二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

わざとすれ違っているとしか思えない「おとなのほうかご」2巻を読みました

いつも一緒にいる人が居ないと何かが違う感じがしてしまう。そんなことってありませんか?ありませんね?ありませんよ。

 

「おとなのほうかご」は不思議ちゃんやらストーカーさんやら居酒屋の店長やバイトさんが登場する日常系のギャグ漫画なのだとは思いますが、なかなか特殊な感じがしています。ゆるっとふわふわな感じの登場人物がそうさせているのかと思いきや、ガチのストーカーとそのストーカー被害に気がついてすら居ないブロッコリーのような髪型の男性などなどが登場します。

 

もういい大人なんだから自分の気持ちを正直に伝えればいいと思うんですけれどもね、何せ天然キャラや勘違いが多すぎてわざとすれ違っていて、そのすれ違いを楽しんでいるとしか思えないなんとももどかしい感じがまた読みたくなる漫画です。

 

ただ、絶対に万人受けしないだろうなと言うことで、特に読んでみて!と人にすすめる事は出来ないです。読んで、で?って感想が第一に浮かび上がると思いますんで。ま、私は好きですよ、こういうの。

 

おとなのほうかご2 (MFC)

おとなのほうかご2 (MFC)

 
おとなのほうかご1 (MFC)

おとなのほうかご1 (MFC)

 
西王子くんに告白されました。1 (電撃コミックスNEXT)

西王子くんに告白されました。1 (電撃コミックスNEXT)

 

 

関連記事

thorikiri.hatenablog.jp

thorikiri.hatenablog.jp

thorikiri.hatenablog.jp