二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

しんさくのけーきができました!「こぐまのケーキ屋さん」そのにを読みました

小さい頃は神様がいて不思議に夢を叶えてくれた。まぁ、たぶん親が知らないうちにサンタクロースのように叶えてくれたんだと思います。そう、小さい頃はクリスマスのケーキが楽しみだったのですが、大人になるとわりとそうでもないわけです。反対に、新入社員だったころはビールがあんまり得意では無かったのですが、今は大好物なわけですね、人間って変わるもんだね!

ごめん、ちょっと嘘ついた。年末生まれの私はクリスマスケーキと誕生日のケーキが一緒だったわ。こりゃ一本取られたなー。

 

さて、今回読んだ漫画はTwitterとかで話題になっていたらしい「こぐまのケーキ屋さん」と言う漫画の2巻であります。てっきり1冊で完結するものだと思っていたので意外ではありますね。でも、Twitterで話題になるだけではなくて、電車のドアーに貼ってある広告にも出稿していたみたいなんで、それなりに色々なところで話題になっているのでしょうね。

 

お話としては小熊のケーキ屋さんの店長さんと、人間の店員さんの一人と一匹のちょっとハートウォーミングなお話だと思います。小熊の幼さオシが「よつばと!」のよつばちゃんに若干似ていなくもない気がするのです。小学校に興味を抱くところとかが。まぁ、全く別物のお話なんですけれどもね。とは言え、可愛さでは似たり寄ったりかもしれません。

 

nlab.itmedia.co.jp

まぁ、ネットでも読めるのでわざわざ買ってまで読むものでもないかもしれませんが、気になった人は無料で読めますんで、暇つぶしに是非どうぞ。という感じであります。

 

こぐまのケーキ屋さん そのに(2) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

こぐまのケーキ屋さん そのに(2) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 
こぐまのケーキ屋さん (ゲッサン少年サンデーコミックス)

こぐまのケーキ屋さん (ゲッサン少年サンデーコミックス)

 

 

関連記事