二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

食うか食わせるか「のうぎょうカレッジ」と言う漫画を読みました

シェア畑と言うところで畑を借りているんですが、農大とか農工大とかがそれなりに近所にある関係で、大学生がバイトとしてきたりしています。ハイシーズンには休むに休めない農業に興味はあるものの、仕事としてやるのはちょっとリスクが高いし嫌だなぁと思う半面に、面白そうだなぁとも思うんですよね。

 

さて、今回は農業大学に進学した農業素人の大学生が主人公の「のうぎょうカレッジ」と言う漫画を読みましたので、ご紹介しようと思うのですよ。農業系の漫画やアニメって言うと、「銀の匙」とか「のうりん」とか「もやしもん」とかが有名なんでしょうかね?前者2つは農業高校が舞台で、もやしもんは大学が舞台ですね。

 

農業系の高校やら大学やらへ進学する人の多くは実家が農家だったりする人が多いのでしょう、工業系や商業系はあんまり実家がどうであるかはあんまり関係ないイメージですんで、農業系の学校というのは結構特殊なところが多いのかも知れません。まぁ、「銀の匙」の八軒くんとか、この「のうぎょうカレッジ」の主人公の鈴木くんのように実家が農業とは無関係の人も中には居るのでしょうが、なかなか珍しい部類なんでしょうか。

 

ただ、実家が農家ではないからこその感動って言うのもありそうで、作りたてだったり収穫したての農産物をすぐに料理して食べるって言う体験が出来るのもなかなか贅沢なことだと思います。実家が農家とかだと当たり前過ぎて感動とかしないかもしれませんからね。毎日が新しい体験と言うのも良いものでしょう。まぁ、途中で飽きちゃうかもしれませんがね。

 

さぁ、農業について右も左もわからない鈴木くんは授業やらサークル活動を通して農業について学んでいく感じですが、なにかワケありの人が居たり、実家を継ぐために来ている人がいたり、年配の新入生がいたりとなかなか面白そうではあります。が、今の所「銀の匙」とかくらいの面白さは感じていませんので、今後どうなっていくんでしょうかね。

 

のうぎょうカレッジ 1巻 (芳文社コミックス)

のうぎょうカレッジ 1巻 (芳文社コミックス)

 

 

関連記事