二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

「駆込み女と駆出し男」と言う映画を観ました

最近は天気が良くなくてうつうつ鬱陶しい毎日ですね、週間天気予報を見て絶望する毎日を過ごしています。お外で遊ぶことも出来ませんので、なんか適当に漫画やら映画やらアニメやらを見て過ごすようになってしまいます。別に雨でも良い予定が入ってるときには晴れるって言うね、ま、晴れてた方がいいんですけれども。

 

そんなわけで、「駆込み女と駆出し男」と言う映画を見てみました。ま、大泉さんが出てたからなんですけれどもね。「波よ聞いてくれ」という漫画を読んだ時に少し触れましたが、大泉さんのどっから湧いて出て来るの?その台詞回しって言うのが好きなわけです。主にトーク部分でそう思うのですが、この映画では役としてそんな台詞回しと大ぼら吹きが炸裂してて面白いですね。

 

お話の内容は、いつの時代だか知らないけれども、男性側から女性側に離縁を突きつけるのは認められていたが、その逆は認められていない時代のお話であります。ともすると女性は虐待対象となってしまうので、そう言った人たちのために駆け込み寺的なところがあったのでしょうね。出家的な扱いになることで俗世間から隔離されてしまう代わりに逃げ道となると言った苦肉の策とも言えるのでしょう。

 

そんな駆け込み寺に、一見裕福そうでなんの不満も無さそうな女性(満島さん)と、旦那に殴るけるをされつつも凄腕の製鉄職人の女性(戸田さん)が駆け込んでくるわけですね。一方で医者見習いの大泉さんは駆け込み寺的なところで居候しているわけでして、女房を返せ!と訪ねてくる輩とのやり取りがなかなかおもしろいつーわけですね。

 

ま、何度も言ってるけど、歴史的なものは文献やら言い伝えやらである程度正確な事はわかるのでしょうけれども、それが真実であるかはわからないし、片側の言い伝えでしかなかったりするので、そういうこともあったのかもね程度に思ってるのが良いんじゃないかなと思うよ。

 

ところで、戸田恵梨香と戸田恵子がどっちがどっちだかわからなくなる病気にかかってます。

 

 

関連記事

 

「続!亀が無理してロードバイク乗ってみた」という漫画を読みました

自転車業界は弱虫ペダルのお陰でうはうはなんじゃないかなと思います。直接的な知り合いでスポーツ自転車に興味がある人はあまり居ないのですが、インターネットの世界ではそれなりに居るようですね。

 

kamechari.blog.jp

きっかさんの「亀が無理してロードバイク乗ってみた」も続編が出ていたようですので、Kindleでポチって読んでみました。全編フルカラーとなっておりますが、分量的には物足りないかなぁといったふうに思いますよ。

 

レースに出たりとかブルベとかで200km以上走るとかそういったガチな趣ではなくて、夫婦でゆるく楽しんでいる感じはとても良いと思います。ブログを読んでいると乗っているのはほとんど夫者のほうなんじゃねーかとか思いますが、我が家も奥さんを誘ってもあんまりのってこないこともあるので、何かエサが必要なんだなと思います。

 

koyamaken.com

omocoro.jp

夫者の弟さんは小山健さんなんですね。オモコロで書かれている生理ちゃんは結構衝撃的で面白かったです。今見たら5話まであってびっくりしました。亀チャリあんま関係なかったですね。さーせん。

 

続!亀が無理してロードバイク乗ってみた 亀チャリ (学研スマートライブラリ)

続!亀が無理してロードバイク乗ってみた 亀チャリ (学研スマートライブラリ)

 
亀が無理してロードバイク乗ってみた

亀が無理してロードバイク乗ってみた

 

 

関連記事

 

「超高速!参勤交代」と言う映画を観ました

去年ハワイに行った時の飛行機で「殿、利息でござる!」と言う映画を観たんですが、それが結構面白かったんですね。そのブログを書いている時に少しきになっていたのがこの「超高速!参勤交代」と言う映画です。Amazonプライム・ビデオで配信されていたので観てみました。

 

簡単に言うと、腹黒い悪いヤツが地方の大名をいじめるために参勤交代せよ!5日で!出来なきゃ全て没収な!って感じになるやつです。弱小地方大名にとって参勤交代はお金がかかって良いことなしなのですが、実は参勤交代から戻ってきた翌日には出発しなくてはならないことになってしまったので、普通の道をショートカットして山道を行ったり、人数を揃えるお金がないので同じ関所を2回ループして通ったりなどしてなかなかおもしろいです。

 

地方大名と同様にして日本映画界もお金がなくて低予算で作っているのだとは思いますが、絵面は結構地味だったりするのですが、アクションシーンは結構頑張っていてワイヤーアクションがあったりで楽しむことが出来ました。

 

無事参勤交代を成功させて、濡れ衣を果たすことに成功するわけですので、勧善懲悪的な面白みもあって非常に日本映画的な良さがある映画なんじゃないかなと思うわけでございます。映画も好評だったのか、続編のリターンズも作られたようですので、プライムビデオ等の配信サイトで観れるようになった観てみようと思います。

 

参勤交代については地方大名にお金を使わせて反乱の芽を摘む目的があったことが有名ではありますが、「殿!利息でござる」でも紹介したとおりお金を使わせる目的は別に無かった的な解釈が今はあるようです。ま、実際のことはよくわかりませんが、結果的に日本各地に宿場町が栄えたり道路などが整備されたことは非常にメリットのある行為であったのであろうと思います。もちろん、当時の人はそれどころじゃなかったのでしょうけれどもね。

 

超高速! 参勤交代 Blu-ray

超高速! 参勤交代 Blu-ray

 
超高速! 参勤交代 (講談社文庫)

超高速! 参勤交代 (講談社文庫)

 
超高速!参勤交代 映画ノベライズ (講談社青い鳥文庫)

超高速!参勤交代 映画ノベライズ (講談社青い鳥文庫)

 

 

関連記事