読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

明治安田生命J2リーグ2016 第30節 ジェフ千葉 VS ファジアーノ岡山を見てきました

J2 第30節 千葉 VS 岡山 スタジアムのフラッグの写真

前節、アウェイ熊本で大敗を喫したジェフ千葉は前々節に北九州に勝利したメンバーをベースにしてきました。熊本戦からは出場停止のアランダが復帰して長澤とのダブルボランチを組み、両サイドハーフは町田と菅嶋、ツートップにエウトンと船山、両サイドバックに多々良と阿部ではなく、丹羽と比嘉さんになっています。センターバックは変わらずです。やはり阿部はコンディションが悪いまま上がってきていないのでしょうね。

 

 

前半

J2 第30節 千葉 VS 岡山 前半の円陣ダッシュの写真

比嘉さんが先発出場している時は左サイドバックの位置取りが高くなるのは本人のキャラクターに依るところでしょう。危うい場面もあるでしょうが、攻撃は最大の防御として押しこむ事が出来る。前が運動量があって広範囲をカバー出来る町田と言うこともあって、前が開くので比嘉さんの持ち味が生きてくるところですね。ただ、クロスの精度は課題ですがね。

 

J2 第30節 千葉 VS 岡山 町田の得点シーンの写真

そんな比嘉さんのクロスから町田がヘディングシュートを打つなど立ち上がりから攻め込むジェフはアランダからのロングボールをエウトンが落とし、船山が走りこんでいた町田にスルーパスを出すと難しいシュートを決めて先制。完璧なゴールだったと思います。まず、エウトンがセンターバックとボランチの間でボールを落とせたこと、船山との距離感が良かったこと、船山が持つ前に町田が走り始めていたこと、そしてシュートと全てが噛みあった得点でした。

 

J2 第30節 千葉 VS 岡山 エウトンのシュートシーンの写真

対する岡山は赤嶺に当てたボールを豊川、伊藤大介が狙うといった展開で盛り返しますが、ジェフも悪い癖の得点後にテンションが下がると行ったことが今日はありませんでした。船山、エウトンと次々にチャンスを作っていきますが、決め切ることが出来ません。

 

J2 第30節 千葉 VS 岡山 町田の抜けだしてシュートの写真

前半終了間際には、長澤からの長いスルーパスを町田がハーフウェイラインから独走してゴールキーパーと1対1となるもアウトに掛けたシュートは惜しくも外れてしまいます。

可能性のあるチャンスは結構あったのに決めきれないのが嫌な感じがします。

 

後半

J2 第30節 千葉 VS 岡山 後半の円陣ダッシュの写真

後半も悪くはない立ち上がりですが、岡山が反撃を仕掛けてきます。若狭のまずい対応からシュートを打たれるなど、ちょっと嫌な予感がよぎります。早めに追いつきたい岡山は酒井、押谷と矢継ぎ早に選手交代をして反撃を試みます。

 

J2 第30節 千葉 VS 岡山 エウトンの得点シーンの写真

試合が動いたのは後半20分頃、高めのラインの裏に丹羽がロビング気味のボールを出すと、完全に狙っていた船山が抜けだしてゴールキーパーと1対1で交わしますが角度が亡くなったところへサポートに来たエウトンがそのままダイレクトで決めて勝負あり。

町田、エウトンの絶妙コンビネーションで抜けだしたり、そこに船山を加えてシュートがクロスバーに当たったりとわりと好き放題していました。

疲れた比嘉さん、足を痛めた近藤と選手交代をして、最終兵器北爪を菅嶋に変えてアップダウンと守備強化をすると言ったところで試合終了。ホームで勝った何時ぶりだよ、おい。

 

感想

J2 第30節 千葉 VS 岡山 菅嶋のシュートシーンの写真

今日はアランダが最終ラインに降りてきてゲームを作ることが多かった印象です。岡山は5-3-2のような形で守備をセットする感じだったからか、最終ラインでのボール回しがスムーズだったかと思います。また、長澤のボランチもやりやすそうに見えたのは、岡山のコンディションが良くなかったからなのか、慣れてきたからなのか。

良くも悪くも目立たなかった菅嶋について、FW登録ですがサイドハーフも無難にこなしていますね。北九州戦ではボランチでも戦えていましたし、ヴェルディユース出身と言うことで基礎技術がしっかりしている印象です。当然、守備戦術の基礎も出来ているからなのか、うまく守れているように思います。長谷部監督の守り方に理解が有るのかもしれません。この町田との両サイドハーフで広範囲に守れていることが今日の結果となったようにも思いますね。是非お買い上げしたいところです。

 

 

 

関連記事