二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

お花見サッカー観戦ライドをしてきました 2019

今年もこの季節がやってきました。春と言えば花見、花見と言えばサッカーですね、そうなんですかね?まぁ、いいです。今年も去年に引き続いて友人に招待されてやってきたのは東京都武蔵野市にある東京武蔵のシティフットボールクラブのホームスタジアムの武蔵野陸上競技場でございます。現在武蔵のシティはJ3リーグにへの参入を目指してJFLを戦っており、2節までを終えて2連勝の中で第3節にFC大阪を迎えての一戦となります。

 

この武蔵野陸上競技場は芝生席の上段に桜が生えておりまして、この時期は満開の桜の下でお花見を楽しみながらサッカー観戦が出来るのです。もしJリーグ参入となったらこのような緩い感じでは出来ないかもしれませんので、ひょっとしたら今年が最後かもしれませんね?って思いながら過ごしていると感慨深いものがあるでしょう。

 

残念ながら試合の方は0-1での敗戦となってしまいました。けれどもそれなりに緩く楽しむことが出来たのでそれはそれでよいかなと思いますよ。試合後は友人とそのまた友人たちの子供達が段ボールでスタンドを滑るソリ遊びを手伝ったりなんかしながら過ごしました。

 

最後には去年と同じく多摩湖自転車道を通って多摩湖まで行って、多摩湖一周などをしてから帰るのでした。自転車で花見に行くのは楽しいけれども、帰りのことを考えてお酒を飲まないようにしなければならないのがちょっとアレですね。輪行するにもあんまり電車のアクセスが良くないので、やっぱ近所で花見出来るといいのにな、と思うわけです。

  

ライドの方は距離58㎞、獲得標高259mという事になりました。距離的には去年とほぼ同じでしたが、獲得標高には50m以上の差がありましたね。どういった違いでこうなったのでしょうかわかりませんが、楽しかったので別に良いです。

  

春Walker首都圏版2019 (ウォーカームック)

春Walker首都圏版2019 (ウォーカームック)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/02/15
  • メディア: Kindle版
 
日本の特別地域 特別編集39 これでいいのか 東京都 武蔵野市三鷹市

日本の特別地域 特別編集39 これでいいのか 東京都 武蔵野市三鷹市

 

 

関連記事

 

DAZNでE3・ビンクバンク・クラシック 2019を見ました

ビンクバンクってビックバンに見間違えちゃうけれどもたぶん銀行の名前か何かだよね?スポンサーしているのかな?さて、見始めたのは逃げ集団をメイン集団から抜け出したクイックステップのボブ・ユンゲルスが単独追走しているシーンからでした。ルクセンブルクチャンピョンジャージのユンゲルスは独走力があり、テルプストラを髣髴とさせる走りで逃げグループに合流します。

 

メイン集団は残り40㎞あたりでCCCのファンアーフェルマートのアタックをキッカケにしてBORAのサガン、ミッチェルトンのトレンティン、AG2Rのオリバー・ナーセン、ユンボのファンアールト、EFのベッティオールなどの勝利を期待される面々に絞られます。そこでもきちんと入ってくるのはオンループで勝利したクイックステップのスティバルが入っています。この展開になると逃げるユンゲルスが居るスティバルは体力を温存できるのですごく有利そう。

 

逃げ集団に追いついたユンゲルスは残り30㎞あたりで単独アタックで独走態勢に入ります。追うメイン集団の中ではサガンがメカトラなのかな?ギアが重いまま変速しない感じにになって失速してしまいます。

 

ユンゲルスは残り7㎞あたりでファンアーフェルマート、ベッティオール、ファンアールト、スティバルに追いつかれて5人の集団になりますが、クイックステップが二人を入れているので有利かな、それにしても独走を追いつかれても千切れないの凄いね。

 

これまで足をため続けたスティバルが3㎞あたりでアタックをかけるがこれにはチェックが入り独走までには至りません、すると今度はユンゲルスがさらに足を削るべくアタックをかけるがさすがに長くは続かずに逆に千切れていってしまいます。

 

牽制状態となった4人にユンゲルスが追いつくと、ここでもうひとアタックで先頭を引きながら頑張ります。最終のスプリントではファンアーフェルマートが早がけしますが、誰かのアタックの後を狙っていたスティバルがこれをかわして勝利、その後ろにはファンアールト、ファンアーフェルマートの順になりました。強烈な走りをしたユンゲルスは3秒遅れの5位となっています。

 

それにしてもボブ・ユンゲルスの独走力とクイックステップのチーム力は凄いなぁと感心するしかありませんね。チームとして最終局面で自らでレースを動かしておいて、その曲面曲面に勝てる力をもった選手を入れていけるって言うのは純粋に凄いし、それを完璧にこなす選手も凄いの一言でした。いやぁ、面白いねぇ。

 

DAZN

DAZN

  • 発売日: 2019/12/12
  • メディア: アプリ
 
DAZNプリペイドカード 1ヶ月

DAZNプリペイドカード 1ヶ月

  • 出版社/メーカー: Perform Investment Japan(DAZN)
  • メディア: CD-ROM
 
Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

  • 発売日: 2019/01/23
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

関連記事

 

裏時坂峠から裏和田峠をまわるライドに行ってきました

f:id:t-horikiri:20190329132935j:plain

今回は2月の頭の雪が降ったあとに突っ込んだら積雪で先に進めなかった裏時坂峠を登ってみたいと思うんですよ。奥多摩方面、檜原村方面でも大きな道は雪のあとも割と早く除雪されるけれども、マイナーな峠とか、裏○○峠とか言われる道は除雪されないことが多いですね。しかし、すでに時期は3月の終わり、桜もちらほら咲く頃ですのできっと行けると思います。

 

f:id:t-horikiri:20200108094020p:plain

そんなこんなで裏時坂峠の入り口までやってまいりました。前回は激坂の証であるドーナツの隙間に雪があって凍っていた道もただの激坂です、頑張って登っていきましょう。しかし、突入後、即ドーナツってどうなのよ。

 

f:id:t-horikiri:20200108095007p:plain

裏時坂峠にエントリ後の最後の民家を超えるともうこの有様です。しかもここまでほぼ10%を超える勾配ですのですでに息の方はハァハァとしており、強烈な斜度にフラフラしている状態です。ここからさらに15%の勾配区間に挑むこととなるのです。

 

f:id:t-horikiri:20200108095510p:plain

裏時坂峠の路面の方はと言いますと、舗装はしっかりしていてキレイです。ひび割れとか大きな穴とかはありませんので、それなりに走りやすいのですが、ところどころ崖からの落石でそれなりに大きな石があったりします。それさえ避けられれば問題はなさそうですね。

 

f:id:t-horikiri:20200108104654p:plain

裏時坂峠はほぼほぼ10%の勾配で最大では15%くらいにはなるのですが、距離的にはそんなでもありませんので、結構あっさりと終わります。と言うのも頂上付近は割と平坦でちょっとしたアップダウンがある程度、この写真のあたりが一番高いところくらいなのではないでしょうかね。とはいえ、激坂で力んだ影響でちょっと腰が痛くなってしまいましたが。

 

f:id:t-horikiri:20200108105044p:plain

激坂区間が終わると絶景ゾーンがやってきます。ここまでくればもう終わったも同然ですので、足を緩めて景色を堪能しておきましょう。くれぐれも路面には注意ですが。

 

f:id:t-horikiri:20190329132700j:plain

峠の茶屋の「そば処みちこ」でランチにしようかと思ったのですが、昨年の11月25日で閉店してしまっていたようです。そばランチを期待していたのにこの仕打、ちょっとつらいです。

 

f:id:t-horikiri:20190329132916j:plain

そんなわけで、お蕎麦は諦めて先に進みます。とりあえず休憩ポイントで補給しながら記念撮影を済ませます。

 

f:id:t-horikiri:20200108110201p:plain

ここからは表側の時坂峠をダウンヒル。景色だけを堪能するのなら表側を登って降りるのが良いでしょうね。激坂を楽しみたいのであれば裏側が良いと思いますけれども、表側もそれなりにきついですよ。

 

f:id:t-horikiri:20200108110428p:plain

ダウンヒル中に景色を楽しむべくアクションカムをクルクル回して角度調整をしていたら誤って完全に緩ませてしまって落下してしまいました。ただ、あんまりない角度の映像が残ったのでこれはこれでアリかもしれません。壊れなかったしね。

 

f:id:t-horikiri:20200108110610p:plain

降りきった払沢の滝入口あたりにあるイタリアンでランチにしようかと思いましたが、ランチは約20食でなくなり次第終了、夜は予約のみのようなんですよね。まぁ、ちょっと面倒くさそうなお店かもしれないってなわけで、こちらも諦めてちとせ屋でドーナツを補給して移動することにしました。

 

f:id:t-horikiri:20200108110843p:plain

裏時坂峠を制した私は今度は先日の裏和田峠で死にそうになったリベンジをするべく都民の森方面へ走り出します。上川乗の信号で左折して甲武トンネルを目指します。

 

f:id:t-horikiri:20200108111252p:plain

とは言え、今更甲武トンネルと言っても何回か通った道ですので、あんまり見どころはないのですよ。あ、あれ?えっ?

 

f:id:t-horikiri:20200108111943p:plain

おわかりいただけただろうか?先週の奥多摩周遊道路を奥多摩湖側から上ったのに引き続き猿がいらっしゃるではないか。しかもこっちをガン見しているご様子ですよ。さすがにこの距離で睨まれると恐怖を感じますね。

 

f:id:t-horikiri:20200108113355p:plain

それでは甲武トンネルもクリアして裏和田峠までやってきたので登っていきましょう。このあたりは丁度選挙時期だったらしく、選挙カーに応援されながら(されてないけど)登っていくことにします。前回はしばらくサボった後の事だったので途中で足を攣って敗退したので、リベンジといきたいところです。

 

f:id:t-horikiri:20200108113622p:plain

裏和田峠の序盤には桐花園と言うキャンプ場とかがあるところがあるのです。ここには看板にある通りプールもあるらしいのですが、3月のこの時期にプール的なところからワイワイガヤガヤと楽しむ子どもたちの声が聞こえてきた気がするのですが、マジで?プールなの?幻聴なの?と言った趣なのですよ。温水プールかなんかなんでしょうか?

 

f:id:t-horikiri:20200108114007p:plain

とまぁ、ゆっくりと登っていると前回に足を攣ってしまった激坂区間にやってきます。が、残念ながらアクションカムのバッテリーが切れてしまったため、ここいらで終了でございます。ちなみにリベンジは成功いたしました。

 

f:id:t-horikiri:20190329163158j:plain

和田峠で休憩しながら記念撮影をしてここいらで終了ですが、家を出てからろくなものを食べずにここまで来たので腹ペコでございます。和田峠を降りたところで食事にいたしましょう。

 

陣馬そば山下屋で蕎麦をいただきます。どうも裏時坂峠で胃袋が蕎麦になってしまったので、ここまで蕎麦を食べるためだけに我慢して来たわけで、味も格別なのです。今回はのらぼう菜を油で炒めたお蕎麦です。ここで食べるのは二度目です(前回)が、非常においしくいただけますね。満足したので帰りましょう。

 

と、そんなこんなで裏時坂峠と裏和田峠をクリアするためのライドが終わりました。トータルで距離が114km、獲得標高は1,754mとなったようです。この時期としては結構ハードなライドでしたが、登坂力は戻りつつあるのが救いですかね。

 

桧原村の台所から―山の暮し、土の恵み (1984年)

桧原村の台所から―山の暮し、土の恵み (1984年)

  • 作者:玉木 昭子
  • 出版社/メーカー: 柴田書店
  • 発売日: 1984/09
  • メディア:
 
陣馬街道の今昔

陣馬街道の今昔

  • 作者:石井宏直
  • 出版社/メーカー: 揺籃社
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本
 

 

関連記事