読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

明治安田生命J2リーグ2017 第14節 東京ヴェルディ VS ジェフ千葉を見てきました

J2 第14節 東京V VS 千葉 試合前の記念撮影の写真

ホーム長崎戦を5-0の快勝で終えた後はアウェイ東京Vと水曜日に対戦です。3連戦の真ん中でかつ水曜日の試合が近場のアウェイと言うことで選手にとっても観客にとっても非常に助かる感じではないでしょうかね。

 

 

前半

J2 第14節 東京V VS 千葉 前半の円陣ダッシュの写真

前節長崎戦からは出場停止開けの熊谷選手がアンカーに復帰し、指宿選手が外れてラリベイ選手が入っています。エスナイデル監督は足を攣ったり傷んだ選手の見切り交代が早かったり、ターンオーバーしたりと結構メンバーをいじってくるのですが、もう一つの特徴として決定機を外すと先発から外れやすいってのがあると思います。

 

J2 第14節 東京V VS 千葉 町田選手のヘディングシュートの写真

試合はいつものようにハイラインを前提としたハイプレスで主導権を握っていきます。清武選手から船山選手へ出すとクロスが上がりますが、飛び込んだのが町田選手ではちょっと厳しかったか。それでも先に触れてるんでね。

 

J2 第14節 東京V VS 千葉 キムボムヨン選手のミドルシュートの写真

押し込むと敵味方の選手が集まってきて狭くなるので、ミドル打って相手を釣り出すってのが割りと定石的に言われますね(本当に効果があるかは知りません)。でも後方からミドルを打てる選手はキムボムヨン選手か山本真希選手くらいな気がしますね。

 

J2 第14節 東京V VS 千葉 町田選手の空振りシュートの写真

そして右サイドにポジションを移した清武選手からグラウンダーのクロスが上がり、そこをフリーで町田選手が狙いますが残念な事にまさかの空振りです。しっかりエスナイデル監督に見られてます。

 

後半

J2 第14節 東京V VS 千葉 後半の円陣ダッシュの写真

ボールを保持し押し込むもののだんだんと対応されて崩しきれないで前半が終わり、何やら讃岐戦のような感じになってきたかなという印象の前半、最初の勢いで点が取れないと厳しくなりますね。後半開始のメンバーチェンジはありません。

 

J2 第14節 東京V VS 千葉 船山選手の落としの写真

ラリベイ選手のクロスがマイナス気味になったところを船山選手が丁寧に落とします。

 

J2 第14節 東京V VS 千葉 アランダ選手のシュートの写真

そこへ飛び込んできたのはアランダ選手だったのですが…

 

J2 第14節 東京V VS 千葉 アランダ選手のシュートがポストに当たった時の写真

シュートの向かった先は惜しくもゴールポストで絶好のチャンスで先制することが出来ませんでした。アランダ選手はまたベンチに戻ってしまうのでしょうか。そこが心配なところです。

 

J2 第14節 東京V VS 千葉 アランピニェイロ選手のゴールの写真

取るべき所で取れないと逆にヤラれると言うのはこの世の常なわけでございまして、熊谷選手のサイドチェンジのボールが届かなかったところをカットされると、そのまま持ち込まれてスルーパスから狙いすました良いシュートを決められて先制点を奪われてしまいます。

 

J2 第14節 東京V VS 千葉 試合終了間際の電光掲示板の写真

先制されると何もできなくなる、と言うよりは、何かしようとして余計ヤラれるってのが今年の特徴かなと思います。先制を許した直後からラリベイ選手に変えて指宿選手、ま、ここまではわかるけれども、アランダ選手に変えて高橋選手、町田選手に変えてサリーナス選手を投入しますが、逆に良いように追加点を奪われていってしまいました。ざんねん。

 

感想

J2 第14節 東京V VS 千葉 展示されていたユニフォームの写真

何でしょうかね、何でなんでしょうかね。辛いね、本当に辛いね。急がば回れではないですが、勝ちたい時、点が欲しい時に攻撃的な選手を入れたくなる気持ちが分からなくもないですが、攻撃的になればなるほどボールを失うケースも出てくるわけでその時に守れないとこうなってしまいますよね、と、そんな感じなんじゃないですかね。

もっとどっしりと腰を据えていきたいと思うんすよねー。

 

 

 

関連記事