二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

変速が気になったらチェーンの伸びをチェックしよう

ロードバイクを購入してから1年が経ちました。今日現在でStravaの計測によるとローラー台を含めて3,664km走ったことになるようです。事の真偽は知りませんがネットの情報によりますと3,000~6,000kmくらい走るとチェーンが伸びてくるようです。もちろん貧脚であればあるほどチェーンに力が加わらないので伸びないはずですが、変速も気になってきたのでチェックしてみることにしました。

そこで購入したのがBBBのチェーンチェッカーです。これをチェーンに刺さるか刺さらないかでチェーンの伸びを確認出来るようですね。というわけで早速図ってみましょう。

 

まずは1%以上伸びているかを確認、うん、これならば大丈夫そうです。変速が決まらないのは他に原因がありそうですね。

 

0.75%でも測ってみましょう。こちらも刺さらないので大丈夫ってことみたいです。まだまだいけるなってなもんです。オレ、0.75%が刺さったらDura Aceのチェーンにするんだ!って言うフラグを立てておきたいと思います。

 

それではすでにStrava計測だけで8,394km走っているクロスバイクのチェーンはどうでしょうか?まずは0.75%で測ってみるとズッポシはまってしまいます。さすがに8,000km走れば伸びるよね~ってことですね。

 

では、1%ではどうかと測ってみるとこちらもズッポシなので、相当伸び切っているようです。これはチェーンは変えないといけないですね。最近は奥さん専用機となっていて走行距離は伸びてませんが、走行中に切れたりしたら危ないので変えておこうと思います。このあと滅茶苦茶メンテした。

 

BBB 工具 チェーンチェッカー  BTL-51  102129

BBB 工具 チェーンチェッカー BTL-51 102129

 
シマノ CN-HG901 11S 116L ICNHG90111116

シマノ CN-HG901 11S 116L ICNHG90111116

 
シマノ HGチェーン 116L 6・7・8速用 CN-HG71

シマノ HGチェーン 116L 6・7・8速用 CN-HG71

 

 

関連記事

 

IBERAのカーボン柄ボトルケージを取付けました

約2年前にクロスバイクを購入してからと言うもの、ドリンク用のボトルを入れるためのボトルケージにはTOPEAKのものを利用していたわけです。何故かと言うと、ここまで乗るとは思っておらずに街中走るくらいだったらペットボトル運用がメインになるし、どちらも利用可能なボトルケージが良いよね!ってことだったわけです。

クロスバイク時代の自転車通勤は片道15kmで帰りに寄り道したとしてもペットボトル1本あれば十分でしたが、その後に引っ越したこともあり倍の30kmになったからボトル運用にしたのです。そうなるともはやペットボトル運用をメインに考えなくて良くなったわけで、ならば変えようってなわけですね。

 

さっそく取付けてみましたが、もしもの時のためにペットボトルでも運用できるように片方はそのままTOPEAKのものを残してあります。メインで使うダウンチューブには今回導入したIBERAのボトルケージを、サブで使うダウンチューブにはペットボトルでも運用できるようにTOPEAKのものを使用しています。

 

すでに今の時期は寒いので1ボトル体制ですので、片方にはツール缶を入れていますが、夏の暑い時期にはサドルバックを復活させて2ボトル体制にするつもりです。ランドナーのようにダウンチューブ下を活用するのにも憧れますがあいにくダボ穴が空いていないのでね。

 

で、IBERAのボトルケージですが軽いしカーボン柄でカッコよいと思いますよ。ま、カーボンじゃないんだけどね。今までのTOPEAKのものは右手と左手とどちらで抜き差ししても同じでしたが、こう言った左右非対称のものは右手で取るように設計されていますので、普段左手でボトルを出し入れしている人は注意してくださいまし。

 

 

関連記事

 

ローラーに乗りながらTVアニメ「南鎌倉高校女子自転車部」を観ました

チバっていこう!千葉っていこう!WIN BY ALL!わんわんお!って事で本日11月19日はJリーグDivision2の最終節がありまして、J1昇格プレーオフに出場出来るか否かが決定される重要な日なわけでございます。是非ともズッ友こと京都サンガF.C.には頑張っていただいたうえで我々が3点差で勝利を目指すと言うことになるわけですね。泣いても鳴いても笑って許しても最後ですよ。

 

さて、つい先日に三本ローラーを買ったわけですが、毎日とまでは言わないけれども結構ハムスターごっこをして楽しんでいるのです。三本ローラーを回すと発電できる仕組みがあればいいのにと思いながら日々過ごしているわけですが、三本ローラーに乗っているのは苦痛でありまして、その苦痛を紛らわすためには何かコンテンツを見るしかないんですよ。

 

そんなわけで、気分を乗らせるために自転車アニメを観るわけですが、「弱虫ペダル」だともがいている最中にケイデンスをもう30回転上げろ!とか無茶ぶりのオーダーが出てしまって、上がるわけ無いだろ!と怒ってローラーから降りてしまいそうになるので見ようとおもいつつあんまり触手が伸びなかった「南鎌倉高校女子自転車部」を観ることにしたわけですね。

 

原作漫画はすでに読んでいるのでふんふんと気楽に観ることが出来るので良いのですが、イマイチこう、何て言うかふんわりし過ぎている割には「ろんぐらいだぁす!」みたいな自転車の良さも伝わってこないなんとも、うーんと言う感じです。

 

例えば、ナイタークリテリウムのスタート場面も、いや、スタートで躓いたんだから、さっさと出ろよ!とか思うわけですが、感動のスタート感を出すためにのんびりしちゃって良くない。「弱虫ペダル」もレース中の会話シーンとかでよくそんなに喋れるなとか思うわけですが、何故か許せてしまうのに対して「南鎌倉高校女子自転車部」はそんなスコポン漫画アニメと違うので戸惑ってしまいます。ま、ローラー乗ってる最中にはそんな間延びした感じも良いのかもしれませんね。

 

ところで、主人公の舞春ひろみさんは最初自転車に乗れないと言う設定だったので、広場で自転車を乗る練習をするのですが、舞春ひろみがバランスを崩す瞬間に自分も身体が反応してしまってバランスを崩す事象が発生しました。皆さん、気をつけて三本ローラーライフを送ってくださいまし。

 

入学式ッ!

入学式ッ!

 
南鎌倉高校女子自転車部 VOL.1 [Blu-ray]

南鎌倉高校女子自転車部 VOL.1 [Blu-ray]

 

 

関連記事