリスマスと正月の間なので、お年玉含めてプレゼントが纏められてしまう悲しい人でした。

 


ラーメンズ『TEXT』より「不透明な会話」

サンタさんも透明人間も居るか居ないかはわかりませんが、みんなの心の中に居るので間違いないと思います。

 

今回読んだ漫画は「ブラックナイトパレード」と言うものです。氷河期に就職に失敗してゴロツキばかりがあつまるコンビニでバイトをしている主人公の日野三春はひょんなことからサンタクロースと働くことになりました。サンタクロースと言ってもブラックサンタです。

 

いい子にしていると本当のサンタさんに欲しいものをもらえますが、悪い子だとちょっと残念なプレゼントを貰えるのです。頼んでたんと違う!ってやつです。まぁ、親ってのは子供のこだわりがわからなかったりするので、一緒でしょ?で済ませてしまう悲しい生き物なので仕方がありません、ちょっとの悪い子要素がそうさせているんだと諦めるがよろしい。で、悪い子具合によって残念度が決まったら、残念度に合うプレゼントを選ぶためのシミュレーションをするんですが、なかなかロボトミー的でユニークで面白いですね。

 

主人公の日野三春の生い立ちから色々と湧き上がってくる色々がありまして、そこがだんだんつながってくる衝撃で2巻が終わります。この後の展開が非常に楽しみな作品なんじゃないかなと思います。サンタさんが存在しないことに気がついてしまった子供に読ませておけばいい子にすること間違いなしですね!

 

ブラックナイトパレード 1 (ヤングジャンプコミックス)

ブラックナイトパレード 1 (ヤングジャンプコミックス)

 
ブラックナイトパレード 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ブラックナイトパレード 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 
やさしさに包まれたなら (「魔女の宅急便」より)

やさしさに包まれたなら (「魔女の宅急便」より)

 

 

関連記事