二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

伊豆の踊子VS山椒魚「熱帯魚は雪に焦がれる」と言う漫画を読みました

何の因果かわかりませんが、ラーメンズネタが続いているような気がしてきました。このブログで書いている漫画を読んだ感想などは本編とちょっとだけ関係するけどほどんど関係ないネタを挟むことによって、小並感満載の感想を薄めてかさ増ししていることで成り立っているわけであります。なので、私がこれまでに蓄えた知識をベースに語るようにしているんですが、人の知識というのは偏るものなのだなと思うわけであります。 

 

今回はラーメンズのコントの読書対決から伊豆の踊子VS山椒魚を思い出したためにこれを書いているわけですね。ええ、私はこの元ネタとなる山椒魚を読んだことがありません。もっと言うと伊豆の踊子も読んだこと無いですし、伊豆の踊子号も乗ったことがありません。コントの趣旨は小林片桐両名がそれぞれ本を選んでどちらが面白いのかとか、どちらがスゴイのかでバトルするものなのですが、そのルールはよくわかりません。勝敗は言ったもん勝ち的なところがあるのでしょう、紳士のスポーツですね。詳しくは動画見ればいいと思う。

 


ラーメンズ『home』より「読書対決」

 

で、今回読んだ漫画なのですが、「熱帯魚は雪に焦がれる」と言うものです。この漫画をポチってからAmazonさんに百合的なものをよくオススメされるのですが、そういう要素があるんですかね?まぁ、女子高生が仲良くしている描写も結構あるのでそういう捉えかたもあるのかも知れませんが。で、親の海外赴任を契機に親戚が住む田舎に引越しと転校した主人公が部活をするぜ!ってのがお話の内容です。

 

で、その入った部活がまた面白く、「水族館部」なる部活なのですね。んなもんあるのかよっ!と思いますが、愛媛県立長浜高等学校という所に実在しているようです。学校で部活で水生生物を沢山飼育していて、それを月に1回くらいの頻度で一般公開していて見に行くことが出来るみたいですよ。面白いですね。

 

そこで先程出てきた「サンショウウオ」などのお話につながるわけですね。さらに国語の授業の一コマにおける題材が「山椒魚」だったりするわけです。山椒魚は夜行性らしいので、昼間はあんまり出てこないらしいのですが、やっぱり寒いほど孤独なんでしょうか?

 

その他にも、スベスベマンジュウガニとかの話題も出てくるので、ラーメンズが好きな人にはちょっとばっかしお得感があるかもしれませんね。作者がラーメンズマニアであるかは知りませんが、4月に2巻が発売されるみたいですので、その中にピンとくるものがあったら勝手に認定したいところであります。

 

熱帯魚は雪に焦がれる1【電子特別版】 (電撃コミックスNEXT)

熱帯魚は雪に焦がれる1【電子特別版】 (電撃コミックスNEXT)

 
みだらな熱帯魚(1) (フラワーコミックスα)

みだらな熱帯魚(1) (フラワーコミックスα)

 
山椒魚(新潮文庫)

山椒魚(新潮文庫)

 

 

関連記事