二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

JSportsでフレッシュ・ワロンヌ 2019を見ました

あれだけフレッシュだった足がユイの壁と呼ばれる激坂を登ることで膝が笑うくらいになってしまう事がレースの名前の由来だとかそうでないとか。ハハッ、まじワロンヌ。と言ったりなんかしてますが、実際にゴールであるユイの壁は最大勾配で20%を超える激坂中の激坂なのであります。関東近郊で言うてみれば子ノ権現のラストがゴールと言う事になりますね。しかも200㎞のレースのラストの周回コースでユイの壁を3回登るって言うんだから頭おかしいですね、頭と足と心肺がおかしいですね。

 

ここ数年の結果はと言えば、モビスターの師匠ことアレハンドロ・バルベルデの4連覇の後の昨年にクイックステップのジュリアン・アラフィリップが勝利しています。つまり、名うての激坂ハンターが勝利しており、一撃のあるパンチャーが勝利しているのようですね。今年はここまで絶好調のアラフィリップが勝つのか、バルベルデが奪い返すのか、スプリンター系のサガンは実際のところどうなのか?はたまた別の勝者が現れるのか楽しみにしておりました。

 

 レースは終盤の周回コースにてミッチェルトンのアダム・イェーツやバーレーンのポッツォヴィーヴォなどが落車で脱落、最終周を前にサガンは失速などと有力どころが落ちていく中、役者のアラフィリップ、バルベルデなどは残っています。最終周にはいるとクイックステップはエンリク・マスのアシストからアラフィリップが万全の位置、そしてスカイのクウィアトコウスキーやロットのティム・ウェレンス、バルベルデ、フルサングもその後ろをキープと言った形でユイの壁へ向かっていきます。

 

そしてユイの壁を先頭で乗り込んだのはクウィアトコウスキーでしたが、前に出されてしまったかのような動きでペースは上がらない。最初のカーブでフルサングが前に出るとそのまま少しリード。アラフィリップは後ろのバルベルデを常にチェックしながら出し切らずに追いかける展開になりました。フルサングがさらにリードを広げるとアラフィリップはバルベルデを気にして2度、3度と後ろを振り返り、もうバルベルデが付いてこれないのを確認したのにちに猛然とアタックしてフルサングの後ろにビタっと張り付きます。

 

そしてアラフィリップは激坂のラストで再加速をすると一瞬のうちにフルサングの前に出ます。激坂が終わって緩斜面になってもアラフィリップがリードしていますが、フルサングも粘りに粘りアラフィリップの真後ろをキープ。最後はアラフィリップが若干コースを重ねるようにガードしながらのフィニッシュになりました。いやぁ、それにしても今シーズンのこの二人の争いはすさまじいものがありますね。3位にはUAEのディエゴ・ウリッシが入りました。

 

このままアラフィリップはバルベルデの4連覇を超えることが出来るのか?それが今から楽しみでなりませんね。

 

Cycle*2019 フレッシュ・ワロンヌ
 
J SPORTSオンデマンド

J SPORTSオンデマンド

  • 発売日: 2020/02/06
  • メディア: アプリ
 

 

関連記事

 

緑のアルプスあづみのセンチュリーライド2019の参加証が届きました

f:id:t-horikiri:20190515164600j:plain

今年の1月19日にエントリした緑のアルプスあづみのセンチュリーライドの参加証などが郵送されてきました。これで長野の大自然の中を走れると思うと今からウキウキですね。心配事と言えばコミュ障な私が大勢の参加者を前にして自転車に乗れる精神状態でいられるのか?という事になるのですが、厳しいヒルクライムと同じで心のスイッチをオフにして景色を見て過ごそうと思います。

 

f:id:t-horikiri:20190515164913j:plain

さて、AACRでは自転車がキチンと整備されている必要があります。なので前もって自転車屋さんに行って車検をして書類を書いてもらう必要があるのですよね。幸いにして近所にやってくれそうなY's Road府中多摩川店がありますので、そこでお世話になろうかと思います。今から楽しみです。

 

関連記事

 

DAZNでアムステルゴールドレース 2019を見ました

ロードレースを題材にした漫画やアニメの中で最も有名なものは弱虫ペダルって言うのがありましてね、現実正解では到底あり得ないであろうダンシングをしたり、高回転でペダルを回したりとか言う怪物と言うよりも妖怪と言う方が正しいキャラが登場するし、熱い展開を繰り広げるわけでありまして、そりゃまぁ、熱狂する人も多いよねと思うわけです。

 

現実世界にはそんな妖怪のような選手は居ないよ。と言いたくなるわけですが、かつてのカンチェラーラとかは宇宙人と呼ばれてたり、ビジュアルから海賊とか呼ばれてたり、現役選手でもハルクポーズをしたりメッシーナのサメとかの異名を持つ選手は居るわけですね、その選手も怪物のような選手なのでしょう。

 

で、今回のアムステルゴールドレースではまさにそんな怪物の存在がありました。漫画でもその原稿は編集に却下されるよとか言う言い回しがありますが、まさにそんな漫画でも却下されるような衝撃のラストがあったのでした。まさに事実は小説より奇なりと言った感じですね。

 

レース終盤でクイックステップのジュリアン・アラフィリップとアスタナのヤコブ・フルサングが抜け出し、その後方にスカイのミカル・クウィアトコウスキー含む追走、さらにメイン集団が続く感じでした。ストラーデビアンケからこのアラフィリップとフルサングの二人の抜け出しと勝負が続いていて、お互い好調だなと思うし、お前らほんと仲が良いな!と思うわけですね。

 

で、この二人はゴールスプリントではアラフィリップが有利なので、フルサングとしては先にアタックを仕掛けて振り切りたい感じがあるのです。よって終盤にはフルサングのアタックが頻発し、それに対応するための牽制が始まるのです。アタック&牽制になると加速したり減速したりしながら平均速度としては落ちるので、後続が追いついてきてしまうわけですね。

 

そんなこんなで、この二人にまずは追走の中から単独でクウィアトコウスキーが追いつきます。さらにその後ろではメイン集団から抜け出していたコレンドン・サーカスのマチュー・ファンデルプール率いる集団が追走を吸収しながら諦めずに追いかけてきています。

 

先頭に加わったクウィアトコウスキーは追いついた勢いのままアタックしますが、それに付いて行けば楽にゴール前まで行けると踏んだアラフィリップとフルサング。対してマチューは後ろを振り返りつつ気にしつつも前を見据えたままの鬼引きを見せます。これで勝てなくてもマチューの人間としての評価はうなぎのぼりだったでしょう。ところがこのままの勢いでスプリント体制に入ったアラフィリップとフルサングをもそのまま飲み込んでしまうようなスプリントを開始するのです。

 

最終的にはマチューの後ろにはマチューを風よけにツキイチでついてきた集団もいるのですが、このマチューの鬼引きとスプリントに引きちぎられるのを回避するのが精いっぱいで、横に並ぶことも許されずにゴールを駆け抜けたのでありました。うん、これは怪物ですわ。

 

過度な牽制の恐ろしさと、マチュー・ファンデルプールの怪物さ加減をまじまじと見せつけられたわけで、このレースは一見の価値があるものでした。まさに編集に却下されるような展開だったわけで、スポーツって面白いよなと思う瞬間でありました。

 

DAZN

DAZN

  • 発売日: 2020/04/02
  • メディア: アプリ
 
アムステルゴールドレース 2011 [DVD]

アムステルゴールドレース 2011 [DVD]

  • 発売日: 2011/06/24
  • メディア: DVD
 
アムステルゴールドレース 2010 [DVD]

アムステルゴールドレース 2010 [DVD]

  • 発売日: 2010/09/23
  • メディア: DVD
 

 

関連記事