二段階紆余曲折

小並感満載で日常的なことを。

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場にグルキャンに行ってきました

ジャンボリーと聞くと「じゃんぼりー、じゃんぼり、じゃんぼりー♪」って言うのが思い浮かぶのですが、ラーメンズの埋蔵金と言うコントの一部なわけです。元はと言えばボーイスカウトの歌らしいですね、初めて知りました。

 


ラーメンズ『FLAT』より「埋蔵金」

 

で、今回のキャンプ先は静岡県は富士宮市にある朝霧ジャンボリーオートキャンプ場なわけでございます。国立から中央道に乗って河口湖で降りるとこの富士山でございますよ。

いやぁ、ここまで晴れ渡った富士山をこんな近くで見るのは初めてで興奮ですな。

 

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場は富士山がこんな感じで眺める事が出来る素晴らしいロケーションなのでございましてね、とは言え眺めが良い所はすでに先客が居るか、斜面になっていてキャンプしにくいって言うのが当たり前なのです。あと、過度の場所取りはやめて欲しいところですね。

 

で、結局富士山は見ることは出来ないけれども、地面が平らで人気の少なそうな場所にペグダウンいたしまして、ここをキャンプ地とする!と名セリフを述べることになりました。

テントを張ったのは良いけれども、もともと折れかかっていたフレームが完全にポッキリいきましてね、何とか紐で折れたところを補修して使いましたけれども、新しいテントが欲しいなと思う所でございます。snowpeakのアメニティードームとか良いよね。

 

 

テントを張りましたら、キャンプ場の近くにある杵塚養鱒つかみどりの里で魚釣りでございます。名前の通りつかみ取りも出来るところで小さいお子様でも十分に楽しめるところです。マスはうじゃうじゃ居まして、餌の付いた竿を下ろすともう入れ食い状態になるんですな。

1人7匹までは定額料金でいけますので、奥さんと2人で14匹ほどゲットしてまりましたので、キャンプ場に戻ってまずは塩焼きでランチスタートになります。これがまた美味いことうまいこと。今回の塩焼きは完全に大成功ですな。

 

今回は西丹沢の大滝キャンプ場やら、クロスバイクで行った道志の森キャンプ場やらでお世話になっている夫婦とのグループキャンプです。マスのおすそ分けのお礼に炊き込みご飯を頂きました。

炊き込みご飯の素か何かを入れただけのものらしいのですが、コレが梅紫蘇風味ですごい美味かったです。炊き方が良かったのかふっくらで美味しいってわけです。ユニフレームのライスクッカーが簡単で良いらしいですよ。キャンプ道具を紹介されると欲しくなっちゃうよね。

 

ユニフレーム ライスクッカーセット No.667613

ユニフレーム ライスクッカーセット No.667613

 

 

昼食後はまったりと昼寝なんかして過ごして4時位になると晩御飯の準備となるわけでございます。今回はキャンプで使っているアウトドア用のユニフレームのインスタントスモーカーの他に、Zwillingのツインスペシャルスモーカーセットを持参しました。

笹かまと煮玉子の燻製がスゲーうめーのなんのって。昨晩遅くまで煮玉子の仕込みをしてくれた奥さんに感謝です。半熟具合が絶妙すぎてもうこりゃやべーってな感じですわね。

 

 

こちらは晩酌のおつまみ用に作ったミックスナッツの燻製です。ちょっとチップが多かったのか、火力が強すぎたのかわかりませんが、燻製しすぎた感じにはなりましたが、しばらく馴染ませておくと割りといい具合になりました。

 

こちらはLOGOSのピラミッド焚き火台とユニフレームの燻製器を組合せて遠火で調理した鶏もも肉です。本当は鳥一匹をお尻に缶ビールをぶっ刺して丸焼きにしたかったのですが、マルのままの鳥が手に入らなかったので残念ながらコレだけです。

でも、非常にジューシーでふんわりな感じで美味しいです。ただ、鶏肉が良くてそうなったのか、調理方法が良くてそうなったのかは私にはわかりません。

 

 

さて、個人的には本日のメインとなるマスの燻製でございます。塩水に1時間ほど漬け込んでから数時間ほど干して置いたマスを燻製にします。アウトドアでZwillingのスモーカーを使うにあたって安定した火力が必要なので、イワタニのカセットコンロを購入しました。その名もまーーーーーーーべらすっ!!

アウトドアでなくても使えるシャレオツ感と思いの外強い火力が魅力的なこいつでございます。家で燻製する場合に、最新のガスコンロだと火事防止のために空焚き気味になると勝手に止まる仕様なので、燻製とは相性が悪いんで買ってしまうことにしました。

ダッチオーブンやスキレットのシーズニングにも使えると思います。

 

イワタニ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2

イワタニ カセットフー マーベラスII CB-MVS-2

 

 

そんな感じで、飲み食いしつつおしゃべりなんかしているといい感じの夜空になっていきますね。友人夫婦にもガーリックシュリンプやらを作って貰ったのですが、暗くて写真には収まってないのです。それではおやすみなさい。

 

朝霧ジャンボリーオートキャンプ場の良い所は色々あるけれども、チェックアウトが16時って言うのが良いです。ゆっくり起きてゆっくり片付けをしても良いって素晴らしいと思うのですよね。ま、私は6時には起きて目覚めのコーヒーなんか頂いちゃったんですけれども。

電動の原付きバイクで出川哲朗が充電させてもらいながら旅をする番組がテレビ東京であるのですが、その富士山の回で登場していた白糸の滝と言うのがあり、そのあたりに行ってみたいなと思っていたので観光してきました。

こちらは白糸の滝の直ぐ側にある音止めの滝の写真でございます。

 

白糸の滝は結構有名なところらしくて、観光客もそれなりに多いようでした、白糸の滝の直ぐ側はこの人だかりがありまして、結構近づくのにゲンナリ感がしてきます。

 

近くによるとこんな感じで広範囲に渡って滝が流れているのがわかりますね。これは勝手な解釈ですが、昔からの岩盤の上に富士山の噴火による堆積物が地面となったけれども、湧き出た水が噴火の堆積物には染みるけど、昔からの岩盤には染みないからこんな感じになるんだと思います。

本当のことは調べてないので、気になった人は調べてこっそり教えてくれたら良いと思います。

 

最後はお鬢水ですが、誰だか忘れたけど歴史上の有名人がこのキレイな水面を鏡のようにして使ったとか、そうでなかったとか。こちらの水も流れ出て白糸の滝に落ちていくようですね。

 

そんなこんなで、非常に楽しい楽しい1泊2日のキャンプでした。東京から静岡県って言うと結構遠いイメージを持っていたのですが、高速で行けば2時間くらいで着いてしまう朝霧ジャンボリーオートキャンプ場はとても素晴らしいところだなと思います。

 

ただし、ブヨに噛まれるので、朝方とか夕方とかは肌の露出は避けるべきだと思いました。ブヨって名前は聞いたことあったけど、アブみたいな生き物かと思ってたら思いの外小さい小さい生物だったんですね。おもいっきり油断しました。数週間は治らないみたいですし、最悪の場合、数ヶ月は跡が残るようです。

 

グルキャンって、グルメキャンプの事だと思ってたんだけど、グループキャンプのことだったんだね!

 

ラーメンズ第6回公演『FLAT』 [DVD]

ラーメンズ第6回公演『FLAT』 [DVD]

 

 

関連記事

thorikiri.hatenablog.jp

thorikiri.hatenablog.jp

thorikiri.hatenablog.jp