読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

明治安田生命J2リーグ2017 第13節 ジェフ千葉 VS V・ファーレン長崎を見てきました

J2 第13節 千葉 VS 長崎 試合終了直前の電光掲示板の写真

前節は下位に低迷する金沢との対戦で早い時間に退場者を出して数的有利になるも逆にラインを低く設定されたために崩しきれずに逆にカウンターを浴びて失点するといった感じで負けてしまいました。その中でもアランダ選手が再びピッチに立つことが出来たのは収穫なのではないでしょうか、と言うか、何故干したし。って感じですよね。

 

 

前半

J2 第13節 千葉 VS 長崎 パスを狙うアランダ選手の写真

都内は人身事故の影響かダイアが乱れてまして、総武線快速が市川で運転見合わせになってお急ぎの方は各駅に乗ってくださいって言われたので行ってみたら快速が動き出してやんの、なめとんのか、と。声を大にして言いたい。お前らスポンサーやろが!と。

そんなわけで、遅刻したのでキックオフには間に合ってないのですが、もっと早く家を出れば良いんじゃね?って言うツッコミが入りそうです。

熊谷選手の累積警告と若狭選手の一発退場による出場停止の影響かテコ入れかでメンバーは大幅に入れ替わっていまして、ユース出身の岡野洵選手がCBとして初先発、佐藤勇人選手がアンカーとしてたぶん初先発、インサイドハーフにアランダ選手がスタメン復帰となっており、スリートップが、指宿選手、船山選手、清武選手となっております。

 

J2 第13節 千葉 VS 長崎 ドリブル突破からシュートを狙う指宿選手

遅刻したので先制点は見れてないのですが、スタジアムが盛り上がってんなって言うのは感じました。その後はロングフィードから攻撃を作っている感じではありますね。指宿選手は長身の割にスルスルっと抜け出すドリブルが上手いので、この通りシュートにつながりました。

 

J2 第13節 千葉 VS 長崎 セットプレーに飛び込む岡野選手

今季初先発の岡野選手も長身を活かしたセットプレーなどでも大活躍と言って良いんじゃないでしょうかね。後半途中に足を攣ってしまいましたが、西野選手も開幕当初足を攣ってましたから、この戦術は相当にCBのダッシュ力が求められるのでしょうね。

 

後半

J2 第13節 千葉 VS 長崎 後半の円陣ダッシュの写真

後半は高卒ルーキーの高橋選手に変わって町田選手が怪我から復帰して交代しています。町田選手とアランダ選手が並ぶのはいつぶりでしょうかね。

 

J2 第13節 千葉 VS 長崎 清武選手自身1得点目のシュートの写真

後半の立ち上がり、右サイドバックに入っている山本真希選手から中央に入れたボールを清武選手がオサレヒールで指宿選手に出すと、指宿選手はヘディングで落としたところに入り込んだ清武選手が決めていい時間帯に追加点を奪うことに成功します。中央を崩すのってすごい久しぶりな気がします。

 

J2 第13節 千葉 VS 長崎 町田選手のシュートの写真

今度は左サイドバックのキムボムヨン選手がコンビネーションとドリブル突破からクロスを上げると指宿選手がキープ後に後ろに落としたところを町田選手がシュートを打つも枠を外れますが、良い攻撃が作れているし、ノリノリになっている感じがします。やはりこのサッカーは2点くらいのリードをサクっと取れないと厳しくなるんでしょうね。

 

J2 第13節 千葉 VS 長崎 清武選手の直接フリーキックのアニメーション

入る時は入るもんですね。個人的には直接フリーキックって入る気がしないといつも思っているんですが、入るんですね。長年ジェフには直接狙う選手ってあんまり居なかった気がするのですよね。中村太亮選手か、その前は伊藤大介選手くらいまで遡ってしまうイメージです。という訳で、清武選手のビューティフルゴールが決まって試合はほぼ決まりでした。

 

J2 第13節 千葉 VS 長崎 セーブする佐藤優也選手の写真

裏を取られてピンチが2回ほどありましたが、ゴールポストが防いでくれたり、守護神佐藤優也選手が気迫のセービングを見せて防いでくれました。見よ、この丹精な顔つきを。

 

J2 第13節 千葉 VS 長崎 清武選手のハットトリックの写真

長崎のミスから奪ったボールを縦に早く出すと、受け取った指宿選手がドリブルから中に侵入したところを大外に待ち構えていた清武選手が落ち着いてシュートを沈めてハットトリック達成となりました。この時は4対5の数的優位になっていましたから、長崎側もテンションが落ちてしまっていたんじゃないかなと思います。

 

J2 第13節 千葉 VS 長崎 アランダ選手のシュートの写真

その後もアランダ選手がゴール前に侵入してリフレクションからトラップしたボールをボレーするも惜しくもゴールポストに当ててしまったり。

 

J2 第13節 千葉 VS 長崎 ゴールに突っ込む指宿選手の写真

指宿選手がクロスに突っ込んで後は枠内に飛ばすだけだったのを突っ込みすぎちゃって枠の上に飛ばしてしまったりしました。

 

J2 第13節 千葉 VS 長崎 船山選手の自身2得点目の写真

町田選手の鬼プレスから長崎のパスミスを誘うと、ボールを持った船山選手がドリブルからシュートを決めて夢スコ達成になります。お祓い行け!でおなじみの船山選手でしたが、今日は2得点を決めることが出来て、これからどんどんノッていけばいいなと思います。今までもシュート以外はチームになくてはならない存在で、居ないチャンスが作れない状態でしたからね、これで得点も量産してくれると非常に怖い存在になるのではないかなと思います。

 

J2 第13節 千葉 VS 長崎 ゴールを死守する佐藤優也選手の写真

 最後に訪れたピンチも佐藤優也選手がゴールポストにしがみつきながらもセーブしていました。今日はセットプレーでの飛び出しも安定していたので、安心してみることが出来ました。高いラインのカバーはもう慣れっこなので、正直そこまで不安にもならない感じです。

 

感想

J2 第13節 千葉 VS 長崎 試合終了後のご満悦の表情の船山選手

結果終わってみれば清武選手のハットトリックと船山選手の2得点でフルハウス達成で夢スコの快勝と言うことになりました。清武選手と指宿選手の中央でのオシャレワンツーは今日一番の好きなゴールであることは間違いないのですが、この船山選手の1年分の便秘が解消されたような憑き物が取れた表情が全てなんじゃないかなと思います。

 

山本真希選手のサイドバック起用はスピードに不安があってハラハラはしましたが、熱い性格で身体を張ったり走るのを厭わないプレースタイルでありつつも、ロングフィードが出せるプレイヤーなので戦術的にマッチしたんじゃないかなと思いますね。

 

 

「社長、辞めます! 」 ジャパネットたかた 激闘365日の舞台裏

「社長、辞めます! 」 ジャパネットたかた 激闘365日の舞台裏

 
ヴィヴィくんと―V・ファーレン長崎クラブマスコットフォトブック (B・B MOOK 1169)

ヴィヴィくんと―V・ファーレン長崎クラブマスコットフォトブック (B・B MOOK 1169)

 

 

関連記事