読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

峠バトルに買ってパーツを集めよう「はやめブラストギア」2巻を読みました

ママチャリにしか乗ったことがない人にはあんまり伝わらないと思うけれども、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車でサドルと言うと純粋に座る所のみのことを意味しまして、高さを調節したりするところはシートポストと言います。ママチャリではシートポストとサドルを別にしたりしないと思いますが、スポーツバイクではサドルだけを交換したりするわけですね。スポーツ自転車はサドルを軽くするためにクッション材がなくて硬かったりしてお尻が痛くなるので、色々と自分に合うサドルを買っては試すと言うサドル沼と言うのがあるんですよ。

 

幸いなことに、私のお尻は結構頑丈に出来ているっぽいので、パッド入りのウェアを穿いていればロングライド時に多少痛くなる程度で済んでいるので、サドル単品で買ったことはないですし、沼にも入っていません。良いサドルを買えばもっと快適になるかもしれないですけれどもね。

 

さて、コミック版ではすでに発売されていた「はやめブラストギア」の2巻ですが、やっとの事でKindle版も発売されたので読んでみました。遅れても1週間くらいにしてくれませんかね。

 

自転車漫画としては他の漫画と一線を画するこのブラストギアですが、裏の世界の自転車バトル漫画で、常識では考えられない戦い方をするのが1つの面白いポイントかと思います。まぁ、みんな大好き弱虫ペダルなんかも、登りでケイデンスが30とか上げてキープ出来たり、登りでリアをトップに入れてみたり、空気吸ったら身体が風船みたいに膨らんだり、バッタみたいになったりと尋常じゃない戦い方をするんですけれどもね。

 

自転車のパーツを賭けたバトルに負けると自走で帰ることができなくなるので、ルーザーズバッグ(輪行袋)に入れて帰ることになるのですが、今回はサドルを取られてしまうってな具合になったりします。

サドルが無ければブロッコリーを挿せばいいじゃない!

 

で、そのパーツの中に主人公のはやめの父の手がかりとなるブランドのパーツがあって進んでいくのですが、今回も謎の老人が出てきたりとか、まだまだ謎は解けそうで解けない、道半ばと言った感じですし、2巻の終わり方も早く次を読みたいぜって感じなので、わくわくしながら待つこととします。

 

また、2巻では実在の峠や激坂やローディーに人気のお店が登場したりするようになりました。1巻では風張峠とか出てきましたが、実際の風張峠とは異なるものだったのが、実在のものに近づいたんじゃないかなと思います。

 

今回登場したのは、小沢峠(トンネル)、名栗湖あたりのターニップと言う飲食店、裏ヤビツ百草園、弱虫ペダルでの合宿の地となったサイクルスポーツセンターなどですね。ターニップは焼きカレーが有名っぽいので、何度か行こうと思ったのですが定休日だったりして断念してます。あと、ヒルクラ前にカレーとか口にしたらなんか嫌なのもあります。

 

どうでも良いけど、ペダルを回すとちょっとえっちな突起物が上下する仕組みをとある大人の映像業界で取り入れたのは天才だと思います。が、そういうおもしろ映像にはあんまり興味はないです。

 

 

関連記事

 

ピタゴラスイッチみたいな連続性「CITY」という漫画を読みました

スラマッパギー!どうも、私だ。アニメ「日常」は見てたんだけど漫画の方は読んでなかったね。で、日常を書いている「あらゐけいいち」さんが書いている「CITY」と言う漫画を読みました。

 

相変わらずのあらゐさんのテイストが満載で面白かったです。何ていうか、意表を突かれた突拍子もない行動の連続性があって、出演者全員ボケみたいな展開がピタゴラスイッチの連続した面白さみたいな感じでとても良いです。

なんだろうね、そこボケが繋がってんのかよ!みたいな感じですかね。あと、まだボケが続くのかよ!みたいな感じですよね。

 

ほんわかしたところも好きですよね。ものすごい個性的な感じの登場人物なのに、アクがない感じがするのも好きです。

 

日常も10巻まで出ているのですね。アニメ後も続いてたみたいなんで機会があれば読んでみたいなと思いますですよ。CITYもアニメ化すればいいのにとは思いますが、どうなんでしょう。

 

日常の夏休み (角川つばさ文庫)

日常の夏休み (角川つばさ文庫)

 

 

関連記事

 

新居に引っ越しをしました

荷物を運び出した引越し前の部屋の写真

5年半ほど住んだ賃貸の小さな一戸建ての家から新居に引っ越しをしました。狭くて窓が沢山あって壁が薄くて冬は寒くて夏は暑いと言う部屋でしたけれども、こうやって荷物が全部運び出された状態を見ると、結構広くていい部屋だったなと思うわけです。こう言うのを感傷って言うんでしょうね。

引越し屋さんはサカイさんにお願いしましたが、テキパキと忙しくまるでアリさんのように働いてくれていました。感謝です。

 

引っ越し直後の自転車部屋の写真

で、念願の新居の方なんですが、こんな感じでカオスな状態となっております。この部屋は自転車部屋としたいと思います。とは言え、キャンプとか家庭菜園とかDIYとか趣味全開の部屋にしたいと思ってます。楽しみですね。

 

光回線の工事が結構遅くなりまして、ポケットWifi的なのを借りたりとまだ不自由しているんですが、色々と最新の設備には驚きますね。ものの数分でお風呂に入れる状態になるのとか素敵すぎます。

 

自転車はロードバイク、クロスバイク、ママチャリと3台あるのですが、3台とも乗って移動させてみました。ロードバイクは引っ越し当日に自分の移動手段として使いました。

 

こちらはクロスバイクですが、二日酔いの朝って言うのもあるし、週末で多摩川サイクリングロードが混んでたんで51分と遅くなってますね。

 

こちらは引越し当日のロードバイクでの移動、体調はそれなりに良かったので44分と早いですね。引っ越しのトラックより早く着いたので、やっぱ信号待ちが少ないサイクリングロードは素晴らしいと思います。

 

最後の難敵はママチャリでした。引越し前の家でゴミを捨てる都合があったので、その帰りに移動しましたが、深夜時間帯で道路も空いててサクサクいけたので、なんとクロスバイクよりも早い49分で到着です。ママチャリの前かごを持つTTポジションで気分はカンチェラーラだったのですが、2台くらいロードバイクに抜かれて少し悔しかったです。

 

そんなこんなで、自転車部屋を充実させたりDIYで色々と作ってみたりしたいと思うので、今後とも宜しくお願いします。

 

ニチバン 布テープ 50mm×25m巻 121-50 黄土

ニチバン 布テープ 50mm×25m巻 121-50 黄土

 
ゼロから始めるひとり暮らし 部屋探しのAtoZ: たった一冊で部屋探しの達人に

ゼロから始めるひとり暮らし 部屋探しのAtoZ: たった一冊で部屋探しの達人に

 
引っ越し業者が教える、引っ越しの裏ワザ

引っ越し業者が教える、引っ越しの裏ワザ

 

 

関連記事