二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

胃袋をつかめ「頂き!成り上がり飯」と言う漫画を読みました

最近は、なんとか飯とかなんとかご飯とかって漫画が多いですよね。今まで読んで紹介した中でも「ダンジョン飯」とかありますすね。その他には、「花のスボラ飯」とか「女くどき飯」とか「侠飯」とか「三十路飯」とか「流れ飯」とかとか、「ハマのメッシ」とか「タイのメッシ」とかバルサのメッシは良いけど代表のメッシは今ひとつだとかあるみたいです。後半はちょっと違うな。

 

今回読んだのは、不良高校に入学した男子高校生が学校の番長シメて成り上がろう!ってな感じの漫画のはずです。まぁ、不良高校の生徒と言えば大抵は家庭環境に問題があったりなんかして、まともな飯が食えなかったりするわけですよね。片親だったり夜のお仕事に忙しくて時間帯が合わないとかで、家庭の味に飢えているわけですわ。

 

主人公のケニーもそんな片親で忙しかったんですが、一つ他の家庭と違ったことと言えば、幼い頃から「これでご飯を買って食べなさい」と置いてあったお金で食材を買って料理していたってことでしょうかね。で、喧嘩の実力はソコソコなんでボスは倒せなかったわけですが、そんな不良たちを料理の力で胃袋を掴んで懐柔させていくんですわ。

 

お話そのものはソコソコ面白いかなと思います。先日5巻まで発売されたようですが、最初の頃はご飯の美味しさの説明もそんな無いし、特徴的でもないのにこんなに美味い美味い言って食ってるの?もっと隠し味とか絶妙な焼き加減とかそういうの無いの?とか思ってたんですが、まぁ、そう言うのはこの手の人達には要らないよねっってことなんでしょうね。高校生男子とか何食っても美味いってガッツキそうだものね。

 

そんなわけで、奥さんに紹介されて(奥さんがKindleでポチってた)読んだ漫画なわけで、途中でイマイチじゃね?とか思いましたが、だんだんと飯とか関係ない面白みがわかってきた感じになりました。良かったね。

 

頂き!成り上がり飯 5 (リュウコミックス)

頂き!成り上がり飯 5 (リュウコミックス)

 
[まとめ買い] 頂き!成り上がり飯
 

 

関連記事