二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

子ノ権現リベンジと天目指峠を超えるライド

f:id:t-horikiri:20180622142617j:plain

6月22日金曜日、先月ちょっとばっかし仕事が大変でしたので、今月は千葉県民以外は祝祭日がない魔の6月と言うこともありまして、仕事をお休みしました。土日は雨予報なら行くなら今日しかないと言うわけでライドへ出かけたのでありました。結局日曜日も晴れたけどもね。

 

f:id:t-horikiri:20180627114009p:plain

向かったのは先日、あまりの激坂ぶりに速度ゼロに落ちたらバランスを崩して足をついて無事敗退した子ノ権現であり、まさにリベンジなのであります。リベンジですから前回の反省を生かさなければなりません。なるべく足に負担がかからない経路を選んで行きますが、東京から名栗方面に行くには何個か坂を越えないといけないわけで、まず現れたのは東京バーディクラブと言うゴルフ場の隣のバーディ坂であります。距離は短いものの10%を超える区間があるので知らずに入るとびっくりしますね。ま、知ってたけど。

 

f:id:t-horikiri:20180703055507p:plain

続いては山王峠が現れます。先日は子ノ権現の帰りに逆側から登りましたが、今回は反対側からのルート、だらだらと長めの坂が続きますが、こちらもラスト区間は10%近くまで上がるので油断なりません。

 

f:id:t-horikiri:20180703060435p:plain

子ノ権現前最後に現れるのは倉掛峠であります。こちらも距離は短いのですが、勾配はほぼ10%以上で最大で14%まで上がる激坂と言っても良いところです。その激坂の証としてスリップ防止のためのギザギザと丸い輪っかのコンクリート舗装になっていますね。

 

f:id:t-horikiri:20180703062101p:plain

いよいよ子ノ権現に入りますが、子ノ権現への分岐に入る前にスポーツようかんでエネルギーを補充しておきます。

 

f:id:t-horikiri:20180704005950p:plain

気のせいかも知れないけれども、前回よりも梅雨になって雨やら湿気やらが多い日が続いたからなのか道路上の苔が増えている気がする。こう言うのはちょっとした油断でツルッと滑ってしまってあぶないので気をつけねばならないのである。私はダンシングを多用しないのでトルクを掛けて後輪が滑ると言うことはあまりないですが、パワーが無い分ふらついたりもするので危険です。

 

f:id:t-horikiri:20180704010640p:plain

そしてラスト区間に入り、前回の激坂過ぎる激坂による失速によってバランスを崩してしまった反省から、失速するギリギリよりも前にダンシングに入る。ここまでの行程でサイクルキャップに溜まった汗がダンシングによって一気に滴り落ちて、GARMINさんにボタボタと落としながらなんとかクリアする。ただちょっと息遣いのハァハァのスピードが尋常じゃなくなってるわけだ。

 

f:id:t-horikiri:20180704011211p:plain

最後のカーブさえ曲がってしまえば何とか耐え抜いてゴールだ!と思ったのがけれども最後の最後にはプロパンガス業者のトラックが降りてくると言う試練がやってくる。前回もこの区間でクロネコヤマトのトラックがやってきたけれども、その時は後方からだったし一度足を付いていたので降りて見送ったけれども、今回は正面からなので最後の力を振り絞って慎重にまっすぐ端を通ってやり過ごすことが出来た。

 

f:id:t-horikiri:20180622142709j:plain

そんでもって、子ノ権現の足付きなしクリアのリベンジ達成である。正直結構いっぱいいっぱいだったのだけれども、なんとかクリアすることが出来て非常に嬉しいですな。登り終わってしばらくゼェハァ言って呼吸を整えるのに時間がかかりました。今回は参拝はせずにこのまま降ります。

 

f:id:t-horikiri:20180622143202j:plain

降り際には前回にブログ用で撮らなかったラスト300m区間の入り口の写真を撮ったりだとかしました。いやぁ、ほんともう、この角度はヤバイ以外の何物でもないよね。

 

f:id:t-horikiri:20180704012639p:plain

メインディッシュである子ノ権現を登り終え、分岐までダウンヒルをしてきたら、本日はおかわりヒルクラ第1段としてまずは竹寺に向かいます。竹寺は去年の年始に行って甘酒を頂いたところでありますが、すっかりどんなところだったか記憶にありません。

 

f:id:t-horikiri:20180704014351p:plain

そんなわけで、竹寺の入り口に到着です。あの子ノ権現のほぼ隣に位置する竹寺ですから、こちらも楽なヒルクラにはなることはありません。

 

f:id:t-horikiri:20180704015006p:plain

あ、うん、待って!待って!ナチュラルに16%の勾配とか出てくるよ。こんなにキツかったんだっけ?子ノ権現ですでに削られてる足はもう限界だよ。

 

f:id:t-horikiri:20180704015238p:plain

前回は工事中で片側交互通行の信号があって合法的に足付き出来たことを思い出しました。が、今回はもうすでに工事は終了しているようでそのまま進まなければなりません。そして、ここからが非常に路面が悪いことを思い出しました。

 

f:id:t-horikiri:20180704015742p:plain

そしてほぼ未舗装路と言っても良い区間では22%の勾配になっていると言う具合です。あ、思ってた以上にキツかったわ。

 

f:id:t-horikiri:20180704021921p:plain

ただ救いは路面の悪い激坂区間はそれほどまで長くないと言うこと。それでも最後の区間は10%以下の勾配ですが完全に未舗装路となるので労りながら進みましょう。竹寺の良いところはゴールゲートがあるところ、その前の3つくらいある土砂の流出止めは邪魔だけれど、ロードレースやらヒルクライムイベントでのゴールの気持ちを味わう事が出来るわけですね。

 

f:id:t-horikiri:20180622150352j:plain

そんなこんなで竹寺に到着しました。当然ながら正月じゃないので甘酒は置いてなかったです。しばしの休憩のあと、そろそろお腹が減る頃なので下山してご飯に行きたいところであります。ただ、時間がもうすでに午後3時を過ぎた頃であると言うのが気になるところであります。

 

f:id:t-horikiri:20180704143348p:plain

ひとまずは、それなりに大きな道に出なければ食事にありつけませんので、前回は子ノ権現前に登った仁田山峠を逆側から登り返すことにします。天気も良くて景色が最高でしたし、子ノ権現やら竹寺にアタックした後だと仁田山峠の斜度の優しさが身にしみましたね。頭のおかしいような激坂をクリアするとこんな程度はまだ大丈夫と思えてくるのでしょうか。

 

f:id:t-horikiri:20180704143738p:plain

仁田山峠にはランドマーク的なものが無いと思い込んでいましたが、気が付かないだけでガードレールに申し訳程度に掲示されているようです。仁田山峠自体は県道53号線から結構近い所にあるようで、仁田山峠を超えるとアップダウン区間に入る構成になっているようですね。

 

f:id:t-horikiri:20180622161606j:plain

最初は「はやめブラストギア」にも登場したターニップさんに行こうと思っていたのですが、時間帯的にランチタイムとディナータイムの間でやっていないようだったので、クロスバイク時代に山伏峠・正丸峠に初めて登ったときに利用した「やまね食堂」さんでおうどんを頂くことにしました。武蔵野うどんのカテゴリーになるうどんで大変美味しゅうございます。

 

f:id:t-horikiri:20180704144648p:plain

実は「やまね食堂」さんの目の前には県道53号線から国道299号線に行くための県道395号 南川上名栗線があります。ここには天目指峠と言うかっこいい名前のどこまでも登らされそうな峠があるので行ってみようと思います。存在は知ってたけど今まで通った事がないので新鮮ですが、峠のスペックを全く把握していない怖さもあるわけですね。序盤はこの通りそれほどでも無いような峠なんじゃないかなと油断するわけですよ。

 

f:id:t-horikiri:20180704170511p:plain

ところがどっこい、中盤以降に山深くなってくると10%超えの斜度が当たり前になってきて12%とか、最大では15%までになるという恐ろしい状況になっています。ただ、Stravaの区間情報によると全体の距離は2.57km、高度差は224mの平均勾配9%と言うことで、そこまで距離が無いのが救いと言えるでしょうかね。

 

f:id:t-horikiri:20180622165909j:plain

そんなわけで、天目指峠に到着です。ちょうど標識の所にカーブミラーもあったので自分が映り込むように写真を撮ってみました。隣にはバイクラックがあって屋根付きのベンチもあるので休憩やグループで遅れた人を待つと言った感じにも使えるのが良いですね。

 

f:id:t-horikiri:20180704171255p:plain

天目指峠から国道299号線へのダウンヒル中にはちょうど中学校の下校途中と重なったのかママチャリで登ってくる中学生が居ました。きっと彼は将来有望なクライマーとなってくれるのではないでしょうか、小野田くんみたいな。天目指峠を超えた先に住んでいるのか超える前に住んでいるのかが気になるところです。

 

f:id:t-horikiri:20180704171552p:plain

国道299号線に出たら左折して正丸トンネル方面へ進みます。この道がまた地味に登り続けているし先が長く見えるのが気持ち辛いところですね。勾配としては3%〜5%とたいしたことはないのですが、視覚的に辛さを覚える感じです。

 

f:id:t-horikiri:20180704171842p:plain

正丸トンネル前の信号で脇道に入ると正丸峠を登ります。正丸峠も山伏峠側からしか登った事がありませんが、山伏側からだと山伏峠のおまけ扱いですが、トンネル側から登るのは結構距離があるわけですね。Stravaの区間情報によると距離4.25kmで高低差244mを平均勾配6%で登るようです。ちょうど天目指峠を高さそのままに距離だけ引き伸ばした感じですから、正丸峠の方が心理的には優しいのではないでしょうか。やはり10%を超える激坂区間がほぼ無いというのは救いだと思います。

 

f:id:t-horikiri:20180622174612j:plain

ただ、途中は森の中を進むだけなので日差しが強い時は良いですが見どころのある景色はありませんので、楽しいかって言われると疑問ではありますね。今回は途中でタヌキさんがロードキルされてかお亡くなりなっている事くらいしか印象に残りませんでした。

 

f:id:t-horikiri:20180622174648j:plain

登りきってしまえば景色は良いし、この時はすでに閉まっていましたが峠の茶屋があるのも良いと思います。目的地として設定してここで休憩するのはそれで楽しいかもしれませんが、山伏峠側から上った方が色々な景色の変化が楽しめて良いかもしれません。

 

f:id:t-horikiri:20180622175520j:plain

そんなわけでありまして、正丸峠を降りてちょっと登りかえすと山伏峠になります。正丸峠からであれば大したこともないので通過点として写真を取ります。

 

f:id:t-horikiri:20180622183147j:plain

その後は小沢峠をいつもと反対側から登ります。すでに疲労困憊なので結構辛かったですが心をゾンビにして登りきります。普段は道路の反対側を通るので素通りしている小沢峠の開通記念碑の前で記念撮影しておきました。最後には榎峠と梅ヶ谷峠を通って帰りましたが、梅ヶ谷峠の頃には暗くなっていたので特に言うことはありますまい。

 

走行記録によりますと、136.3kmで獲得標高2,191mでさすがに大小様々な峠の数をこなしただけあって結構登っていたようですね。そして、普段とは逆側から攻めるのもそれなりに楽しいと言う事でしたね。最近は自走で行ける範囲で行ったことのない峠がなかなかないのでちょっとマンネリ気味です。

 

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

 
井村屋 スポーツようかん カカオ 38g×10個

井村屋 スポーツようかん カカオ 38g×10個

 
Mag-on マグオン エナジージェル おためし5味各2個 新味計10個セット

Mag-on マグオン エナジージェル おためし5味各2個 新味計10個セット

 

 

関連記事

 

まだまだ改善の余地ばかりだ「映像研には手を出すな!」第3集を読みました

ヤットデタマン・ブギウギ・レディ。私の奥さんが非常に楽しみにしている漫画、「映像研には手を出すな!」の第3集がやっと、ようやくKindleにて配信されました。紙の本が出てから配信されるまで、いつ配信されるの?まだ配信されないの?と奥さんに何度か聞かれましたが、待たされたのは私のせいじゃないんだからね!

 

togetter.com

そして、この「映像研には手を出すな!」の作者である大童澄瞳さんも電子書籍を後で出す事にメリットがないとおっしゃっておられるわけですね。実際その通りなんだろうと思いますよ。どうしても欲しいものでなければ、ま、いっか。と言って買わなくなりますからね。ま、私は惰性で買うんですけれどもね。あと、Amazonさんはお客様へのオススメの一覧ページを復活させてください、お願いします。

 

さて、中身の方なんですけれども、映像と音響とお金のお話がメインになっているのではないでしょうかね。お金を得るには何を考える必要があるのか、つまり、モノや映像などのコンテンツをどうやって売れば良いのか的なことなんですよね。

 

人は商品を見てもそれが必要としているものなのかがわからない事が多いです。私の仕事であるIT業界では顧客が本当に必要だったもの的なジョークがあるわけですが、そもそも顧客自身が自分の要求をきちんと把握していない場合がありますね。作中では雪かきのときに使う防水の手袋が欲しいと言うところだったのですが、必要なものは手が暖かくて濡れない仕組みであって、手元に薄手のキッチン用のゴム手袋があればその下に軍手をすれば濡れずに温かい仕組みが出来上がるんですよね、ってお話でしたね。

 

そんなわけで、出版社さんに尽きましても、本当に必要なのが紙の本と電子書籍を別の日に発売することであるのか、もう一度よく考えてもらいたいなと思うわけであります。どっち向いて商売してんねん。という話であります。

 

映像研には手を出すな!(3) (ビッグコミックス)

映像研には手を出すな!(3) (ビッグコミックス)

 
映像研には手を出すな!(2) (ビッグコミックス)

映像研には手を出すな!(2) (ビッグコミックス)

 
映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

 

 

関連記事

 

明治安田生命J2リーグ2018 ジェフ千葉 VS 愛媛FC を見てきました

f:id:t-horikiri:20180616181037j:plain

世間はワールドカップですけれども、私にとってはジェフ千葉の方が大事、そんなJ2クラブのサポーターも多いんじゃないでしょうかね。日本代表も応援はしていますし、勝ってほしいですよね。それがJリーグにいい影響をもたらしてくれればと思います。まぁ、このタイミングで監督を交代させたのは完全に意味不明でして、オシムって言っちゃったね以来低迷している我がチームとしては日本サッカー協会クソだなとしか思わないわけであります。それでも選手達に罪はないので頑張ってほしいのであります。

 

前節、山形戦はアウェイにて1-2の敗戦となったことで、またガラガラポンしてくるかもしれない今節はホームに愛媛FCを迎え撃ちます。間瀬さんは居なくなってしまったけど、岡本選手、小池選手などが在籍しているので恩返しされないようにしたいところであります。

 

 

前半

f:id:t-horikiri:20180616180949j:plain

前節の山形戦に敗れたことで、我らがエス将はフォーメーション毎いじくってきました。4-1-3-2のダイヤモンドから4-4-2のダブルボランチになりました。GKロドリゲス選手に、DFは左から高木選手、増嶋選手、近藤選手、溝渕選手となっております。ダブルボランチに熊谷選手と佐藤勇人選手、左に為田選手、右に船山選手でツインタワーのラリベイ選手と指宿選手となっております。

 

f:id:t-horikiri:20180616181924j:plain

ツインタワーの指宿選手が長い足を駆使してのシュートを放ちます。この足の長さはある意味ロマンだな。

 

f:id:t-horikiri:20180616181933j:plain

ジェフからレンタル移籍中の岡本選手、通常レンタル移籍中ですと契約によって試合に出れなかったりするのですが、岡本選手は出場。クラシカルなGKとしてシュートストップなどは健在ですね。

 

f:id:t-horikiri:20180616182244j:plain

久しぶりにスタメン出場になった為田選手は今日も左サイドを舐めたフェイントとドリブルで躍動しています。

 

f:id:t-horikiri:20180616185051j:plain

セットプレーの展開から高木選手のゴールで先制します。ゴールシーンの写真が撮れなかったので興奮しながら適当にシャッターを押した写真でも載せておきます。

 

f:id:t-horikiri:20180616185638j:plain

同じくセットプレーから増嶋選手のヘディングはカットされます。ツインタワーになるとセットプレーの迫力が増すのが良いところではありますよね。

 

後半

f:id:t-horikiri:20180616191139j:plain

後半開始から佐藤勇人選手に代わって矢田選手が入ります。佐藤勇人選手は頑張ってバランスを取っていたと思いますが、もっとテクニカルな選手を入れて中盤を支配したいと言う意図だったのではないかなと思います。

 

f:id:t-horikiri:20180616192021j:plain

入った矢田選手はボランチの位置で受けたボールをワントラップで前を向く動きができるので前への展開がしやすくなってました。そのおかげか船山選手がシュートも枠の上。

 

f:id:t-horikiri:20180616191523j:plain

もう一つ船山選手がシュートを打ちますがこちらもまた枠の上に外れていきます。

 

f:id:t-horikiri:20180616192653j:plain

押している展開でこの時に追加点が欲しかったのですが、ラリベイ選手のシュートで追加点をあげます。私の視点からは結構余裕がありそうでダイレクトで打つかな?と思ったけど、冷静に見直してみるとダイレクトではコースが無かったし、難しいシュートをコース狙って打てていた技ありのゴールでしたね。ラリベイ選手もだんだんとコンディションが上がってきたのでしょうし、昨年のように量産してほしいところです。

 

f:id:t-horikiri:20180616194857j:plain

交代で入った清武選手が持ち込んで左足でシュートもわずかに右側に外れます。今この写真で見るとラリベイ選手が空いてるのでパスした方が良かったかもしれませんな。この後はかなりバタついてダブルボランチが右サイドに寄り過ぎたところでつぶせずに中央に展開され、ゴラッソなミドルをぶち込まれてしまいます。あまりにゴラッソなので写真はありません。反応出来てませんでした。

 

f:id:t-horikiri:20180616195909j:plain

バタバタのままロスタイムに入り、愛媛のコーナーキック。岡本選手も上がってきて恩返しされそうになりましたが、なんとかクリアして事なきを得て、試合終了となり2-1で勝利することが出来ました。

 

感想

f:id:t-horikiri:20180616194629j:plain

俺の、俺だけのロマンが帰ってきたぞ!そんなわけで、昨年の終盤に大怪我をしてリハビリに励んでいた乾選手が帰ってきました。サイドバックではなく、左サイドハーフとしての途中出場ですが、うれしい限りです。今年は高木選手が左SBとして加入して総合力の高さを示していますので、乾選手の出場機会と言う意味では難しいかもしれません。それでもなんとかチャンスを得て活躍と成長をしていって欲しいなと思います。

 

システムを4-4-2にしたことはどうだったのか。愛媛FCがスリーバックでツートップをぶつけていましたが、そこでいなされてボランチにボールが渡った時にジェフのボランチがマークに行けずに苦戦していましたね。ボランチがボランチのマークに行くには全体的にコンパクトにしなければ間に合わないと思うですが、前からプレスに行かないとコンパクトにも出来ないので難しいのでしょう。連動したプレス、プレスのスイッチを入れるところってのをはっきり明確にしたいところではないでしょうかね。

 

 

関連記事