読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

ロードバイクでツール・ド・しまなみ海道してきました 第3ステージ

道後温泉の写真1

ゴールデンウィークの4月30日から5月3日までの日程でしまなみ海道を含む中四国を自転車で旅をしながら最後はサッカー観戦をすると言う旅をしてきました。

 

 

第2ステージまでのハイライト

しまなみ海道 サイクリストの聖地にてFUJI ROUBAIXの写真

広島からしまなみ海道を渡って四国をロードバイクでする旅をツール・ド・しまなみ海道と名付けて自転車旅に出たのであった。初日の第1ステージは定刻より少し遅れたものの、「この世界の片隅に」の聖地をちょっとだけ巡礼しつつ尾道までたどり着き、二日目の第2ステージは強烈な向かい風に完全に消耗しつつもなんとかサイクリストの聖地をめぐりつつ愛媛県松山市の道後温泉までたどり着いたのであった。

 

第3ステージのレポート

ツール・ド・しまなみ海道の第3ステージは特に見どころはないが、愛媛県松山市の道後温泉を出発して香川県の丸亀市の丸亀駅付近まで行くルートとなっております。

 

道後温泉から新居浜市まで

道後温泉の写真2

前日は道後温泉に入ったは良いものの、すでにあたりは暗くなっていたので写真とかが撮れなくて、折角建物が歴史あって立派なのでと朝の出発前に記念撮影だけして出発しようと道後温泉まで来ました。

そこで愛媛朝日テレビの番組のやのひろみさんと言う方のコーナーのインタビューに捕まってしまいまして、色々と喋ってきました。放送は5月11日だったらしいのですが、当然の事に観れる地域ではないので、採用されたかどうかもわかりません。

サッカー観戦の旅で、柏で生まれ育ったのに何故ジェフ千葉を応援しているのかとか、間瀬さんは元気かとか、木山監督との対戦の話とか、旅の旅程の話とかしておきました。まさか柏レイソルとジェフ千葉についてこんな所で話すとは思ってもみませんでした。

 

国道11号 小松街道の田舎道の写真

さて、この日のルートの話ですが、道後温泉を出発した後は国道11号線を目指し、この国道11号線をずっと東の方に走り丸亀市に向かうという単純な移動のみとなっております。特に観光とかをするつもりもなく、ただひたすら進む移動日で特に面白みもない感じではあります。

 

国道11号 小松街道の坂の途中の写真

この日は風も無いか若干の追い風っぽい感じなので非常に楽ではありましたが、国道11号線に入ると地味ながら勾配1〜2%くらいの上りがずっと続いているので結構足にきます。去年九州を旅した時はGARMINが無かったので勾配が分からず、目視では登ってないのに辛いって事がありましたが、今年はGARMINさんが勾配を教えてくれるので、若干だけど上りだから辛いんだと言うのがわかって精神的に楽でした。

 

国道11号 小松街道の河之内トンネルの写真

そんなわけで、最初にして最大の峠を登ると河之内トンネルを超えてダウンヒルになります。

 

国道11号 河之内トンネル後のダウンヒルの写真

このダウンヒルが思いの外長く感じられて、こんなに登りましたっけ?と疑問に思う感じではあります。ただ、こちらも下り勾配も急ではないので長く楽して楽しめるといった意味では最高なところなのかも知れません。

一通り下った頃には時間的にもお昼時でお腹も空いてきたので、愛媛県西条市にあるかめやうどんさんで昼食をとることにしました。うどんはわりと普通だと思いますが、おでんがあったりして酒飲みにも楽しめそうなお店です。そして、親父さんがヤクルト的な飲み物をサービスしてくれました。疲れた身体に染み入る感じがします。

 

国道11号 吉祥寺の看板の写真

昼食後も特に観光するわけでもなく、先に進むだけなのでダレてきます。なので、四国八十八ヶ所のお寺の看板を見ては、水曜どうでしょうの大泉さんの似てないモノマネをしながらやり過ごすわけですね。こちらは63番札所の吉祥寺でございます。

 

国道11号 横峰寺の看板の写真

こちらは60番札所の横峰寺についての看板ですね。こういうのを見ると、もしtoto BIGで6億当てたら四国八十八ヶ所をロードバイクでめぐる旅も良いかな?と思ってしまうのが不思議ですね。その際にはとり憑かれないように気をつけたいと思います。

 

新居浜市から丸亀市まで

国道11号 新居浜市の海が見えるあたりの写真

新居浜市を抜けて四国中央市へ入ると、海の方へ向かったゆるいロングダウンヒルとなっていてとても気持ちが良いです。

 

国道11号 新居浜市あたりの海の写真

走行しているうちに海岸線沿いを走るのでテンションも上がるのですが、堤防のようなものがあったりしてあまり良くは見えないし、海沿いの区間もすぐに終わってしまいます。

 

国道11号 丸亀市手前でローディーと話ている時の写真

三豊市から善通寺市あたりだと思いますが、私的にはもうすぐでゴールであるタイミングで合流してきたお兄さんに話しかけられました。同じように道後の方から走ってきて、私の本日のゴールより約30kmほど遠い高松市まで向かうようです。こう言う出会いがあるから旅っていうのは良いものですよね。東京に戻って出会っても気が付かないとおもいますけど、そうだからこそ良いってもんです。

 

国道11号 Pikaraスタジアム手前の写真

いよいよスタジアムが見えてきましたので、ここらで長いことお世話になった国道11号線ともお別れして丸亀市の市街地の方へと向かうことになりました。お兄さん、最後に元気を分けてもらってありがとうございます。あとは一人で走りきれそうです。と、言うわけで無事に第3ステージもゴールすることが出来ました。

 

ホテルと食事

ホテルはAPAホテルに泊まりました。普通の古臭いビジネスホテルなので写真とかは撮ってないですし、特に感想はありません。自転車は輪行袋に入れて室内に持ち込むことが出来ます。最上階の大浴場には洗濯機があるので、ウェアを洗ったりはホテル内で完結するのが良いですよね。

 

食事は海産物を食べたい気分になったので和創ダイニングゆるりという所に行きました。通り自体がちょっとエッチなお店があったりなんかで怪しい雰囲気がバリバリしてたし、建物もスナック的なのが多いところだったので少し躊躇したのですが、なかなかいいお店だったと思います。色々と日本酒を飲みつつマスターや他のお客さんとかと話をして楽しい時間を過ごす事が出来ました。

最後にコンビニでもう一杯と乾き物を買って帰りましたが、部屋に着いた瞬間に眠ってしまってビールはホテルに寄付という感じになりましたとさ、めでたしめでたし。

いやぁ、一期一会の出会いってのは良いもんですね。

 

感想

この日はほぼ移動のみで観光もしていないし時間的にも余裕があったのでまったりでしたが、到着時間てには18時前とちょうど良い感じだったかと思います。ただ、荷物が重いせいか、3日分に負担が両手に降り掛かってきて、特に左手が半分麻痺したような感じで力が入らない状態にまでなってしまいました。フロントの変速がとてもしにくくて、インナーからアウターに入れるのが辛かったです。

この日は色々な人に話しかけられまして、元気を分けてもらうことが出来たので非常に有意義だったかなと思います。

 

 

松山 道後温泉 今治 (マニマニ)

松山 道後温泉 今治 (マニマニ)

 

 

関連記事