二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

久々のグループライドで宮ヶ瀬湖に行ったら膝が砕けた

冷静に考えると社畜の朝は早いってものすごいパワーワードですよね。私はもう社畜ではないので朝は遅いのですが、社畜だった時から朝は遅かったと思います。それほどまでに朝が苦手なのであります。

クロスバイクやロードバイクに乗るようになって、他のローディーのブログ何かを読んでいるといつも思うのがローディーの朝は早いと言うことですね。夜道を走るのはそれなりに危険が伴うし、早朝であれば道路もそんなに混んでいないので朝方が人気があるのも頷けます。夏場はともかくとして冬はまずお布団峠を超えるのに四苦八苦してちょっと足つきしたつもりが二度寝でDNSになったりなんかすることが多くあるのです。

 

f:id:t-horikiri:20171216130439p:plain

普段コミュ障がゆえに1人でのソロライドをしているわけですが、今回は数少ない友人の1人が会社の人と宮ヶ瀬湖まで行くとのことでお誘いを受けまして行ってくることにしました。それが朝の7時半に尾根幹入り口の矢野口のローソン集合という何ともDNSになりそうな雰囲気を醸し出すではありませんか。そんなわけで、かなり無理をして5分位の遅刻をしつつ尾根幹を超える旅に出発です。

 

f:id:t-horikiri:20171216131249p:plain

私はいつも1人でマイペース走行なので上り坂になるの急激にやる気を無くしてスローペースになるのですが、さすが皆様は乗り慣れているだけあって尾根幹とかのちょっとした坂であればダンシングで駆け上がっていくのが素敵です。それにしても鬼引きしてもらってるんですが、ペースが速くてちぎれ気味になっちゃいます。

 

f:id:t-horikiri:20171216132800p:plain

南多摩斎場のところで坂を降りたので、この信号を左折して尾根緑道に入るのかと思ったんですけれども、ただ坂を登るために一度降りただけみたいでした。Stravaで12月中に8,000登ったバッジをゲットするためだけにこういうことをしているみたいです。ちょっと頭おかしいなと思いました。

 

f:id:t-horikiri:20171216133233p:plain

人と走るのも楽しいですね。こうやって並んですこしお喋りしながらって言うのも面白いもんです。と言っている間に津久井湖の裏側へ向かってちょっとした登りにはいっていきます。

 

f:id:t-horikiri:20171216133627p:plain

こんな感じで皆坂に入るとダンシングになるんで、私も真似してやってみましたがすぐに足がもげそうになるので、やっぱりインナーローでくるくるまわして登るほうが私には合っていると思います。小野田くんみたいに30回転も上げられないですけれどもね。

 

f:id:t-horikiri:20171216134347p:plain

そんなこんなで、こっこパークまで来たら最後の力を振り絞って登りきれば宮ヶ瀬湖に到着です。

 

宮ヶ瀬湖はイルミネーションの準備がされていましたので、夜はとてもきれいなんでしょう。でも、この時点で気温が4℃なので夜に来たら凍えて死んでしまいそうになっちゃうので注意が必要です。

 

猫ちゃんが居たのでちょっかいをかけにいったのですが、この宮ヶ瀬湖の猫ちゃんは我関せずでマイペースです。逃げもせず寄っても来ず追いかけてもマイペースで歩いてどこかへ行ってしまう感じでした。宮ヶ瀬湖で別の方と待ち合わせをしていたみたいですけれども、先方さんが時間を間違えたとかで合わずじまいの解散となりました。

 

帰りも同じ道を通って帰りましたが、私のためにちょっとした撮影タイムが設けられました。

 

こちら津久井湖からおおくりしております。天気も良くて風もほぼなかったので快適なライドにはなったのですが、完全に自分のペースを見失ってしまったのでちょっと膝に痛みが来てしまいました。

帰り道を尾根幹にするか避けて通るか論争がありましたが、結局獲得標高8,000m達成に押し切られて尾根幹で帰りましたよ。

来年はもう少し早起きを頑張って人と走って鍛えたいなぁと思う次第でありましたとさ。

 

 

るるぶ厚木 伊勢原 秦野 愛川 清川 (国内シリーズ)

るるぶ厚木 伊勢原 秦野 愛川 清川 (国内シリーズ)

 
相模原本 最新版 (エイムック 3852)

相模原本 最新版 (エイムック 3852)

 
I Love 宮ヶ瀬ダム

I Love 宮ヶ瀬ダム

 

 

関連記事

 

パールイズミのサイクル レイングローブを買いました

先日のツール・ド・東海道と称した名古屋までのライドが雨予報だったために色々仕入れた雨の日ライドグッズを紹介するこのシリーズも基本的には最終回と言うことにしたいと思います。買ったけど使わなかったものも有るんで。

そんなわけで、冬場の雨の日で最も濡らしたくないところと言えば足先ともう一つが指先なんじゃないかなと思うわけです。身体も濡らしたら厳しいですが、緊急避難的なレインウェアはコンビニとかでも手に入りますからね。冷えやすいところと言えば末端なわけです。末端のものから切られる会社員と同じような感じですよ。

 

装着してみた感じはこの通りです。サイズの問題もあると思いますが、ちょっとスカスカかな?と言った印象です。冬場にはパールイズミのインナーグローブとかと組み合わせると多少マシになるかもしれません。

濡れても滑らないとの事ですが、最初からちょっとゴワゴワ気味なのでそこは気になるところです。あと、完全防水では無いみたいですので、ずーっと雨の中に居るようだと厳しいかもしれません。

今回はパールイズミの夏用UVカットフルフィンガーのグローブ、パールイズミのインナーグローブと共に持っていって使ったのですが、雨の降っていない箱根から沼津に降りるダウンヒルでも使ってみました。普通の冬用グローブと比べると心もとない感じではありますが、まぁ、無いよりあったほうがいいかもなという程度ですんで、晴れてて寒さが厳しい時は別のものを使うのが良いでしょうね。

雨の中で携帯は使ってないので、タッチパネルに反応するかどうかは試してないけれども、GARMINさんを使う上で困ったことはないので、細やかな操作が必要とかでなければ大丈夫だと思います。スマホだと厳しいかもね。

 

 

関連記事

 

モンベルのサイクル レインシューズカバーを買いました

名古屋にサッカー観戦に行くためにツール・ド・東海道と称して東京の自宅から名古屋まで行ってきたわけですが、初日が雨予報だったので急ごしらえで雨の日装備を購入したんですが、その紹介シリーズになりますよ。今までにヘルメットカバーレインジャケットレインパンツを紹介しました。

今回はモンベルのレインシューズカバーです。冬場は足先が冷たくなって大変であるのにさらに足先が濡れてしまったら最低です。風を切って走るたびに濡れた気化熱が足元から奪っていき寒いを通り越して痛いにまで発展してしまうわけですよ。

 

開封してみると結構な薄手でありますが、素材的にきちんと雨を防いでくれそうな雰囲気ではあります。事前に防水スプレーをしておいたほうがさらに良いかもしれませんね。

 

実際に装着してみた感じはこの通りです。着脱はそんなに大変ではありませんが、ピタッとフィットするようにしておいた方が信号で停まったときなどは良さそうな感じです。私はSPDペダルですが、SPD-SLでもだぶん大丈夫そうです。というよりSPD-SLの方が都合が良さそうな感じです。

 

この手のアイテムは結構嵩張ると思うんです。と言うのも爪先部分が地面に設置しても破れないように、そして滑らないようにゴムがついているのですが、そのゴムが薄いためなのか折りたたむとコンパクトになるのが非常に嬉しいポイントですね。

付属の袋に入れておけばジャージの後ろポケットにも簡単に入るサイズです。冬場に足元が濡れるのは死活問題ですから、途中で天気が良くなりそうな時のライドもこれがあれば怖くないですね!まぁ、雨の日はなるべく乗りたくないですけれどもね。

 

次が最後だと思うよ。

 

モンベル(mont-bell) サイクルレインシューズカバー ガンメタル GM 1130349 ガンメタル M

モンベル(mont-bell) サイクルレインシューズカバー ガンメタル GM 1130349 ガンメタル M

 
(パールイズミ)PEARL IZUMI 92 レインシューズカバー 3 ブラック L

(パールイズミ)PEARL IZUMI 92 レインシューズカバー 3 ブラック L

 

 

関連記事