読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」の答え

5年生存率という言葉がある。主にガンなどの病気を診断して5年後に生きている確率だと思えば良い。医療用語であると思うが、特に医療以外の分野でもそれなりに有効なものなのではないかなと思う。

 

例えば、プロサッカー選手になって5年後に首になっていない確率だとか。海外移籍して5年後もまだ海外でプレーしている確率だとか。奥さんのカレーが旨いからと言って脱サラしてオシャレなかっふぇ~をオープンさせたとして5年後にまだ営業している確率だとか。大学を中退して起業して5年後もまだやっている確率だとか。WEBサービスをリリースして5年後も閉鎖されていない確率だとか。ソシャゲをリリースして5年後も運営している確率だとか。ブログ飯を初めて5年後に食べていける確率だとか。ブログサービスを初めて5年後に閉鎖になっていない確率だとか。

 

そう言った意味で、5年間と云うのはそれなりに長い期間であり、5年後には死んでいる可能性も十分に大きい数字であることが感覚的にわかると思うのだ。5年といえば大学4年間よりちょっとだけ長く、小学校6年間よりもちょっとだけ短いのである。どちらにせよ、先を考えた5年と言うのは相当長い。一方で過ぎ去ってしまった5年間はあっという間なのかもしれない。

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」

 

そんなわけで、お題への回答ですが、今から5年後の自分に言えることと言えば、生きていなさい。と言うことであろうか。そして、出来れば健康であって欲しいと思う。さらに、お金持ちになって働かなくてもよくて、趣味を楽しんで居て欲しいと思う。

 

その為の努力を私は惜しむ。たいした努力もしないで、あっさり一億円手に入りますように!

 

http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

ラーメンズ第16回公演『TEXT』 [DVD]

ラーメンズ第16回公演『TEXT』 [DVD]

 
今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。

今から、ふたりで「5年後のキミ」について話をしよう。

 
はてなブログ Perfect GuideBook

はてなブログ Perfect GuideBook

 

 

関連記事