読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

CATEYEのサイコンの電池を交換しました

CATEYEのサイコンの裏側の写真

クロスバイクを買ってすぐに買った猫目のサイコンですが、半年とちょっとで電池が切れてしまったので電池交換をしました。センサー側の電池はすぐ交換出来たのですが、本体ディスプレイ側の交換方法がよく分かりませんでした。電池の蓋が開く気配がないのです、これはビックリ。

 

CATEYEのサイコンの電池交換の写真

 よくわからないですが、爪で上の方を押し込むとペコっとなって蓋が浮きます。この状態で蓋を外せば交換出来るはずです。交換する電池はCR2032と言う電池です。予備として持っておくならネットで買っても良いですが、セブンイレブンにも売っていたので、電池切れしたら近所のコンビニで買うってのでも良いと思います。

 

電池交換をすると、タイヤ円周のデータ以外は消えてしまうようです。必要であればメモを残すなどしておいた方が良いと思います。基本的には一度設定したら弄らないとは思いますが、設定のボタンなどの操作性は最悪な感じだと思います、ものすごく操作に迷います。個人的に走行データはStravaにアップしているので、リアルタイム値だけが必要なので気になりません。

 

ロードバイクを買ったらGARMINが欲しいね。

 

 

関連記事